BT

InfoQ ホームページ ニュース Docker HubとJFrogのパートナシップにより、Artifactoryユーザのイメージ pull 制限を解除

Docker HubとJFrogのパートナシップにより、Artifactoryユーザのイメージ pull 制限を解除

ブックマーク

原文(投稿日:2021/01/30)へのリンク

Docker HubとJFrogは、JFrog ArtifactoryユーザがDocker Hubイメージの pull レートと保持制限を回避できるようにするパートナシップを発表した

昨年8月、Dockerはイメージ pull レートを制限するポリシーと非アクティブなイメージの保持ポリシーを発表した。2020年11月のその後の発表で、後者の延期を表明した。ただし、レート制限は、有料のDockerサブスクリプションのさまざまな段階で引き続き適用される。Docker ProとTeamユーザは「が多すぎたり乱用されたりしない限り」レート制限はない。無料のDocker Hubにログインしたユーザには、6時間あたり200のコンテナイメージリクエストの制限があるが、匿名ユーザには、同時間に100の pull 制限がある。これらの制限は、特定の基準を満たす非営利のオープンソースプロジェクトには存在しない

JFrogのArtifactoryは、ソフトウェア作成物、Helmチャート、Dockerイメージのリポジトリであり、セルフホストまたはSaaSソリューションとして使用可能だ。JFrogとDocker Hubの間の新しいパートナシップにより、JFrogのArtifactoryを介してDocker Hubにアクセスするユーザに対するこれらの制限がなくなる。これは、この記事の執筆時点での価格ページによると、無料と有料の両方のJFrogサブスクリプションに適用される。

この開発は、JFrogのいくつかのユースケースをカバーする。それらの1つは、Docker Hubイメージの pull スルーキャッシュとしてJFrogのArtifactoryを使用することだ。これは、Docker Hubをリモートリポジトリとして構成することで可能になり、Docker Hubに対して行われる pull 数を減らすことができる。キャッシュに保存されているイメージは定期的に更新される。もう1つは、Artifactory自体をコンテナレジストリとして使用することだ。このレジストリは、イメージがDocker Hubから pull され、ローカルに保存される。Artifactoryレジストリに保存されているイメージは、ローカルコピーであるため、Docker Hubでの保持制限の対象にならない。

クラウドベンダーによってホストされているレジストリのユーザは、通常、ベンダーが提供するローカルキャッシュを利用できる。たとえば、Google Container Registry (GCR) は、mirror.gcr.io に「頻繁にアクセスされるパブリックDocker Hubイメージをキャッシュする」。GCRと別のパブリックレジストリで昨年発表されたAmazon Elastic Container Registry (ECR) のどちらにもサービス制限 (quota) があるが、それらは十分に上限が高いため、通常の使用では到達することはない。同じことがAzure Container Registryにも当てはまる。

プレスリリースによると、パートナシップには相互の顧客をサポートするための専用チャネルも含まれている。これは、両社の将来のコラボレーションの可能性における最初のステップであると述べた。

 

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。