BT

InfoQ ホームページ ニュース Javaニュース総まとめ - 2021年3月29日週

Javaニュース総まとめ - 2021年3月29日週

ブックマーク

原文(投稿日:2021/04/06)へのリンク

今週のJavaの総まとめでは、次のニュースを取り上げている: 提案されたJDK 17のリリーススケジュールが提案された。Confluentは、Apache Kafkaの内部メタデータストアであるKIP-500への早期アクセスを提供する。これにより最終的にApache ZooKeeperへの依存関係が削除される。Red HatとAWSがAWS上のRed Hat OpenShiftサービスを発表。Quarkus、MicronautとSpring Dataのポイントリリース。

先週候補 (candidate) ステータスに昇格したSimple Web Server (JEP 408) は、静的ファイルのみを提供する最小限のHTTPコマンドラインWebサーバを提供する。このユーティリティは、特に教育環境でのプロトタイピング、アドホックコーディング、およびテストに役立つように設計されている。サーバは次のように起動できる:

    
$ java -m jdk.httpserver [-b bind address] [-p port] [-d directory] [-h to show help message] [-o none|default|verbose]
    

OracleのJava Platform GroupのチーフアーキテクトであるMark Reinhold氏は、JDK 17のリリーススケジュールを提案した。リリースプロセスに従って、リリーススケジュールは、初期リリース候補、最終リリース候補の2つのフェーズを減らして、GAリリース日を2021年9月14日を提案する。JDKのコミッショナとレビュー担当者は、2021年4月5日の期限まで、提案されたリリーススケジュールをレビューしてコメントすることができた。

Confluentは、Apache Kafka内に構築されたメタデータストアであるKIP-500への早期アクセスを発表した。これにより、Apache ZooKeeperへの依存関係が最終的に削除される。開発者は、ZooKeeperを使用せずにKafka Raftメタデータ (KRaft) モードでKafkaを実行できる。ほぼ1年間の開発での早期アクセスリリースではセキュリティおよびパーティション分割機能はまだサポートされていないが、開発者はすでに新しいクォンタムコントローラを試してみることができる。昨年の秋、InfoQは、podcastでKIP-500について、ConfluentのソフトウェアエンジニアであるColin McCabe氏とJason Gustafson氏に話を聞いた。

Red HatとAmazonは、Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) のリリースを発表した。これは、OpenShift開発者がAWSでコンテナ化されたアプリケーションを簡単に構築、スケーリング、管理できるようにする新しいマネージドサービスだ。開発者は、AWSコンソールからAWS Webサービス全体でOpenShift APIを使用してKubernetesクラスタをすばやく簡単に作成できる。

Red Hatは、OpenTracing仕様とOpenCensus仕様の統合であるOpenTelemetry仕様のサポートを特徴とするQuarkus 1.13もリリースした。OpenTelemetry 1.0の最近のリリースで、Quarkus 1.13は quarkus-opentelemetry を導入する。これは、JAX-RSリソースメソッド、RESTクライアント、およびApache Kafkaを使用したリアクティブメッセージングを介したトレースを可能にする新しい実験的拡張 (experimental extension) だ。現時点では、Jaegerのサポートは、quarkus-opentelemetry-exporter-jaeger 拡張機能を介して利用できる。この最新リリースの詳細はリリースノートに記載され、移行ガイドには、Quarkusアプリケーションをバージョン 1.13に移行する方法に関する情報が記載されている。

Object ComputingはMicronaut 2.4をリリースし、javax.inject の代わりに新しい jakarta.inject 名前空間でアノテーションをサポートした。これは、Micronaut 3.0のリリースまでデフォルトの名前空間のままだ。その他の改善には、AOPアノテーションと新しい @InterceptorBean アノテーションを使用したインターセプターとの間の相互運用性を改善する新しいインターセプターバインディングが含まれる。この最新リリースの詳細は、Micronautドキュメントの新機能セクションに記載されている。

SpringはSpring Data 2021.0.0-RC1および2020.0.7をリリースした。機能は次のとおりだ: リポジトリ作成時のエラーメッセージと例外の改善。永続性コンストラクターパラメータで @Value メタアノテーションをサポート。Neo4jテンプレートおよびCypherDslエグゼキューター内のプロジェクションサポート。Apache Cassandra@Column- および @Element- アノテーションが付けられたコンストラクターパラメータの検討。RedisのJavaクライアントであるJedis Clientを介したRedis Streamsのサポート。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。