BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Google ML Kitがエンティティ抽出とSelfie Segmentationを追加

Google ML Kitがエンティティ抽出とSelfie Segmentationを追加

ブックマーク

原文(投稿日:2020/12/15)へのリンク

新しいEntity Extraction APIが、ベータ版で利用可能になったが、そのAPIを使用すると、アプリ内のテキストを分析して、日付、URL、支払いカードなどのさまざまなテキストエンティティを検出できるSelfie Segmentationは、写真にエフェクトを簡単に追加できるようにすることを目的としている。

Entity Extraction APIは、15の言語で11の異なるエンティティを検出できる。サポートされているエンティティの例は、住所、日付と時刻、電子メールアドレス、追跡番号などである。このAPIはデバイス上で動作するため、インターネット接続は必要ない。また、リアルタイムの性能により、テキストの入力中にも使用できる。

Entity Extraction APIで使用されるアルゴリズムは、2つのステップで実行される。最初に、入力テキストに表示されるすべての単語を使用して、指定された最大長に収まる限りのすべての部分文字列を構築する。次に、すべての部分文字列は、ニューラルネットワークを使用して、有効なエンティティを表す可能性に基づいてスコアリングされる。次に、2番目のニューラルネットワークが上位スコアのサブシーケンスで使用され、アドレス、番号などとして分類される。

ML Kitのモデル管理APIを使用して、どの言語固有モデルがデバイスで使用できるかをコントロールしたり、必要に応じて必要な言語モデルを自動的にダウンロードしたりできる。モデルが利用可能になったら、次の例のようにannotateTextメソッドを使用できる。エラーが見つからない場合、結果は配列で返される。

let options = EntityExtractorOptions(modelIdentifier: 
                                     EntityExtractionModelIdentifier.english)
let extractor = EntityExtractor.entityExtractor(options: options)
extractor.annotateText(text.string) {
      result, error in
      if let annotations = result {
        let entities = annotation.entities
        for entity in entities {
          switch entity.entityType {
            case EntityType.dateTime:
            if let dateTimeEntity = entity.dateTimeEntity {
              //-- do something
            }
            break 
            case EntityType.flightNumber:
            if let flightNumberEntity = entity.flightNumberEntity {
              //-- do something
            }
            break 
            case EntityType.money:
              //-- ...
            default:
            //-- handle default case
        }
      }
    }

Googleによると、この新しいAPIによってテキスト入力を処理する際により高度なユーザエクスペリエンスを実現できる。通常の切り取り/コピー/貼り付けのパラダイムに加えてである。たとえば、ユーザが入力テキストで検出されたエンティティの種類に基づいて特定の操作を実行できるように、アプリはショートカットを自動的に表示することができる。

Selfie Segmentation APIは、クローズドベータ版で利用できるML Kitのもう1つの新しいAPIである。シーンの背景を最も目立つコンテンツから簡単に分離することができる。これにより、開発者はぼかしなどの効果を背景に適用したり、逆に画像の背景を別の背景に置き換えたりすることができる。

Selfie Segmentation APIは、1人または複数のユーザの両方で機能し、最新のiOSおよびAndroidフォンのほとんどでリアルタイムで実行できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。