BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Project OWLは、ワイヤレスメッシュネットワークを使用した災害救援ソリューションを可能にする

Project OWLは、ワイヤレスメッシュネットワークを使用した災害救援ソリューションを可能にする

ブックマーク

原文(投稿日:2020/03/21)へのリンク

IBMが支援し、Linux Foundationが採用した、Project OWLは、接続の長期的な損失を回避するために自身を再構成できるメッシュネットワークノードの構築を可能にすることを目的としている。このプロジェクトは、自然災害など、通信リンクがすぐに利用できなくなったり信頼できなくなったりするシナリオを対象としている。

2017年、カテゴリ5のハリケーン、Mariaがプエルトリコを襲い、島のインフラストラクチャに大混乱をもたらしました。ハリケーンが過ぎた後も、通信と電源が長期間無効になり、持続的な影響が発生しました。これらの問題の多くは、民間人が緊急サービスや地方自治体にショートメッセージを送信できるシステムにアクセスできれば防止できたはずです。

Project OWLは、「Organization (組織)、Whereabouts (居所) と Logistics (物流)」の略で、被災地に配備して、影響を受けた民間人と最初の対応者の間の通信を再確立できるハードウェアとソフトウェアの組み合わせである。ハードウェアコンポーネントは、DuckLinkと呼ばれる単純なワイヤレスデバイスであり、近くにある他のDuckLinkに接続して、復元力のあるメッシュネットワークを作成できる。

中央ポータルは、フィールドに配置されたソーラーおよびバッテリー駆動の耐水性「DuckLinks」に接続し、低周波長距離無線 (LoRa) 接続を搭載したWi-Fi専用ポータルを使用してローカルエリアネットワーク (LAN) を生成する。

DuckLinksは、長距離無線技術を使用して、相互に接続し、「MamaDuck」と呼ばれるローカルハブに接続する。MamaDuckハブは、長距離無線を介してPapaDucksに接続する。PapaDucksは、リモートハブからデータを取得してOWLデータ管理ソフトウェアに送信するインターネットゲートウェイである。

OWLデータ管理ソフトウェアは、ダッシュボードの作成と民間人と連絡を取ろうとする最初のレスポンダの行動をより適切にサポートするパターンの発見を可能にするクラウドベースの分析ツールである。

Linux Foundationは最近、Project OWL IoTファームウェアをオープンソース化したため、開発者は選択したIoTハードウェアでClusterDuckプロトコルを使用できる。

Project OWLの共同創設者であるBryan Knouse氏によると、プロジェクトの最終目標は、ハリケーン、洪水、または地震の影響に適切に対処できるようにコミュニティを準備することです。Container Journalとのインタビューで、Knouse氏は、プロジェクトがプエルトリコの大規模パイロットにIBMによって展開されたと説明した:

今日、プエルトリコの地震、洪水、火災、その他の気象条件に対して脆弱な地域に、30台の恒久的な太陽光発電デバイスが配備されています。

ClusterDuckプロトコルを実装するライブラリはGitHubで入手でき、Arduino IDEでそのまま使用できる。興味のある開発者は、How to build a Duck (PDF) ユーザガイドから始めたり、プロジェクトのSlackチャネルにアクセスしたりできる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。