BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース MicroProfile 4.0への道

MicroProfile 4.0への道

ブックマーク

原文(投稿日:2020/11/05)へのリンク

当初は2020年6月のリリースが予定されていたが、MicroProfile 4.0は、Eclipse Foundationによって義務付けられているEclipse Working Groupが設立されるまで延期された。2016年の開始以来、独立して運営されており、Javaコミュニティの献身的な貢献者のグループによる合計12のMicroProfileリリースがあった。2020年2月にリリースされたMicroProfile 3.3は、MicroProfileの最新バージョンだ。

Red HatのSmallRyeプロジェクトリーダであるRoberto Cortez氏は、MicroProfileコミュニティによる以前の仕事を振り返り次のように書いている:

これらの過去4年以上で、MicroProfileコミュニティは最も楽観的な期待を超えて成長しました。軽量プロセス、ベンダーニュートラル、透明性、説明責任、イノベーション、実装ファーストなど、MicroProfileの当初から一部であったコアバリューが、プロジェクト成功の鍵であると信じています。

2016年6月27日にRed HatのDevNation会議で紹介された、MicroProfileイニシアチブは、エンタープライズJava向けのマイクロサービスをデリバリーするベンダーのコラボレーションとして作られた。JavaOne 2016で発表されたMicroProfile 1.0リリースは、マイクロサービスを作成するために最小限と見なされる次の3つのJSRベースのAPIで構成されていた: JSR-365 - コンテキストと依存性注入 (CDI)、JSR-374 - JSON処理のJava API (JSON-P)、およびJSR-370 - RESTful WebサービスのJava API (JAX-RS)。

バージョン 1.0のリリース直後、MicroProfileはEclipse Foundationに参加し、このイニシアチブがベンダーニュートラルを維持し、一部のリソースを活用できるようにした。しかし、移行は簡単ではなかった。InfoQは次のようにレポートしている:

必要な事務処理はかなり面倒であり、MicroProfileが従うべきパッケージの命名規約、およびプロジェクトを公開するためのライセンスに関して議論が提起されています。

最終的に、貢献者はEclipse Foundationの命名標準に従うことを最終的に受け入れましたが、Foundationは、Eclipseプロジェクトの標準であるEPLではなく、ALv2でプロジェクトを公開することを受け入れました。

MicroProfile 1.3がリリースされるまでに、元の3つのJSRベースのAPIを補完する8つのコミュニティベースのAPIが、より堅牢なマイクロサービスベースのアプリケーションを構築するために作られた。4番目のJSRベースのAPIであるJSR-367 - JSONバインディングのJava API (JSON-B) は、MicroProfile 2.0のリリースで追加された。

MicroProfileコミュニティで開かれた数か月にわたる週次ミーティングの後、運営委員会とさまざまなレベルのメンバで構成されたMicroProfile Working Group (MPWG) 憲章は、9月にレビュープロセスを通過し、最終的に最初の2020年10月20日のMicroProfile運営委員会会議で承認された。MicroProfile運営委員会には、次の組織とJavaユーザグループ (JUG) が含まれる: Atlanta JUGIBMJelasticRed HatTomitribe

リリース計画によると、MicroProfile 4.0は、Jakarta EE 9の正式リリースのわずか10日前の2020年11月10日にリリースされる予定だ。MPWG憲章の草案作成中に、マイルストーンとリリース候補のリリースが許可された。2020年10月23日にリリースされたばかりのMicroProfile 4.0 RC1には、コミュニティで開発された8つのAPIのアップデートが含まれている。

4つのMicroProfile JSRベースAPI: CDI、JSON-P、JAX-RS、およびJSON-Bは、MicroProfile 4.0と同等のJakarta EE仕様に基づいている。

Red HatのシニアプリンシパルプロダクトマネージャであるJohn Clingan氏とMicroProfile 4.0の今後のリリースについてInfoQと話した。

InfoQ: コミュニティベースプロセスとして単独で4年間運営された後、MicroProfileワーキンググループが作られたことは、MicroProfileの今後にどのようなメリットをもたらすのでしょうか?

