BT

InfoQ ホームページ ニュース AWSがAmazon Lex用の拡張コンソールエクスペリエンスと新しいv2 APIを発表

AWSがAmazon Lex用の拡張コンソールエクスペリエンスと新しいv2 APIを発表

ブックマーク

原文(投稿日:2021/02/01)へのリンク

AWSは最近、Amazon Lexのアップデートを発表した。音声とテキストを使用して会話型インターフェースを任意のアプリケーションに組み込むためのサービスである。このサービスには、新たに拡張された管理コンソールと、継続的なストリーミング機能を含む新しいV2 APIが追加された。AWS News Blogによると、開発者は新しい管理コンソールとAPIを使用してボットを構築および管理できるようになる。拡張コンソールと新しいAPIには、主に3つの利点がある。

  • まず、開発者はいつでも新しい言語をボットに追加し、設計、テスト、デプロイのライフサイクルを通して、すべての言語を単一のリソースとして管理できる。さらに、コンソールを使用すると、異なる言語間をすばやく移動して、会話を比較し改善できる。
  • 次に、新しいLexコンソールとV2 APIは、ボットのインテントとスロットタイプが特定の言語にスコープが定められているシンプルな情報アーキテクチャを提供する。
  • そして最後に、開発者は追加でビルダー生産性ツールとその機能を使用して、ボット設計プロセスの柔軟性と制御を向上させることができる。

同社はまた、開発者がボットを設定できるように、会話を一時停止し、中断を直接処理するための新しいストリーミング会話APIを提供する。ストリーミング機能を使用すると、仮想コンタクトセンターエージェントとスマートアシスタントの機能をすばやく強化できる。新しいWaitおよびContinue機能は、スロットの引き出し中に表示される。それは、たとえば、会話を待機状態にする機能を提供する。最近、AWS Machine Learning Blogで、著者は次のように書いている。

発信者が情報を得るために時間を求めたときに「準備ができたら知らせてください」などの「Wait」メッセージで応答するようにスロットを設定できます。「ポリシーIDの準備ができました。どうぞ」などの定義された合図に基づいて「Continue」応答で会話を続行するようにボットを設定することもできます。

ボットを構築するには、開発者は新しいAmazon Lexコンソールにアクセスして、ボットを最初から作成するか、例を使って始めることができる。その後、ボット設定を続け、IAM設定を実行し、1つ以上の言語を追加し、インテントエディターを使用して、バージョンを作成し、テストすることができる。

出典: https://aws.amazon.com/blogs/aws/amazon-lex-enhanced-console-experience/
 
コンソールの横で、開発者はAWSコマンドラインインターフェース(CLI)またはAPIを使用してボットを構築することもできる。残念ながら、Amazon Connectの連絡先フローをV2 APIあるいは新しいコンソールと統合することはできない。ただし、同社はこの統合を短期的なロードマップの一部として提供する予定である。

Constellation Research Inc.の主席アナリスト兼副社長であるHolger Mueller氏は、InfoQに次のように語っている。

ボットの多言語機能に対応することは、可用性と管理を容易にするために非常に重要です。これにより、会話型アプリケーションの開発速度が大幅に向上します。また、アシスタントが状況の要件に基づいて複数の言語を理解するための基盤を築くことになるため、AWSがLex V2 APIに移行するのはよいことでしょう。

ボットを構築するためのサービスを提供しているクラウドプロバイダーはAWSだけではない。たとえば、Microsoftはボットフレームワークを提供しており、Azure Cognitive Servicesと統合され、Microsoft Cloud Virtual Agents上で提供される。さらに、GoogleはDialogflowと呼ばれるクラウドプラットフォーム上で製品を提供している。

現在、新しい機能を備えたAmazon Lexは、既存のすべてのAWSリージョンで利用できる。このサービスのユーザは、使用した分だけ料金を払う。料金の詳細は、料金ページで確認できる。さらに、AWSは既存のすべてのAPIとボットを引き続きサポートする。一方で、新しく発表された機能は新しいコンソールとV2 APIでのみ利用できる。サービスの詳細については、ドキュメントのランディングページをご覧ください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。