BT

InfoQ ホームページ ニュース ARCore 1.20は、Cloud Anchorsに永続性とグローバルローカリゼーションをもたらす

ARCore 1.20は、Cloud Anchorsに永続性とグローバルローカリゼーションをもたらす

ブックマーク

原文(投稿日:2020/10/08)へのリンク

2年前、GoogleはARCore 1.2にCloud Anchorsを導入して、デバイス間での共有ARエクスペリエンスを可能にした。最新のリリースでは、ARCoreは完全な永続性のサポートを提供することにより、Cloud Anchorsの制限を取り除く。さらに、ARCore 1.20はGoogle Earthと統合されているため、ARコンテンツを簡単に見つけることができる。

Cloud Anchorsを使用すると、壁に絵を描いたり、他の人と一緒にゲームをしたりするなど、共有の拡張現実エクスペリエンスが可能になる。つまり、さまざまなユーザがさまざまなデバイスを使用して同じエクスペリエンスに参加できる。

Cloud Anchorsを使用すると、2つの異なる操作が可能になる: 新しいアンカーをGoogle Cloud Anchorサービスにその位置とともに送信して作成すること、すべてのアンカーを同じ部屋に配置させることだ。

Cloud Anchorsの最初のリリースに欠けていた機能の1つは、永続性だった。実際のところ、Cloud Anchorsには必然的に何らかの形のクラウドストレージが必要だが、これまでは1日しか存続していなかった。この制限により、Cloud Anchorsはローカルマルチプレイヤゲームに適したものになったが、ユーザは必要なときにいつでも戻ることができる短命ではない (non-ephemeral) エクスペリエンスを作成できなかった。これを有効にすると、まったく新しい可能性が開かれる。たとえば、Googleは、あなたの家に仮想的に進化する自然の生息地を作成し、しばらくしてからそこに戻って、それがどのように変化したかを確認できると説明している。もう1つの例は、特定の場所に仮想的に移動してARコンテンツを表示できるARツアーガイドアプリだ。Googleが言及したさらに別のケースは、家のデザインだ。これにより、仮想家具を家に配置し、結果に満足するまで、必要な回数だけシーンにアクセスして変更することができる。

アプリでCloud Anchorsを使用するには、最初にそれらを有効にする必要がある。次に、デフォルトの24時間より長く保持するアンカーごとに、hostCloudAnchorWithTtlを呼び出して、1〜365日の間に存続するアンカー時間を指定できる。すでにホストされているアンカーの寿命を延ばすこともできる。Cloud Anchorsをホストするには、OAuthに基づくキーレス認証を使用する必要があります。

このテクノロジーを採用する前に、アンカーホストのAPIクォータを確認してリクエストを解決し、ネットワーク使用率とCPU使用率の増加によるバッテリーとメモリの使用量の増加を考慮してください。

最後に、ARCore 1.20では、開発者が適用できるプレビューとしてEarth Cloud Anchorsも紹介している。この機能は、Googleマップでの現在の位置と向きを示す「青い点 (blue dot)」の精度を向上させることを目的としたテクノロジーであるグローバルローカリゼーションに基づいており、世界中の物理的な場所に付随するARエクスペリエンスを人々が発見する方法を改善することを目的としている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。