BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Amazonがフルマネージドブロックチェーン向けのEthereumを発表

Amazonがフルマネージドブロックチェーン向けのEthereumを発表

ブックマーク

原文(投稿日:2021/03/11)へのリンク

フルマネージドブロックチェーンサービスの一般向け提供を発表してから2年後AmazonはEthereumのサポートによりサービスを拡張した

Ethereum on Managed Blockchainを使うと、開発者はインフラストラクチャのセットアップと運用の複雑さに対処することなく、Ethereumノードを簡単にインスタンス化できるとAmazonは言っている。これにより、データが保存中と転送中に暗号化されていることを確実にし、ノードの状態監視と交換、必要に応じたノードのスケーリングが行われる。

最新の発表により、Amazon Managed Blockchainは、Hyperledger FabricとEthereumの2つのブロックチェーンフレームワークの選択肢を提供する。Hyperledger Fabricは、厳格なプライバシーとアクセス制御を備えたアプリケーションに適している。一方で、Ethereumは、データの透明性が重要な高度に分散されたネットワークに適している。

Ethereumノードを使用すると、Ethereumブロックチェーンとインタラクションする分散型アプリケーション(dapps)を開発し、使用することができる。dappの「バックエンド」はスマートコントラクトである。これは、Ethereumネットワークに参加しているすべてのノード間で分散的に実行される。ネットワークに参加している人は誰でも、機能を追加するスマートコントラクトを開発し、デプロイすることができる。

独自のネットワークを作成するだけでなく、Ethereum on Amazon Managed Blockchainを使用すると、パブリックEthereumメインネットネットワークに接続したり、RinkebyやRopstenなどのネットワークをテストしたりすることもできる。

EthereumノードはAWS管理コンソールと完全に統合されている。これにより、ノードを作成・削除し、サポートするすべてのJSON-RPCエンドポイントなどの実行中のノードに関する情報を取得できる

Ethereum on Managed Blockchainはeth_sendRawTransactionメソッドのみをサポートする。このメソッドでは、ノードに送信する前にトランザクションを作成して署名する必要がある。Managed Blockchainには、Ethereumウォレットアプリケーションのようなトランザクションに署名する方法がない。

ノードを作成したAWSアカウントの承認済みIAMプリンシパルのみが、APIを使ってノードとやり取りできる。サポートされているAPIメソッドのリストはここにある。

Ethereumは分散型ブロックチェーンフレームワークである。ピアツーピアネットワークを確立してスマートコントラクトを安全に実行し、検証する。これにより、参加者は信頼できる中央機関なしで検証済みのトランザクションを実行できる。ブロックチェーンの哲学に沿って、トランザクションは不変で検証可能であり、ネットワーク全体に安全に分散される。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。