BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース AWSがAmazon EC2の新しいインスタンスタイプを導入

AWSがAmazon EC2の新しいインスタンスタイプを導入

ブックマーク

原文(投稿日:2020/12/19)へのリンク

AWSは最近、さまざまなプロセッサ上のAmazon EC2向けと、さまざまなEC2ファミリー向けの新しいインスタンスタイプを発表した。リージョンのサブセットのみであっても、新しいインスタンスのほとんどはすでに利用可能である。他は月末までに利用できる予定である。

re:inventの最初の週に、AWSはIntel Xeon M5znインスタンス、Graviton2を搭載したC6gnインスタンス、Intelを搭載したD3/D3enインスタンス、メモリを最適化したR5bインスタンス、AMDを搭載したG4adGPUインスタンスを紹介した。

新しいM5znインスタンスは、汎用M5インスタンスの別形であり、第2世代のカスタムIntel Xeon Scalable(Cascade Lake)プロセッサを使用する。これらは、各コアの高いパフォーマンスの恩恵を受けるゲーム、金融アプリケーション、シミュレーションモデリングアプリケーション向けに設計されている。これらはAWS Nitro System上に構築されており、ほとんどのリージョンで利用可能できる。Amazonは、「クラウドで最速のIntel Xeon Scalable CPU」であると主張している。

ArmベースのGraviton2プロセッサの新しいインスタンスとして、AmazonはC6gnインスタンスを導入した。新しいインスタンスは、C6gファミリに100GbpsネットワーキングとElastic Fabric Adapter(EFA)のサポートを加えている。これは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、リアルタイムビデオ通信、データ分析など、ネットワーキング帯域幅が広いワークロードに推奨される。これは、Amazonが2015年にAnnapurna Labsを買収した後に開始されたGravitonプロセッサの最新のイテレーションである。A Cloud GuruのシニアマネージャーであるForrest Brazeal氏は、次のようにコメントしている。

私はいつも、顧客に無でクラウドが内部でどのように改善されるかの例として、DynamoDB On-Demand Capacityを取り上げていました。最近、私はその文脈でAWS Gravitonについて取り上げ始めました。AWSのチップレベルのイノベーションにより、クリックするだけで、コンソールでファーストクラスの市民としてより高速で安価なEC2インスタンスを提供できます。アーキテクチャの再設計は必要ありません。これは、個々の顧客が独自に構築できるレベルを完全に超えた革新のレベルです。この種のメリットは、クラウド規模でのみ得られるものです。

メモリを大量に消費するR5タイプの中で、新しいR5bインスタンスは、大規模なリレーショナルデータベースワークロードとERPシステム向けに設計されている。これらはAWS Nitroシステムを利用しており、最大60GbpsのEBS帯域幅と260,000 I/O操作/秒(IOPS)を提供する。AWSによると、EC2インスタンスの中で最高のネットワーク接続ストレージパフォーマンスを備えている。これは、Amazon RDS for OracleおよびAmazon RDS for SQL Serverでも利用でき、大規模にマネージドな商用データベースアプリケーションをサポートし、本番SAPワークロードおよびインメモリSAP HANAデータベースで認定されている。

大量のオンインスタンスHDDストレージを特徴とする新しいD3 / D3enインスタンスは、Intelを利用したストレージ最適化インスタンスである。これは、2015年以来の高密度ストレージタイプの最初のメジャーアップデートである。最大32個のvCPUと48TBのストレージを提供する。大量の安価なオンインスタンスHDDストレージを必要とする顧客をターゲットにしている。これは、データウェアハウス、データレイク、ネットワークファイルシステム、Hadoopクラスターに推奨されている。

G4adインスタンスG4ファミリーの新しいタイプである。これは、仮想ワークステーション、ゲームストリーミング、グラフィックスレンダリングなどのグラフィックスを多用するアプリケーション向けにAMD GPUを実行する。AWSのディベロッパーアドボケートであるSteve Roberts氏は、新しいG4adが既存のG4dnインスタンスよりも優れた選択である場合について説明している。

G4dnインスタンスは、Tensor Coreなどのハードウェア最適化が含まれているため、小規模な機械学習(ML)トレーニングとGPUベースのML推論に最適なオプションであり続けます。さらに、G4dnインスタンスは、CUDA、CuDNN、NVENCなどのNVIDIAライブラリにアクセスする必要があるグラフィックアプリケーションに最適です。ただし、NVIDIAのライブラリに依存していない場合は、価格とパフォーマンスの向上のために、G4adインスタンスを試すことをお勧めする。

G4adインスタンスは、リージョンのサブセットですでに利用できる。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。