BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Javaニュース週報 - 2021年2月22日

Javaニュース週報 - 2021年2月22日

ブックマーク

原文(投稿日:2021/03/02)へのリンク

特にコアJavaおよびOpenJDKプロジェクトでは、Javaニュースにとって比較的静かな週だった。

先頃の新規と更新されたドラフトJEPの混乱の後、今週はJEPのニュースはほんの少しだけだった: MacOSの新しいレンダラはJava 17がターゲットだ

OpenJDKの他の場所で、Mission Controlのアーリーアクセスバイナリが利用可能になった。JDK Flight Recorderの詳細を視覚化するこの人気のあるGUIは、大幅に見直しが行われ、非常に有望に見える。

より広いエコシステムで、Payaraは最近、 (Payara) Rudy De Busscher氏、(Snyk) Brian Vermeer氏、および (IBM) Stefan Liesche氏をフィーチャーした「アプリケーション開発時のセキュリティリスクの最小化」というタイトルのパネルディスカッションを主催した。

Kevin Sutter氏は、EE4J Parent POMの最近の更新により、Jakarta EE 9.1の処理が開始され、APIの最初のRCが作成されたと報告している。9.1リリースプランによると、9.1ではJakarta EEコンポーネントAPIの更新はない。代わりに、リリース 9.1は、ベースラインのランタイムをJava SE 11に厳格に変更したことだ。新しいAPIは、Mavenアーティファクトとして利用できる。

Quarkusプロジェクトはバージョン 1.12をリリースした。プロジェクトは小さな増分リリース戦略に従い、迅速に繰り返される。最新のリリースで注目すべきは、推奨ベースラインとしてGraalVM 21.0を採用したことだ。

Springで、Spring Cloud Gateway一般提供になった。Gatewayは、APIリクエストをルーティング、セキュア、モニターする方法を提供するオープンソースプロジェクトだ。

このリリースとペアになっているのは、APIコンシューマとプロデューサを対象としたSpring Cloud Gateway for Kubernetesだ、トラフィックはリアクティブなノンブロッキングI/Oによって処理され、よりエンタープライズフレンドリーな階層化された機能だ。

可観測性の面では、Spring OTel Sleuth バージョン 1.0.0-M5 もリリースされた。このリリースには、新しいOpenTelemetry バージョン 0.17へのアップグレード、およびさまざまな新機能、改善、バグ修正が含まれている。

全体として、OpenTelemetryプロジェクトはバージョン 1.0に向けて進み続けているが、これまでのところ、トレースの標準のみが成熟に近いと見なされている。プロジェクト全体は、少なくともメトリックとトレースがリリース 1.0になるまでは、GAとしてそれ自体を発表する意図がない。Javaは仕様の最も高度な実装の1つであり、Java OpenTelemetryの一般提供が待望されている。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。