BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Teslaが完全自動運転モードのベータアップデートをリリース

Teslaが完全自動運転モードのベータアップデートをリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2020/10/27)へのリンク

Teslaは、特定の顧客向けに新しい自動運転機能の提供を開始した。新機能には、市街地での車両の自動操縦機能がある。Teslaは近い将来、パッケージの価格を2,000ドル引き上げる予定である。

TeslaのCEOであるElon Musk氏はTwitterで展開を発表した。このリリースは、既存のフル自動運転(FSD)パッケージからのアップグレードであり、市街地での自動操縦する機能である。「近日公開」が確定している。リリースノートによると、そのソフトウェアにより、ナビゲーション中に分岐を選択し、障害物をナビゲートし、曲がることができるようになる。ただし、高速道路は除く。Twitterで、Musk氏は次のように主張した

FSDの改善は、追加的な調整ではなく、ベースとなるアーキテクチャの書き直しであるため、飛躍的な進歩を遂げている。私は自分の車で最先端のアルファビルドを個人的に運転している。自宅と職場の間の介入はほとんどゼロです。

2014年以来、Teslaは車両用に2つの自動化ソフトウェアパッケージを提供してきた。オートパイロットと完全自動運転機能である。制限されたパッケージであるオートパイロットには、マークされた車線内に車両を維持するための交通認識速度制御と自動ステアリングが含まれている。現在の完全自動運転機能パッケージには、自動駐車や「召喚」、車線変更、出入り口を制限した高速道路での「進入車線から出口車線」ナビゲーションなど、より高度な機能が含まれている。Teslaは、すべての機能で、ドライバーがハンドルに手を置いて完全に注意を払う必要があると注意を促している。

アップグレードのベータ版に招待された一部のユーザは、リリースノートを含む新しいソフトウェアのスクリーンショットを投稿している。ノートでは、車両が「最悪の場合に間違ったことをする可能性がある」ため、機能をより注意して使用する必要があることを警告している。このメモは、新しいモードが出入り口を制限した高速道路の外でも機能することを示しており、車線変更、分岐の選択、ナビゲーションルートをたどるための右折と左折、他の車両や物体の回避が含まれる。Musk氏は、リリースは「ゆっくり慎重に」であり、「専門的で注意深い」ドライバーの小グループに限定されると述べている。

Teslaの自動運転技術は消費者の間で広く知られているが、Guidehouse Insights(旧Navigant Research)は自動運転車リーダーボードのトップ10にTeslaをランク付けしていない。リーダーボードは、戦略と実行のさまざまな側面に従って企業を格付けするものである。トップを維持しているWaymoは、10月初旬に、無人運転サービスをより多くの人々に開放すると発表した。Googleの親組織であるAlphabetが持つ同社は、2017年からアリゾナ州フェニックスの大都市圏で顧客を選択するために配車サービスを運営している。Guidehouseの3番目の会社であるCruiseは、最近、カリフォルニア州から公道で自動運転車を運転する許可を取得した5番目の会社になった。Teslaは取得していない。

TeslaのFSDベータ版の展開は、同社が第3四半期の収益を発表したように行われた。車両販売、キャッシュフロー、収益性など「多くのレベルで記録的な四半期」と表現された。Musk氏によると、FSDパッケージの価格は現在8,000ドルで、近い将来2,000ドル値上がりし、規制当局の承認が得られれば、最終的には「100,000ドルを超える」可能性がある。
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。