BT

InfoQ ホームページ ニュース CamundaCon Live 2020: ハイライト

CamundaCon Live 2020: ハイライト

ブックマーク

原文(投稿日:2020/06/15)へのリンク

今年の初め、CamundaはCamundaConを主催した。これは、Camundaのオープンソース製品を中心に展開するプロセス自動化に関するオンラインカンファレンスである。このカンファレンスでは、さまざまな業界のプロセス自動化に関する複数のユースケースセッション、自動化とデジタルトランスフォーメーションに関するバーチャルパネル、クラウドネイティブのマイクロサービスオーケストレーションとCamunda製品と他のテクノロジーの統合に関する技術セッションが取り上げられた。

Camundaは、BPMNワークフローとDMN決定のためのオープンソース自動化プラットフォームであるCamunda BPMの背後にある会社である。このプラットフォームには、マイクロサービスオーケストレーション (これもオープンソース) 用の非常にスケーラブルなエンジンであるZeebeを利用したワークフロー用のクラウドバージョンもある。

CamundaConは、「クラウド時代の最新のスケーラブルなプロセス自動化について学ぶことに関心のあるソフトウェア開発者、アーキテクト、ITエグゼクティブ」を対象とした、隔年で2日間の企業主催のイベントである。COVID-19の大流行により、今年のカンファレンスのファーストエディションはオンラインで開催され、セッションのほとんどはオンラインで行われた (ライブチャットとQ&AはSlackワークスペースにより支援された) 。

イベントの最初の注目すべき特徴の1つは、ユースケースセッションの量と質である。イベントの2日間、Société Générale、Goldman Sachs、Nokia Bell Labsなどの企業の講演者が、全体的なユーザエクスペリエンスから、他のテクノロジーや認証プロバイダとの統合などのより技術的なトピックまで、Camunda製品の使用のさまざまな側面に関連する事例を発表した。CamundaConのもう1つの特徴は、セッションの技術的な深さである。セッションは、ビジネスカンファレンスから期待されるものよりもはるかに深く、ユースケースのプレゼンテーションは、製品のアーキテクチャに関する技術的な概要とウォークスルーで補完される。

カンファレンスは、CEOのJakob Freund氏からの基調講演で始まった。Freund氏は、会社の歴史と使命について簡単に説明した後、会社が想定しているプロセスの自動化とオーケストレーションの柔軟性を示すことにフォーカスした。RPAでのアプリケーション例の後、Camunda CloudとそのマイクロサービスオーケストレーションエンジンであるZeebeを紹介した。

(出典: CamundaCon sessions)

基調講演に続いて、Société Généraleは、世界中で500以上のプロセスが展開され、マネージドワークフロープラットフォームとしてCamundaをどのように使用しているかを示した。このプレゼンテーションの特に興味深い点は、プロセスに関連していた。Société Généraleの最高デジタル責任者であるSimon Letort氏によると、現在生産されている自動化プロセスの半分は、モデリングの専門家によって作成されたものではないとのことである。

Nokia Bell LabsのKris Barczynski氏は、NokiaがCamundaを使用して、キャンパスでのツアーを通じて訪問グループをガイドする方法について、説得力のある使用例を示した。この事例は、Camundaを使用して、歓迎ロボットや音声制御ドローンとの対話を含む、ツアーに関連するすべてのプロセスを調整する方法を示している。その他の顧客関連のケーススタディは、Goldman SachsやCapitalOneなどの著名な企業によって発表された。

技術的な観点から、カンファレンスの焦点はマイクロサービスのオーケストレーションと統合にあった。共同創設者のBernd Rücker氏は、イベントの2日目から、ワークフローの自動化を使用してオーケストレーションと振り付けのバランスをとることについて話し始めた (イベントを使用) 。講演では、Kafkaを使用して通信する自律サービスのライブデモと、Camundaを使用して通信ワークフローを監視し、実行に失敗したサービスを視覚化し、最終的にピアツーピアイベントチェーンに関するすべてのサービスを調整する方法を取り上げた。

CamundaのCTOであるDaniel Meyer氏は、スタンドアロンのオーケストレーションエンジン (Camunda BPM Run) 、監視プラットフォーム (Optimize) 、およびCamunda Cloudのサービスとしてのプロセス自動化へのアプローチにフォーカスした新製品の機能のいくつかについて話した。後者は、CamundaのクラウドベースのオーケストレーションエンジンであるZeebeに基づいている。Zeebeはリアクティブであり、Publish/Subscribe対話モデルを使用してメッセージ駆動型ワークフローを作成できる。フォールトトレランスのためのデータレプリケーションと高いスケーラビリティのためのデータパーティショニングを使用する (別のセッションで、CamundaのエンジニアマネージャーであるSebastian Menski氏が詳細に取り上げたトピックである) 。

(出典: CamundaCon sessions)

イベントでは2つのパネルも開催された: RPAの将来に関するディスカッションと、さまざまな業界の参加者によるデジタルトランスフォーメーションに関するパネルである。イベントは、Freund氏がプロセス自動化の状態とカンファレンスのハイライトについての彼の考えを共有することで終了した。

全体として、CamundaConは豊かで魅力的なイベントだった。プロセスオーケストレーションに関する同社の業界にとらわれないビジョンは、経験を共有するさまざまな企業とCamundaによって実装されたアーキテクチャの両方によって確かに検証された。技術的な観点からは、クラウドベースのイベント駆動型オーケストレーションアーキテクチャの堅牢な実装を紹介した。これは、プロセス自動化の領域を超えて関連している。CamundaConの次のエディションは、今年の後半 (10月/11月) に予定されている。それまでの間、最新のイベントのすべてのセッションはここにある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。