BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Amazon Redshiftのクロスデータベースクエリとデータ共有がGAに

Amazon Redshiftのクロスデータベースクエリとデータ共有がGAに

ブックマーク

原文(投稿日:2021/03/19)へのリンク

Amazon Redshiftのユーザは、クロスデータベースクエリを実行し、Redshiftクラスタ間でデータを共有できるようになった。これは、AWSがこれらの拡張機能を一般ユーザ向けにリリースしたことによる。

Redshiftユーザは、ビジネス上の懸念、開発環境、成熟度などを分離する複数のデータベースを作成することがよくある。さらに、ユーザはETLプロセスのさまざまなステージに合わせて個別のデータベースを作成することもある。通常、これらのデータベースは、インテグレーションとテストの目的で一緒に照会することが必要とされる。2020年後半にAmazonがプレビュー版でクロスデータベースクエリを導入するまで、ユーザは1回のクエリで2つ以上の異なるデータベースにクエリを実行できなかった。

クロスデータベースクエリは、RA3タイプのインスタンスでのみ利用できる。ユーザは、2つのデータベースの1つをS3にコピーし、他のタイプのインスタンスに対してRedshift Spectrumフェデレーションクエリを実行する必要がある。RA3タイプでないインスタンスでクラスタを実行しているユーザは、RA3タイプのインスタンスに移行する簡単なオプションがある。それによって、データベース間のクエリやその他の機能を使用できるようになる。現在はGAであるが、データベース間クエリにはいくつかの制限があり、ビューを作成することはできない。

データベースの分離と同様に、多くの組織は、課金、クラスタメンテナンス、セキュリティ、コンプライアンスの問題などのさまざまなビジネス要因に応じて、別々のRedshiftクラスタを使用する。Redshiftのデータ共有機能が使えるようになる前には、ユーザは1つのRedshiftクラスタから別のクラスタにデータをコピーしていた。2020年後半からプレビューされていたデータ共有により、Redshiftユーザは、あるクラスタから別のクラスタにデータをコピーまたは移動することなく、クラスタ間でデータを即座に共有できるようになった。データ共有は多くのレベルで機能する。ユーザは、スキーマ、テーブル、関数など、さまざまなレベルで他のクラスタとデータを安全に共有できる。

クロスデータベースクエリと同様に、データ共有もRA3タイプのインスタンスでのみ使用できる。これらの機能は、AWS Nitroシステムで動作する次世代のRedshiftインスタンスで利用できる。RedshiftのRA3タイプのインスタンスは、Snowflakeに挑戦するために立ち上げられ、ストレージとコンピューティングを分離するという同じ指針に基づいて構築されている。Amazonは、レガシーRedshiftインスタンスの既存顧客をRA3インスタンスに移行することに注力している。ユーザがRedshiftの最新の開発を最大限に活用できるようにするためである。

RA3インスタンスタイプの進歩を続けて、2021年の初めに、Amazonは、GovCloud(US)リージョン向けにRA3.16xlargeおよびRA3.4xlargeインスタンスタイプをリリースした。また、すべてのAWSリージョンでRA3.xlplusをリリースした。Redshiftは、管理対象ストレージのクォータを2倍にし、ノードあたり128TBにした。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。