BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース AWSがAmazon Elastic File Systemの低コストストレージクラスを発表

AWSがAmazon Elastic File Systemの低コストストレージクラスを発表

ブックマーク

原文(投稿日:2021/03/17)へのリンク

先頃、AWSは新しいAmazon Elastic File System (Amazon EFS) One Zone ストレージクラス発表した。これは、既存のAmazon EFS ストレージクラスと同じ機能と利点を提供しながら、ストレージコストを47%削減する。One Zone ストレージクラスを使用すると、顧客は単一のアベイラビリティーゾーン(AZ)内にデータを冗長的に保存できる。

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) は、企業がストレージをプロビジョニングまたは管理することなくファイルデータを共有できるようにする、シンプル、サーバレス、セットアンドフォーゲット (set-and-forget) の弾力性のあるファイルシステムを提供する。以前は、AWSはAmazon EFSの顧客に標準ストレージクラスオプションのみを提供していた。これは、地理的に離れた複数のアベイラビリティーゾーンにデータストレージを冗長的に提供していた。このオプションは、提供される高レベルの可用性と永続性が不要な場合に、大きなコスト要因になる可能性がある。2つの新しいシングルAZストレージクラスであるAmazon EFS One ZoneとOneZone-Infrequent Access (One Zone-IA) により、顧客は低コストバージョンを選択するオプションを利用できる。

One Zoneストレージクラスを使用するファイルシステムは、AWS Backupを使用した自動バックアップポリシーで構成され、追加レベルのデータ保護を提供し、リージョン内で3つのAZに複製し、任意のAZで復元するか、別のリージョンにコピーする。さらに、EFS One Zone Storageクラスは、弾力性、シンプルさ、スケーラビリティ、ライフサイクル管理などの標準ストレージクラスと同じ機能を維持しながら、スリーナインの可用性SLAを提供する。

One Zoneストレージクラスは、地理的に離れた複数のAZに冗長的データストレージを提供するリージョンのAmazon EFSストレージクラスが提供する可用性と永続性を必要としない顧客のワークロードとアプリケーションに最適だ。AWSのプリンシパルデベロッパーアドボケイトのChanny Yun氏によるAWS Newsのブログ投稿によると:

One Zoneストレージクラスは、開発、ビルド、ステージング環境などのワークロード、および分析やシミュレーション、メディアトランスコーディングなどのアプリケーションに最適です。これらのアプリケーションは、Amazon EFS標準ストレージクラスの最高の可用性と永続性を必要としません。また、レプリカ、オンプレミスデータのセカンダリコピー、簡単に再作成できるデータ、Amazon EFSの標準のストレージクラスのマルチAZレジリエンスに依存する必要のない組み込みのレプリケーションと高可用性機能を備えたアプリケーションの保存にも最適です。

ユーザは、Amazon EFSコンソールAWSコマンドラインインターフェース (CLI)、またはAWS SDKを使用して新しいファイルシステムを作成することにより、One Zoneストレージクラスを活用できる。たとえば、Amazon EFSコンソールから「ファイルシステムの作成 (Create file system)」をクリックし、選択した「可用性と永続性 (Availability and Durability)」オプションで「One Zone」を選択し、AZを選択して、自動バックアップやデフォルトのライフサイクル管理ポリシーなどの推奨設定でファイルシステムを作成できる。

 
出典: https://aws.amazon.com/blogs/aws/new-lower-cost-one-zone-storage-classes-for-amazon-elastic-file-system/

One Zoneストレージクラスは、Amazon EFS Standardストレージクラスと同じ機能、API、およびコンソールエクスペリエンスを提供することに注意してください。これにより、ユーザはインスタンス、コンテナ、サーバレスまたはAWS Direct ConnectまたはAWS VPNを介してオンプレミスサーバの共有ファイルストレージを作成しアクセスできる。

AWSのプレスリリースで、AWSのファイル、エッジ、データサービス担当副社長のWayne Duso氏は次のように述べている:

Amazon EFSの構築に着手したとき、最高レベルの永続性と可用性を提供するために、マルチアベイラビリティーゾーンの冗長性を備えて設計しました。また、復元力の要件が低いワークロードには、より低コストのファイルストレージオプションが必要であると顧客から聞いています。Amazon EFS用の新しいOne Zoneストレージクラスは、リージョンのAmazon EFSストレージクラスと比較してストレージコストのほぼ50%を削減し、さまざまなワークロードに対応するためのさらに安価なファイルストレージオプションを顧客に提供します。

また、AWSの著名なエンジニアであるMatthew Wilson氏は、ツイートで次のように述べている:

私たちは常に、できる限りの方法でパフォーマンスの向上に取り組んでいます。One Zoneストレージクラスを使用すると、特に小さなファイル/メタデータ操作で遅延を増加させる可能性のある一部のネットワークトラフィックが排除されます。しかし、スタンダードでも変更なしで改善されていることに気付くかもしれません。

One Zoneストレージクラスは現在、米国、ヨーロッパ、アジアのさまざまなAWSリージョンで利用可能で、今後さらに他のリージョンが続く予定だ。EFSおよびさまざまなストレージクラスの価格情報は、価格ページで入手できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。