BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Javaニュース総まとめ - 2021年4月12日週

Javaニュース総まとめ - 2021年4月12日週

ブックマーク

原文(投稿日:2021/04/19)へのリンク

今週のJavaニュース総まとめでは、OpenJDKがJEP 411を候補ステータスに昇格すること、Kotlin 1.5.0-RC、Piranha Cloud 21.4.0、Weld CDIのポイントリリース、CloudBeesによるJenkins X 3.0のリリース、Springプロジェクトに関連する多数のポイントリリースとリリース候補およびDavid Blevins氏によって導入された新しいAtlassian JIRAコマンドラインユーティリティのニュースを取り上げている。

OpenJDK JEPにとっては非常に静かな週だった。JEP 411、Security Managerを削除するための非推奨化が候補ステータスに昇格した。将来のリリースで削除するためSecurity Managerは非推奨になる。長年にわたり、Security Managerはクライアント側のJavaコードを保護するための主要な手段ではなく、サーバ側のコードを保護するために使用されることもめったになかった。この目的は、Java 1.0で導入されたSecurity Managerを、削除のためのアプレットAPIの非推奨化であるJEP 398と合わせて削除するために非推奨にすることだ。これはJakarta EEの将来の開発に重大な影響を与える可能性があるためJavaコミュニティ内で懸念があった。JEP 411のリスクと仮定のセクションで述べられている:

Jakarta EEには、Security Managerに関するいくつかの要件があります。Security Managerがデグレードしてから削除した後、準拠アプリケーションを将来のJavaリリースで実行するには、これらを緩和するか削除する必要があります。

InfoQは、より詳細なニュース記事をフォローアップする。

JetBrainsは、Kotlin 1.4.30で最初に導入された実験的機能の更新を特徴とするKotlin 1.5.0-RCをリリースした。InfoQは先頃、Kotlin 1.5.0の次のGAリリースで安定する予定のこれらの実験的機能について報告している

TomitribeのCEOであるDavid Blevins氏は、Jamiraという名前の新しいAtlassian JIRAコマンドラインユーティリティを導入した。これはXML-RPC APIがJIRA 7.0から削除された後、Codehausが廃止されてシャットダウンされたCodehausプロジェクトで現在は廃止されたSwizzle JIRAを最終的に置き換えるものだ。Jamiraは、Tomitribeによって提供されるコマンドラインAPIプロジェクトであるCRESTに基づいている。

毎月のブログ投稿で、PiranhaはPiranha Cloud 21.4.0のリリースを発表した。最低のJavaバージョンをJava 16に更新し、Java 17早期アクセスビルドでのテスト、Piranha ServerPiranha MicroのJakarta EEライブラリの組み合わせをサポートを特徴とする。変更の完全なリストは、イシューページにある。

Weldでは、JDK 11+で定義する新しいクラスで発見されたいくつかの欠陥に対処するために、CDI仕様のリファレンス実装のバージョン 4.0.1.SP1および3.1.7.SP1リリースされた。2つの主な問題は次のとおりだ: インターフェイス型を返すプロデューサが、無効な名前 (WELD-2662) でプロキシクラスを定義しようとする場合があった。また、インターフェイスの階層型構造のプロキシクラス名は、パッケージと名前の組み合わせで混乱を導くことがあった (WELD-2666)。

Java DevOps空間では、CloudBeesがJenkins X 3.0をリリースした。これは、多数の新機能プラットフォームの変更を特徴としている。Jenkins X 3.0の完全なウォークスルーは、YouTubeにある。

そして最後に、Springのいくつかのプロジェクトのポイントリリースとリリース候補がJavaコミュニティで利用可能になったため非常に忙しい週だった。

Spring Framework 5.3.6および5.2.14がリリースされた。バージョン 5.3.6では19のバグ修正と改善が行われ、バージョン 5.2.14では11のバグ修正と改善が行われた。

5月中旬のGAリリースに備えて、Spring Boot 2.5.0-RC1が次のような新機能で利用可能になった: Quartzスケジューラの新しいアクチュエーターエンドポイント。R2DBCによるデータベース初期化のサポート。Spring DataリポジトリとMongoDBのMicometerメトリックのサポート。およびGradle 7.0のサポート。

Spring for Apache Kafka 2.7.0がリリースされ、デリバリーの失敗とノンブロッキング再試行に関連する大幅な機能強化が行われた。詳細については、ドキュメントの「新機能」セクションを参照してください。

Spring Securityバージョン 5.2.105.3.9および5.4.6のパッチリリースが利用可能になり、いくつかのマイナーな改善とともにバグ修正が提供される。一方、5月中旬にGAリリースが予定されているSpring Security 5.5.0は、RC1ステータスに達した。開発者は、次のような注目すべき変更を期待できる: OAuth 2.0クライアントのJWTクライアント認証とBearer認証のサポート。新しい認可APIであるAuthorizationManager。リアクティブメソッドのセキュリティに対応するKotlinコルーチンのサポート。およびOpenSAML 4のサポート。さらなる詳細については、リリースノートを参照してください。

Spring Integration 5.4.6および5.3.7がリリースされ、多数のバグ修正と改善が行われた。現在リリース候補であるSpring Integration 5.5では、START/ENDマーカが有効になっている場合に、File Splitterのユースケースの反対側をカバーする新しいコンポーネントであるFile Aggregatorが導入される。詳細については、ドキュメントの「新機能」のセクションを参照してください。移行ガイドには、重要な変更のリストが記載されている。

Spring Data for Apache Solrは、コミュニティの関心の低下、機能のリクエスト、およびバグレポートのために廃止される予定だ。ただし、このプロジェクトは、Spring Data NeumannOckhamのリリーストレインの一部として残る。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。