BT

InfoQ ホームページ ニュース オープンソースエージェントとオープンインストルメンテーションの未来に関するNew RelicとのQ&A

オープンソースエージェントとオープンインストルメンテーションの未来に関するNew RelicとのQ&A

ブックマーク

原文(投稿日:2020/08/03)へのリンク

New Relicは、エージェント、SDK、統合がオープンソースライセンスの下で利用可能になると発表した

New Relicは、Cloud Native Computing Foundation (CNCF) のサンドボックスプロジェクトOpenTelemetryに大きく貢献し、10年以上前の設立以来、多言語アプリケーションフレームワークインストルメンテーションの開発に携わってきた。それら、ほとんどのエージェント、SDK、および統合のほとんどはオープンソース化しており、残りのエージェントの一部は、9月から段階的にオープンソース化される。

InfoQは、New Relicの主要なソフトウェアエンジニアであるBen Evans氏、ソフトウェアエンジニアリングのディレクタであるSharr Creeden氏、およびエンジニアリングのグループVPであるGreg Unrein氏にオープンソース化に関して新たな情報を得ました。

彼らは、アプリケーションのインストルメンテーションがどのように進化しているか、同社の最近の発表、OpenTelemetryとどのように連携するか、そしてオープンインストルメンテーションの将来について話した。また、コミュニティとの協力において、多様性 (Diversity)、公平性 (Equity)、包含性 (Inclusion) (DE&I) に特別な注意を払っている方法についても詳しく話した。

InfoQ: サンドボックスCNCFプロジェクトであるOpenTelemetryから始めましょう。最近のオープンソース化、そのバックグラウンドを持つNew Relicエージェント、および開発者とアーキテクトがロードマップにすでにOpenTelemetryを持っているのに、なぜこの発表を気にする必要があるのかについて話していただけますか?

Ben Evans氏: OpenTelemetryは、ライフサイクルの初期段階にあります。私たちは、市場のさまざまなセクターからさまざまな反応があると予想しています、彼らや彼ら自身の可観測性のジャーニーをしている場所に応じてです。みんなが同じ速度で移動するわけではありませんので、それで問題ありません。

以前に所有していたエージェントをオープンソース化することは、私たちにとって最初のマイルストーンです。これは、ジャーニーの始まりであり、終わりではありません。すでにOpenTelemetryに熱心に関与しているチームは、オープンソースエージェントの対象者ではないかもしれません。エージェントを配置することで、開発プロセスを開放することができます。成熟したインストルメンテーションシステムの例を提供することにより、コミュニティを支援します。このスペースには、多くの場合、詳細な悪魔 (devil-in-the-detail) がたくさんいます。私たちは、長年にわたって多くの問題を解決したと感じています。コミュニティは、車輪の再発明をしたり、私たちがすでに遭遇した問題にリソースを浪費したりする必要はありません。

InfoQ: OpenTelemetryが企業内でより多くの地位を獲得し始めたときに、まだ関連している可能性のあるオープンソース化されているプロジェクト (もしあれば) について話していただけますか?

Greg Unrein氏: 現在、オープンソースで利用可能ないくつかの言語のOpenTelemetryエクスポータがあり、今後数か月でさらにサポートされます。OpenTelemetry関連のプロジェクト以外にも、OpenTelemetryが企業でより多くの地位を獲得したとしても、関連性を維持する可能性が高い、私たちが貢献または開始したさまざまなオープンソースのインストルメンテーションプロジェクトがあります。例としては、MicrometerレジストリKamonレポータDropwizardレポータなどがあります。

OpenTelemetryはライフサイクルの初期段階にあるため、最近オープンソース化したエージェントプロジェクトも長期間関連性を維持すると予想しています。時間の経過とともに、OpenTelemetryベースのソリューションを採用する企業が増えると予想しています。私たちの目標の1つは、オープンソースプロジェクトからOpenTelemetryへの移行を可能な限りシームレスにすることです。これらのNew Relicプロジェクトのコードの一部は、OpenTelemetryの成熟と採用を加速するのに役立つことでしょう。

InfoQ: Application Performance Management (APM) の現在の状態についてコメントできますか? あなたのブログでオープンインストルメンテーションについて話すとありますが。どういう意味でしょうか? APMと比較して、最近のパラダイムシフトや今後のパラダイムシフトはありますか?

