BT

InfoQ ホームページ ニュース MicrosoftがBuild 2020でAzure Arc対応のKubernetesのパブリックプレビュー版を発表

MicrosoftがBuild 2020でAzure Arc対応のKubernetesのパブリックプレビュー版を発表

ブックマーク

原文(投稿日:2020/06/11)へのリンク

今年のデジタルBuildイベント中に、Microsoftは、Azure Arc対応のKubernetesのパブリックプレビュー版を発表した。これは、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)認定のKubernetesディストリビューションのほとんどをサポートする。この機能により、顧客はAzureからKubernetesクラスターを管理および統制できる。これは、データセンター、マルチクラウド構成、Azure Stack Hub全体を対象とする。

Microsoftは、昨年11月のIgnite Conferenceでプレビュー版としてAzure Arcをリリースした。新しいサービスにより、顧客は複数のクラウドおよびオンプレミスIT環境にAzureサービスを簡単にデプロイおよび管理できる。パブリッククラウドベンダーは現在、Azure Arc対応のKubernetesでその機能を拡張しており、それによって、顧客はAzure内でも外でもKubernetesクラスターをアタッチおよび構成できる。

さらに、Microsoftは最初のAzure Arcインテグレーションパートナーを発表した。それは、Red Hat OpenShift、Canonical Kubernetes、Rancher Labsなどであり、それらの企業の顧客が現在使用しているすべての主要なプラットフォームでAzure Arcが機能するようにするためのものである。アナウンスブログの投稿で、Red Hat OpenShiftの技術事業開発担当副社長であるMike Evans氏は次のように述べている。

Red Hat OpenShiftは、業界で最も包括的なエンタープライズKubernetesプラットフォームを提供しています。実績と大規模なインストールベースを備え、ハイブリッドクラウド全体で実行する必要のあるワークロード向けにカスタマイズされています。Azure Arcは、企業のデータセンターからパブリッククラウドまで、OpenShiftの共通コントロールプレーンを提供する助けとなります。OpenShiftの柔軟性と革新性をAzureのスケーラビリティーとパワーと組み合わせようとしている組織に唯一の管理ポイントを提供するものです。

 


出典: https://azure.microsoft.com/en-us/blog/azure-arc-enabled-kubernetes-preview-and-new-ecosystem-partners/

KubernetesクラスターをAzureプラットフォームに接続するには、管理者がエージェントをデプロイする必要がある。エージェントは、https://docs.microsoft.com/en-us/azure/azure-arc/kubernetes/overviewのドキュメントによると、これは、azure-arcという名前のKubernetesネームスペースで実行され、標準のKubernetesデプロイメントである。これらのエージェントは、Azure Arcへの接続、Azure Arcのログとメトリックの収集、および構成要求の監視を行う。さらに補足すると、Azure Arc対応のKubernetesは、転送中のデータを保護するために業界標準のSSLをサポートし、データは暗号化されてAzure Cosmos DBデータベースに保存される。

最終的に、Azure Arcは、複数の場所にデプロイされたすべてのKubernetesクラスターに対して単一ペインのオペレーティングモデルを顧客に提供する。これにより、クラスターをAzureによって管理ができる。これは、Azureポリシー、Azureモニター、Azureリソースグラフなどの他のAzure機能が使えるようになることを意味する。

 
出典 (スクリーンショット): https://mybuild.microsoft.com/sessions/88ed82c0-a409-493b-8ffd-82227ae789d2

Azure ManagementのパートナーディレクターであるJeremy Winter氏は、同じ発表のブログ投稿に次のように書いている。

すべてのシステムをAzure Arcに組み込むことで、可視性とアクセスを犠牲にすることなく、関心の分離に基づいてチームメンバーの明確な役割と責任を確立することがはるかに容易になります。

また、Thinktecture AGのコンサルタントであるThorsten Hans氏は、Azure Arc対応のKubernetesに関するブログ投稿で次のように述べている。

Azure Arc対応のKubernetesクラスターは、マルチクラウド環境の管理に向けた大きな一歩です。Microsoft Azureは、一流の管理機能を提供します。組織は、Azureが提供するよく知られたガバナンスおよびインベントリ機能の恩恵を受けることができます。Azure Arc対応のKubernetesは、既存のオンプレミス環境を持つ企業にとって有益だと思います。これは、支払い済みのサーバを引き続き使用して、インフラストラクチャ管理をパブリッククラウドに移行できるためです。

現在、ハイブリッドクラウドコンピューティングサービスに投資しているパブリッククラウドベンダーはMicrosoftだけではない。たとえば、Googleは1年前にAnthosを一般向け提供を開始し、最近マルチクラウドのサポートを提供している。Amazonは、AWS OutpostおよびVMware Cloud on AWSとのハイブリッドコンピューティング機能も提供している。

Microsoftは現在、米国東部と西ヨーロッパのAzureリージョンでAzure Arc対応のKubernetesを提供している。さらに、次のシナリオをサポートする。

  • Azureの外部で実行されているKubernetesクラスターへの接続
  • GitOpsの使用
  • コンテナー用のAzureモニター
  • KubernetesのAzureポリシー

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。