BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース 最高裁判所は、GoogleによるJava APIの使用は公正利用であると判決

最高裁判所は、GoogleによるJava APIの使用は公正利用であると判決

ブックマーク

原文(投稿日:2021/04/05)へのリンク

アメリカ合衆国最高裁判所は、GoogleによるJava APIの使用は、本日下された判決において公正利用であると宣言した。この最後の訴訟は10年分の物語の終わりになる可能性がある。これは、OracleがAndroidオペレーティングシステムで使用するためにJava APIをコピーしたことは公正利用でないとGoogleに申し立てたものである。この訴訟は2020年10月に審理されたが、判決は本日、2021年4月5日に伝えられた。

GoogleはAndroidプラットフォームを作成するためにJava APIのサブセットを使用した。それによって、開発者にプログラミングのための使い慣れたAPIサーフェスが提供され、当時の環境を後押しした。コード自体はOpen JDKからのコピー(GPLの下でライセンスされている)ではなかったが、Oracleは、APIの定義は著作権によって保護されているため、Googleは、たとえソースコードを直接コピーしなかったとしても、定義をコピーすることに対して過失があると主張していた。

最初の訴訟は2010年8月13日に下級裁判所に提起され、2012年5月31日まで続いた。陪審員は特許侵害は発見されなかったと判断し、裁判官はAPIは著作権で保護されていないと判断した。Oracleは上訴し、API全体がより大きな取り組みに組み込まれているため著作権で保護されていると訴えた。これが公正利用であるかどうかの判断が再審理に委ねられた。

2回目の訴訟は、2016年5月9日に地方裁判所に提起され、2016年5月26日に、公正利用であると判決が下された。Oracleは上訴した。この控訴は、2018年3月27日に、GoogleによるAPIの使用は公正利用ではなく、損害賠償を決定するために事件に戻されるべきであるとの判決が下された。Googleはこの判決に対して上訴し、2020年3月24日に訴訟が提起された。パンデミックのため、この控訴は2020年10月7日まで審理されなかった。

この10年間の戦いの最終結果は、使用されたAPIは全くの公正利用であるということであった。

その決定を検討する際に、議論をしやすくするために、その対象が著作権で保護されていると仮定します。しかし、ここで問題となっているコピーは、それでも公正利用であると私たちは考えています。したがって、Googleのコピーは著作権法に違反していません。

判決は、対象が著作権で保護されていることを前提として行われたため、API自体が著作権で保護されているかどうかの決定に同意したかどうかについては述べられていない。ただし、API自体が著作権で保護されている場合でも、そのAPIを再実装することは公正利用であるため、著作権の侵害にはならない。

判決:GoogleによるJava SE APIのコピーには、プログラマーが蓄積した才能を新しい革新的なプログラムで機能させるために必要なコード行のみが含まれていました。それは法律の観点から、その対象の公正利用でした。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。