Unrein氏: オープンインストルメンテーションは、一般に可観測性、より具体的にはAPMが、メソッドとツールの改善に協力して専門知識を共有するエンジニアとベンダのエコシステムが成長している場合に最も効果的に機能するという考えです。つまり、オープンインストルメンテーションを使用するエンジニアは、移転可能な知識とツールを持ち、その専門知識を通じて特定のツールの改善に貢献し、それを他のさまざまなエンジニアや企業と共有できます。これが、OpenTelemetryに非常に熱心な理由の1つです。

このオープンインストルメンテーションへの移行は、効果的なソフトウェア開発と運用に不可欠なプラクティスとしてのDevOpsと可観測性の採用から生まれた数少ないものの1つです。もう1つの変化は、さまざまなソースからのテレメトリを、企業が提供しているビジネスとユーザエクスペリエンスによってコンテキスト化された一貫性のあるピクチャに統合することが重要であるという、多くのエンジニアやテクノロジーリーダによる認識です。これはほとんどの環境に当てはまり、複雑さが増すことが多い多くの企業で特に深刻です。オープンインストルメンテーションは、長期的にこれを単純にすることを約束しますが、今日においてもその必要性が存在します。

InfoQ: コンテナとサービスメッシュはサイドカーパターンを組み込む傾向があります。このパターンは、一般的なエージェント、特にオープンソース化されているエージェントに対して補完的でしょうか、または直交的でしょうか?

Unrein氏: エージェントやインストルメンテーションによって異なりますが、ほとんどの場合、サイドカーのパターンを補完します。コードレベルのエージェントは、特定のサービス (多くの場合、顧客の特注サービス) に対する深いAPMスタイルの可視性を提供し、サイドカーから利用可能なインストルメンテーションは、サービスのプロセスおよびコンテナの外部からのコンテキストとさらなる可視性を提供します。エージェントは、分散トレースを自動的に伝播することもできます。これは、エンドツーエンドの可視性にとって重要です。統合またはインフラストラクチャに重点を置くエージェントとインストルメンテーションは、多くの場合、コンテナに配置することも、APMスタイルの可視性を同様に補完するサイドカーとしてデプロイすることもできます。

InfoQ: 多様性 (Diversity) と包含性 (Inclusion) は強い感情的な反応を誘発する問題になっています。最近発表されたオープンソースプロジェクトの貢献者の多様性の現状と、それをどのように増やす予定かについてコメントしていただけますか? 他に追加したいものはありますか?

Sharr Creeden氏: New Relicは、創業以来、多様性、公平性、包含性 (DE&I) が中心的な関心事でした。オープンソースへの私たちの進出は、これらの懸念を軽減するものではなく、実際、それらを増幅します。なぜなら、調査によると、オープンソースの貢献者と開発者は、業界全体と比較して、さらに多様性の低いバックグラウンドから来ていることが多いからです。私たちは、これらの統計を改善するためのソリューションの一部であることに責任があることを認識し、オープンソースは誰もが安心して貢献できる場所であるべきであるという私たちの信念を促進する実践と行動に投資しています。

最近オープンソース化されたプロジェクトの中で、さまざまな貢献者にアピールするために、いくつかの側面を慎重に設計しました。私たちは、私たちが育てたいと願うオープンカルチャーを説明するために原則に基づく行動規範を採用し、期待が前もって理解されることを確実にするために透明なプロジェクトガバナンスメカニズムを提供します。ドキュメントはアクセス可能になるように設計されており、ラベルを使用して投稿が最も必要な場所を強調したり、新しい投稿者が最初に取り組むべき問題を強調したりするなどのプロセスを採用しています。最終的に、これらの戦術の私たちの目標は、私たちのコミュニティへの参加への障壁を下げることです。

社内では、オープンソース開発者に、包含性を促進するためのベストプラクティス、たとえば、彼らの相互作用を歓迎し、対応する方法についてトレーニングすることに重点を置いています。また、オープンソースコラボレーションに関しては、エンジニアがメンターシップの考え方を採用することを奨励しています。New Relicには、お互いと業界を向上させるために共有できる専門知識がたくさんあります。意図的なメンターシップを提供することは、オープンソースコミュニティ内で DE&I を向上させる方法の1つであると認識しています。

New Relicには専任の DE&I チームがあり、その使命は「... 意図的に多様で、公平で、包含的である環境を作りおよび維持し、顧客がより完璧なソフトウェア、エクスペリエンス、およびビジネスを作成できるようにすること」です。このチームは、上級管理職および同業他社のパートナと協力して、調達および採用慣行の進化や、採用プロセスの各段階での無意識の偏見を軽減するテクノロジーの実装など、社内の DE&I の取り組みを促進する戦略を策定しました。

DE&I チームの作業の結果の1つは、New Relicの人材獲得プロセスが、エンジニアリングチームを含む、より多様で公平で包含的なものにするために設計されたいくつかの変更を経て、特定のプロセス変更が次のように設計されたことです。

  • 包含的な求人情報を作成する
  • 採用チャネルを多様化する
  • バランスの取れた面接チームを配置する
  • 面接プロセスを標準化する

要約すると、彼らは未来がオープンインストルメンテーションとOpenTelemetryにどのように進化しているかについて話した。彼らは、コミュニティとどのように協力しているかについて詳しく説明し、多くのオープンソースプロジェクトで特に偏っている多様性、公平性、包含性 (DE&I) に特別な注意を払っている。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。