BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Angular 11到着

Angular 11到着

ブックマーク

原文(投稿日:2020/11/17)へのリンク

Googleは、人気のあるシングルページアプリケーションフレームワークであるAngularのバージョン11をリリースした。このリリースは、開発者エクスペリエンスの向上と、課題追跡システムのクリーンアップの完了に重点を置いている。

IvyのリリースでAngular 9に加えられた重要な変更に続いて、Angular開発チームは、次のリリースで、コミュニティによって提起されたバグや懸念の多くの対処に専念することを選択した。

このプロセスの一環として、チームは、コミュニティのニーズをよりよく理解し、長年にわたって蓄積されてきた多くのバグを修正するために、問題のバックログの整理を開始した。

ほぼ6か月の作業の後、この目標はようやく達成された。Github課題追跡システムが編成され、かなりの数のバグが修正されるか、さらなる調査が行われるまで一時的にトリアージされた。

さらに、Angularの開発では、今後、Githubで報告されたすべての新しい問題が2週間以内にトリアージされることを約束した。

開発者エクスペリエンスの面では、Angular 11は開発プロセスを簡素化することを目的としたいくつかの改善を提供する。

Hot Module Replacementの実装が改善され、-hmrフラグを使用して初期化できるようになった。

ng serve --hmr

HMRを使用すると、Angularアプリケーションはコードが変更されるたびにページ全体を更新する必要がなくなる。代わりに、コード、スタイル、およびテンプレートへの最新の変更は、アプリケーションの現在の状態を維持しながら直接更新される。

ビルドプロセス自体も、TypeScript 4.0へのアップグレードと、ngcc更新プロセスの改善の両方によって速度が向上した。

さらに良い結果を得るために、開発者は実験的なWebpack 5サポートにオプトインできるようになった。これにより、永続的なディスクキャッシュと、改善されたツリーシェーキングを使用した小さなバンドルサイズでビルドが高速化される。Webpack 5のサポートを有効にするには、package.jsonファイルに次のプロパティを追加するだけだ:

"resolutions": { "webpack": "5.4.0" }

最後に、Angularテンプレートでオートコンプリートや型チェックなどを提供する人気のアドオンであるAngular言語サービスが新しいIvyエンジンに移行され、ジェネリック型のサポートが改善されている。アドオンは、人気のあるコードエディタのほとんどでプラグインとして利用できる。

既存のプロジェクトをAngular 11にアップグレードするには、次のコマンドを実行する:

ng update @angular/cli @angular/core

より複雑な更新については、開発者はAngularチームが提供するインタラクティブな更新ガイドを使用する必要がある。

Angular 11リリースの詳細については、公式ブログ投稿をご覧ください。

Angularは、MITライセンスの下で利用可能なオープンソースソフトウェアである。Angular Githubリポジトリを介した貢献を歓迎する。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。