BT

InfoQ ホームページ ニュース MicrosoftがAzure Cosmos DBおよびその他の機能の新しい価格設定モデルオプションを発表

MicrosoftがAzure Cosmos DBおよびその他の機能の新しい価格設定モデルオプションを発表

ブックマーク

原文(投稿日:2020/06/03)へのリンク

2020年のBuildオンラインイベントで、Microsoftは、スパイクの多いワークロードに最適で、既存のプロビジョニングされたスループット価格設定モデルを補完する、「サーバレス」と呼ばれるAzure Cosmos DBの新しい消費ベースの価格設定モデルを発表した。

さらに、Microsoftは、オートスケール価格設定モデルによる一般提供とプレビューのいくつかの新機能、Jupyter Notebookの新機能、Azure Cosmos DB Python SDK for Core (SQL) APIの新バージョン、Azure Private Link、Azure Synapse Link for Azure Cosmos DB、および暗号化の他 – ポイントインタイムリストア (PTR)、Java SDKの新しいバージョン、変更フィードの更新など、今後のいくつかの機能が続く。

Azure Cosmos DBは、クラウドプラットフォーム上でのMicrosoftのNoSQL製品だ。今年の3月の初めに、同クラウドプロバイダは、より多くの開発者が無料バージョンでAzure Cosmos DBにアクセスできるようにしようとした。しかし、開発者はCosmos DBサービスにフルアクセスできなかった。この問題を修正するために、同社はAzure Cosmos DBのサーバレス価格設定モデルを提供している。Azure Cosmos DBサーバレスを使用すると、顧客は操作ごとに消費されたリソースに対してのみ請求され、プロビジョニングされたスループットの概念が排除され、顧客のエントリー価格は大幅に低下する。

Build 2020のニュースブックには、Azure Cosmos DBサーバレス価格設定モデルが、中程度のパフォーマンス要件を持つ重要ではない、断続的で小さなワークロードに理想的な操作ごとのコンピューティング価格設定を提供すると記載されている。消費ベースの価格設定では、個別のデータベース操作ごとに使用される合計リソース (リクエストユニット - RU) が顧客に請求される。
 
出典: https://devblogs.microsoft.com/cosmosdb/autoscale-serverless-offers/


Azure Cosmos DBのプログラムマネージャであるThomas Weiss氏は、Azure Cosmos DBのデータベース運用モデルに関するビデオで次のように述べている:

Azure Cosmos DB Serverlessは、純粋な消費モデルになります。リクエストによって消費された RU/s のみが請求されます。

また、MicrosoftのAzure Cosmos DBのプログラムマネージャであるDeborah Chen氏は、最近のCosmos DBブログで次のように述べている:

サーバレスは真のリクエストごとの課金モデルであるため、Azure Cosmos DBの使用を開始したり、トラフィックの少ない小さなアプリケーションを実行したりする場合は、エントリー価格をさらに下げることができます。

新しいサーバレス価格設定モデルの発表に続いて、MicrosoftはAzure Cosmos DBのいくつかのアップデートを一般提供にリリースした:

  • 顧客が管理するキーを使用して暗号化を保存し、データのエンド to エンド暗号化を強化するためにキーを持ち込むオプションの顧客への提供。
  • Azure Cosmos DBオートスケール (以前はオートパイロットと呼ばれていた)。SLAに裏打ちされた1桁のミリ秒のレイテンシと99.999%の可用性を保証する別の価格設定モデル。
  • Azure Cosmos DB Python SDK for Core (SQL) APIの最新バージョン。4.0バージョンには、開発者エクスペリエンスの向上のための、新しいクエリ機能のサポート、バグ修正などオブジェクトモデルの使いやすさの向上が含まれている。
  • Azure Private Link for Azure Cosmos DB。ユーザは、仮想ネットワーク内のサブネット内のプライベートIPアドレスのセットであるプライベートエンドポイントを介して、仮想ネットワークからAzure Cosmos DBに接続できる。

さらにプレビューでは:

  • Azure Cosmos DBに組み込まれたJupyter Notebookサポートの新機能により、開発者がAzure Cosmos DBのデータを分析および視覚化するための開発が簡素化される。
  • Azure Synapse Link for Azure Cosmos DB。これにより、Azure Cosmos DBとAzure Synapse Analyticsが緊密に統合される。完全に分離された列ストアであるAzure Cosmos DB分析ストアを使用すると、Azure Synapse Linkは、グローバルに分散された運用データに対して、Azure Synapse Analyticsで非ETL (抽出-変換-ロード) 分析を可能にする。

最後に、Microsoftは今後数か月以内にパブリックプレビューでAzure Cosmos DBサーバレスをリリースし、すべてのAzure Cosmos DB APIで利用できるようになる。サーバレス価格設定モデルに加えて、同社は今年の夏にもCosmos DB向けに次の新機能をリリースする予定だ:

  • PTRにより、特定の期間のデータを回復し、ポイントインタイムのバックアップと任意の時点に復元する。
  • Azure Cosmos DBのJava SDKのバージョン 4にアクセス。
  • Azure Cosmos DB変更フィードの新しい削除機能の使用。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。