BT

InfoQ ホームページ ニュース Microsoftがクラウドコンピューティングの境界をさらに押し上げるAzure Spaceを導入

Microsoftがクラウドコンピューティングの境界をさらに押し上げるAzure Spaceを導入

ブックマーク

原文(投稿日:2020/10/27)へのリンク

先頃、Microsoftは、クラウドコンピューティングを宇宙に向けてさらに推進するために、Azure Spaceイニシアチブを開始した。パブリッククラウドベンダによるこのイニシアチブは、Azureを宇宙および衛星関連の接続における重要なプレーヤーとして位置付け、クラウド市場の一部のコンピューティングのためのいくつかの製品とパートナーシップで構成されている。

現在、Microsoftは、世界中の地域、Azure Stackを介した企業内のオンプレミス、およびStack Edgeを備えたデバイスを通じてクラウドコンピューティングを提供している。Azure Spaceを使用して、同社は、リモートアクセスと帯域幅を必要とする顧客向けにどこにでも展開できるモバイルクラウドコンピューティングデータセンターを提供することを目指している。さらに、Azure Spaceの立ち上げには、Azureで衛星を利用したインターネット接続を提供するためのSpaceXとの重要なコラボレーションの発表を伴う。MicrosoftのCEOであるSatya Nadella氏は、ツイートで次のように述べた:

本日、Azure Spaceをローンチします。衛星プロバイダの成長するエコシステムは、世界の増大するネットワークニーズを満たすために不可欠であり、Azureからの衛星データへのアクセスと接続の提供を拡大しています。

SpaceXとのパートナーシップに加えて、Microsoftは既存のSESとのAzure Orbitalパートナーシップを継続する。これは、O3B中軌道 (MEO) の O3b MEOコンステレーションをサポートし、クラウドデータセンタリージョンとクラウドエッジデバイス間の接続を拡張する。さらに、イニシアチブの詳細を記したブログ投稿によると、パートナーシップは次のことをもたらす:

最後に、Microsoftは、Azure Spaceと連携して、iHeating、Ventilation、およびAir Conditioning (HVAC) システム、サーバラック、ネットワーキング、およびセキュリティ機能を備えたデータセンタであるAzure Modular Datacenter (MDC) も発表した。このタイプのデータセンタは、最小限の帯域幅または帯域幅なしで単独で実行でき、Microsoftと提携しているSatcom衛星を介して遠隔地の接続を活用できる。

出典: https://blogs.microsoft.com/blog/2020/10/20/azure-space-cloud-powered-innovation-on-and-off-the-planet/

この分野でのMicrosoftの主な競争相手はAWSであり、AWSは今年の6月に、AerospaceおよびSatellite Solutionsと呼ばれる宇宙産業戦略および宇宙ユニットを発表した。Constellation Research Incのプリンシパルアナリスト兼バイスプレジデントであるHolger Mueller氏は、InfoQに次のように語っている:

クラウドの戦いは宇宙に拡大されており、Microsoftが参戦しています。そして、それは理にかなっています - 宇宙は無限であるため - 宇宙関連のデータと操作を強化するためのコンピューティングの要求もそうです - そうするのに最適な場所はパブリッククラウドです。

Mueller氏はこうも述べた:

また、主要なクラウドプロバイダが現在市場シェアを争っているマイクロセグメントであることも示しています。このセグメントには相当十分な比例を超えた$があります。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。