John Clingan氏: MicroProfileワーキンググループが作られた背後にある主な推進力は、仕様策定プロジェクトのためにEclipse Foundationによって特定された知的財産のギャップを埋めることです。そのため、MicroProfileがワーキンググループになった今、より多くの法的保護が実施されています。

ワーキンググループはまた、MicroProfileにより多くのプロセスを配置します。歴史的に、MicroProfileは最小限のプロセスと遅延バインディングの決定で迅速に動きました。これは非常に機敏なプロジェクトであり、非常に速いペースで仕様を提供しました。しかし、個人的には、(いくつかの) プロセスを追加することでプロジェクトにメリットをもたらすことができるようになっているように感じます。たとえば、運営委員会の投票が必要な仕様の計画には、より多くの考えと形式を前もって入れなければなりません。より良い計画により、実装者、ツールベンダーおよびコミュニティは、今後の準備についてより前もって把握できます。ただし、プロセスを最小限に抑えるために、MicroProfile憲章で「制限されたプロセス」を体系化しました。

InfoQ: 2018年と2019年に3、4個の新しいリリースがありました。新しいワーキンググループの成果として、MicroProfileのリリーススケジュールは変更されますか?

Clingan氏: 2月、6月、10月の3つのリリースを正式に計画し、デリバリーしました。通常、6月はメジャーリリースおよび潜在的に下位互換性のないリリース用に予約されています。ワーキンググループの結成は間違いなくスケジュールに影響を与えました。MicroProfile 3.3は2月に、MicroProfile 4.0は11月か12月を対象に、今年2つのリリースを提供したいと考えています。MicroProfile 4.0から2021年2月までの期間が短すぎるため、来年は2つのリリースがあると思います。しかし、私たちはまだそれを突き詰めていません。現在はMicroProfile 4.0の提供にかなり注力しています。

InfoQ: MicroProfileワーキンググループ憲章を作成する上で最も重要な課題は何でしたか?

Clingan氏: 大きな課題は、動きの速いアジャイルプロジェクトから、ワーキンググループが必要とするプロセス構造への適合に切り替えることでした。コミュニティは一貫して3回の年次リリースを提供していたため、既存の文化を可能な限り維持したいと考えました。それは、私たちがすでに運営していた方法に最小限の価値を追加したため、形式とプロセスを最小限に抑えたい場所を見つけ出していました。また、他のプロセスも付加価値をもたらしたため、それらを採用していました。

また、MicroProfileとJakarta EEが同じワーキンググループに存在するべきか、それとも2つの別々のワーキンググループとして存在するべきかについて多くの議論がありました。結果は2つの別々のワーキンググループになりますが、2つのワーキンググループ間の調整について引き続きディスカッションします。

InfoQ: MicroProfileワーキンググループ憲章の運営委員会メンバ、コミッタ、貢献者の違いを読者に説明していただけませんか?

Clingan氏: MicroProfileの運営委員会には法人、コミッタ、ゲストメンバがいます。

  • 法人会員は、MicroProfileの前進に直接関与したい組織であり、年会費を通じてワーキンググループにも資金を提供しています。
  • 法人会員に雇用されていないMicroProfileコミッタであるコミッタメンバも1人います。その数は将来増加する可能性があります。
  • ゲストメンバはMicroProfileのサポートを示したいと考えており、通常は何らかの形で関与しています。たとえば、Webサイトに組織のロゴを表示したいというようなことです。

総称して、法人およびコミッタメンバは、仕様リリースを作成/承認し、憲章を修正するための拘束力のある投票権を持っています。他のすべてはコミュニティで行われます。より完全な説明は憲章にあります。

MicroProfileコミッタは、コードリポジトリへのコミット権を持っている人です。すべてのEclipse Foundationプロジェクトと同様にそれは実力主義です。

憲章は「貢献者」を明示的に公式化するものではありません。ワーキンググループとして、貢献者は、ホワイトペーパの作成やマーケティングなど、必ずしもコードではない方法でMicroProfileに貢献する人と見なされます。MicroProfileは、MicroProfileの成功に不可欠であるため、コーディング以外の貢献者の関与に重点を置いています。

InfoQ: 組織やJUGはどのようにしてMicroProfileを後援または貢献できますか?

Clingan氏: 最善の方法は、Googleグループに参加して、会話に参加し始めることです。あなた自身 (またはあなたの組織) と興味のある分野を紹介してください。他のすべてで貢献とスポンサーシップはそこに流れます。MicroProfileカレンダーでスケジュールされている個別の仕様会議またはライブハングアウトに気軽に参加してください。

最近では、Eclipse Foundationの従業員で構成される米国法人の非営利企業であるEclipse Management Organization (EMO) が、MPWG憲章を受け入れEclipseワーキンググループのコレクションに追加された。

リソース

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。