BT

InfoQ ホームページ ニュース Platform9が無料のSaaS管理のKubernetesソリューションを発表

Platform9が無料のSaaS管理のKubernetesソリューションを発表

ブックマーク

原文(投稿日:2020/03/23)へのリンク

SaaS管理のハイブリッドクラウドプラットフォームであるPlatform9は、ワンクリックアップグレード、セキュリティパッチ、モニタリングなどの自動化されたDay2操作を備えたハイブリッド環境向けの無料のマネージドKubernetesサービスを発表した。

新しい無料利用枠により、ユーザはハイブリッド環境でKubernetesのSaaS管理プレーンを利用できる。既存の環境をSaaS管理プレーンにプラグインすることで、ユーザはインフラストラクチャ上にKubernetesクラスタを作成し、Kubernetes操作の自動管理にリモートアクセスできる。DevOpsエンジニアは、開発者のラップトップ、ベアメタルまたは仮想サーバ、パブリッククラウド、およびエッジで、自動アップグレードとセキュリティパッチ、Prometheusモニタリング、アラート、ロギングを備えたマネージドKubernetesクラスタを作成できる。

Day2運用は、クラウド業界で使用される用語であり、本質的に運用可能な製品機能を説明する。通常、Day2操作は、管理対象オブジェクトのライフサイクルの後半で使用される機能を指す。この無料利用枠では、Platform9 Managed Kubernetes (PMK) のエンタープライズエディションの完全な機能を使用する。無料版とエンタープライズ版の違いは、SLAレベルと、ユーザが実行できる同時クラスタの数とサイズである。

ブログで、次のようにPlatform9は説明している:

大多数の企業が、プロダクション環境でのKubernetesの運用の複雑さに苦労していることがわかりました。Kubernetesは複雑で、特にオンプレミスまたはマルチクラウド環境では管理が難しいことで有名です。Day2の運用は非常に困難です。新しいバージョンやセキュリティパッチがある場合、クラスタのアップグレードをどのように処理しますか? どのように監視しますか? HA? スケーリング? コンプライアンス? その他。運用上の問題は、業界全体の人材不足とスキルギャップによって悪化しています。ほとんどの企業は、非常に人気のあるKubernetesの専門家を雇うのに苦労しており、大規模な円滑な運用を確保するための高度なKubernetesの経験が不足しています。

PMKの無料利用枠では、ユーザは、ハイブリッド環境全体でクラスタと基盤となるインフラストラクチャをリモートで監視、最適化、および修復するSaaS管理プレーンにアクセスできる。プライベートクラウドとパブリッククラウドにまたがるネイティブ統合によるセルフサービスクラスタの作成は、最新バージョンのKubernetesへのワンクリックのインプレースクラスタアップグレードとともに利用できる。セキュリティパッチは、新しいCVEが検出されて修正されると、パッチがすべてのクラスタに自動的に適用されるプロセスを通じて自動化される。etcdクラスタクォーラムの喪失、etcdノードのダウン、etcd修復の失敗、インフラストラクチャリソースの使用率、ノードストレージの問題、ノード間のネットワーク接続とDockerデーモンのダウンなど、クラスタの状態を確認するための組み込みの監視とアラートが提供される。アプリケーション監視用のManaged Prometheusとログ集約用のFluentdがデフォルトで含まれている。ユーザは、各クラスタの特定のニーズに合わせてこれらのツールを構成できる (たとえば、異なる永続ストレージまたはデータ視覚化ツールに接続する)。アプリケーションは、ネイティブのHelmリポジトリを使用してデプロイすることも、ユーザが独自のHelmチャートとアプリケーションテンプレートを作成することもできる。すべてのクラスタを一元管理でき、リソースアクセスはKubernetes RBAC管理で制御される。コミュニティサポートへのアクセスはSlack経由で行われ、このリリースには、CNIプラグイン (Flannel、Calico) の選択、さまざまなサードパーティシステムとの統合など、エンタープライズグレードの機能がいくつか含まれています。

現在、無料利用枠は最大3つのクラスタに制限されている。各クラスタは、最大5つのマスタノードと最大10の合計ノードで構成できる。ユーザは、エンタープライズエディションにアップグレードして、容量を追加したり、オンプレミス、パブリッククラウド、およびエッジロケーションのハイブリッド環境のKubernetesインフラストラクチャのSLAを99.9%保証したりできる。エンタープライズエディションは、Kubernetesのエキスパートとソリューションアーキテクトによる専用のサポートも提供する。

ユーザがアカウントを作成すると、インフラストラクチャにKubernetesクラスタをデプロイし、UIまたはCLIから直接ノードを追加できる。DevOpsチームは、CI/CDパイプラインの実行、サンドボックス開発、デプロイ、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイ、テストとデバッグ、ステージングクラスタ、SLAを必要としないバッチまたはcronジョブ、SLA要件がそれほど厳しくないプロダクション環境アプリとマイクロサービスが含まれる、一般的なユースケースを無料利用枠で使用できる。

PMKの詳細については、こちらをご覧ください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。