BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース ElasticがElasticsearchとKibanaのライセンスを変更、AWSは両者をフォーク

ElasticがElasticsearchとKibanaのライセンスを変更、AWSは両者をフォーク

ブックマーク

原文(投稿日:2021/01/25)へのリンク

Elasticは先頃、ElasticsearchとKibanaのライセンス変更を発表した。同社は、Apache 2.0から移行し、サーバサイドパブリックライセンス (SSPL) とElasticライセンスを採用する。Amazonは、以前のライセンスの下でElasticsearchとKibanaの両方のフォークを保守する計画で反応した。

Elasticは、まだオープンソースに取り組んでおり、ライセンスアプローチは昨年MongoDBによって選択されたものと類似していることを提唱しているが、Open Source Initiativeは、SSPLをオープンソースライセンスとして認識していない。コミュニティからの懸念やコメントに対処するために、Elasticはさらに2つの記事をフォローアップし、ライセンス変更の説明と、変更が必要だと感じた理由を説明した。「Amazon: NOT OK - Elasticライセンスを変更しなければならなかった理由」の記事では、クラウドプロバイダがElasticsearchオープンソースプロジェクトのマネージドバージョンを導入した2015年に開始されたAWSの問題と訴訟について説明した。Elasticの創設者兼CEOであるShay Banon氏は、次のように説明する:

ライセンスの変更は、企業がElasticsearchおよびKibana製品を使用して、私たちと協力せずにサービスとして直接提供することを防ぐことを目的としています。ライセンスの変更は、私たちがAmazon/AWSがコミュニティを誤解させ、混乱させていると信じていることが何年にもわたって行われてきたことです - もうたくさんです (...) AWSの態度により、私たちはこのステップを踏むことを余儀なくされましたが、私たちはそう軽くすることはありません。

別の記事で、Shay Banon氏は、ElasticsearchフォークのOpen Distroに関するいくつかの問題を強調している。これは、AWSが昨年立ち上げたプロジェクトであり、彼はElasticの商用コードからサードパーティによってコピーされたコードに基づいていると信じている。

変更に対するオープンソースコミュニティからの反応はまちまちで、ビジネスへの影響よりも選択されたライセンスの方が疑問視されている。Duckbill GroupのクラウドエコノミストであるCorey Quinn氏は、次のようにツイートしている:

ここでの教訓は、Elasticの誰かが行っている保証に依存している場合、あなたはばかであり、他の計画を立てるべきであるということです。

Aspenwareのソフトウェアエンジニアであり、さまざまなオープンソースプロジェクトに貢献しているDrew DeVault氏は、次のように書いている:

Elasticsearchは、1,573人のコントリビュータが所有しています。彼らは著作権を保持し、Elasticに制限なしで作品を配布するライセンスを付与しています (...) Elasticはもはやオープンソースではなく、これはオープンソースに対抗する動きです。「オープンを強化する」のではありません。FOSSの競技場でプレーしたい場合は、ひどいルールに従ってプレーすることになります。

Amazonは、ElasticSearchとKibanaの両方をフォークすると発表して反応した:

両方のパッケージのオープンソースバージョンが引き続き利用可能であり、十分なサポートを確実にするため、AWSがオープンソースのElasticsearchとKibanaのALv2ライセンスのフォークを作成および維持するステップアップを本日発表します (...) SSPLが「自由でオープン」であるというElasticの主張は、誤解を招き、間違っています。

Elasticが予想していたと言っているフォークだ。Perconaの共同創設者でオープンソースの支持者であるPeter Zaitsev氏は、Amazonの決定を気に入っている:「素晴らしいニュースだ。Amazonはステップアップし、Elasticsearchをフォークしてオープンソースバージョンを維持する」 Zaitsev氏は説明する:

Elasticは以前、コアコードのライセンスをApache 2.0から「決して」変更しないことを約束しました。この約束は、多くのコントリビュータが貢献を決定するための重要な要素でした。

今後数か月で、コントリビュータの何人が新しいAmazonまたは他のフォークに移動するかがわかる。Logz.ioの共同創設者兼CEOであるTomer Levy氏は、フォークの開始を提唱し、Logz.ioが現在Amazonと協力していることを発表した。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。