BT

InfoQ ホームページ ニュース Docker Engine 20.10リリース:cgroups v2とデュアルロギングをサポート

Docker Engine 20.10リリース:cgroups v2とデュアルロギングをサポート

ブックマーク

原文(投稿日:2021/01/31)へのリンク

Dockerは、Docker Engine 20.10の次のリリースを発表した。コマンドラインインターフェイス(CLI)の改善とデュアルロギングのサポートと共にcgroups v2のサポートを追加した。これは、2019年7月22日にリリースされたDocker Engine 19.03に続く最初のメジャーリリースである。

DockerIncのプリンシパルプロダクトマネージャーであるBenjamin De St Paer-Gotch氏は、ブログ投稿でこのリリースの詳細を述べた。Docker Engineは、サーバdockerd、プログラムで使用されるインターフェースを指定するAPI、CLIクライアント、dockerを備えたクライアントサーバアプリケーションで構成される。

基礎のLinuxカーネル上に構築されたDocker Engineは、実行中のプロセスとそれに関連付けられたファイルを分離するためにcgroups v2 を取り入れた。Dockerは、cgroupsを持つnamespacesを使用して、前述の分離を実現する。この機能を追加することで、Dockerは完全にサポートされている機能に「ルートレス」で移行できるようになった。Rootlessモードでは、ルートシステム権限なしでDocker環境全体を実行できる。

初めてデュアルロギングをサポートするようになり、さまざまなサードパーティのロギングドライバーがdocker logsを読み取ることができるようになった。これにより、シームレスなアプローチで自動化されたコンテナログを収集できる。CentOS8のサポートを継続し、20.10リリースではUbuntu 20.10とFedora 33のサポートが追加された。

CLIツールの有効性に焦点を当てたDocker Engine 20.10には、次のような新しいオプションがある。

  • docker pushdocker pullと同様に機能する。そのため、イメージ名がタグなしでプッシュされた場合、すべてのタグではなく、:latestタグのみがプッシュされる。
  • 環境変数をファイルに保存して、docker execの実行時に渡すことができるようになった。新しい-env-fileを使用すると、指定したファイルから環境変数を解析できる。
  • createコマンドおよびrunコマンドで--pull=missing|always|neverオプションのフラグを使用すると、イメージをプルするタイミングをより細かく制御できる。
  • バッチジョブを実行するためのスウォームジョブをサポートする。

Paer-Gotch氏は、コミュニティの貢献に感謝し、次のように述べている。「この(ブログ)記事全体で「私たち」と言うときは、Docker社の(素晴らしい)エンジニアだけでなく、Docker社以外の(素晴らしい)エンジニアと、このリリースの形成に貢献した幅広いコミュニティを意味します。」

2020年が終わると、Dockerは繰り返しニュースになった。サブスクリプションプランを導入し、Kubernetesはv1.20.0でDocker Engineのサポートを廃止したためである。

はじめに、読者はDocker Webサイトにあるパッケージをインストールできる。このリリースの詳細については、リリースノートをご覧ください。この記事の執筆時点で、Dockerは2つのマイナーバージョンをリリースしている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。