BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Javaニュース総まとめ - 2021年5月3日週

Javaニュース総まとめ - 2021年5月3日週

Lire ce contenu en français

ブックマーク

原文(投稿日:2021/05/11)へのリンク

今週のJavaニュース総まとめは、OpenJDKからのニュース、Kotlin 1.5のGAリリース、Eclipseプロジェクトのポイントリリース、Micronaut Coherence 1.0.0-M1、Quarkus-2.0.0-Alpha2、Springプロジェクトの更新、Jakarta EEとPayara Platform 2021の開発者アンケートを取り上げている。

OpenJDK JEPにとってはJEP 415だけの静かな週だった: コンテキスト固有の逆シリアル化フィルタがドラフトから候補ステータスに昇格した。(JEP 290に基づいた) 受信シリアル化データのフィルタリングは、このJEPが信頼できないデータの逆シリアル化の問題に対処する。アプリケーションは、個々の逆シリアル化操作ごとに、コンテキスト固有で動的に選択された逆シリアル化フィルタを選択および構成してJVM全体のフィルタファクトリを呼び出すことができる。

2021年の最初のメジャーリリースであるKotlin 1.5.0は、先週JetBrainsによって利用可能になり、レコード、Sealed Interface、インラインクラスなどのJava機能がサポートされた。過去数か月で進行中の新しいJVM IR バックエンドが、Kotlinのデフォルトコンパイラになった。InfoQは、この最新リリースに関する詳細なニュース記事を公開した。

Eclipseは約18か月間に見つかった約25個のバグ修正を提供するメンテナンスリリースのMojarra 2.3.15をリリースした。Jakarta Server Faces 2.3仕様の実装であるMojarraは、MVCサーバサイドレンダリングフレームワークだ。バグ修正の完全なリストは、プルリクエストページにある。

Eclipseは、ユーザガイドを更新してJDK 11の追加サポートを特徴とするJersey 3.0.2のメンテナンスリリースもリリースした。JAX-RS (JSR-370) の実装であるJerseyは、RESTful Webサービスとクライアント開発をさらに簡素化するための追加機能とユーティリティを含むRESTフレームワークだ。

Object Computing Inc. (OCI) は、MicronautOracle Coherenceの新しい統合プロジェクトであるMicronaut Coherence 1.0.0-M1をリリースした。新しいモジュールである micronaut-coherence は、次のものを提供する: 一般的に使用されるCoherenceオブジェクトのファクトリ。Micronautイベントリスナを介したCoherenceサーバおよびクライアントサイドでのイベントのサポート。Coherenceトピックを使用したMicronautメッセージングのサポート。開発者が新しいプロジェクトを開始するためのサンプルアプリケーションを利用可能に。OCIは、2021年6月に予定されているCoherence CE 21.06のリリースと同時に最終リリースを計画している。

Javaコミュニティからのフィードバックに基づいて、RedHatはコード変更中に継続的フィードバックを提供する新しい継続的テスト機能の改善と修正したQuarkus 2.0.0.Alpha2をリリースした。Quarkus 2.0はVert.x 4.0MicroProfile 4.0をサポートし、SmallRyeコンポーネントに大きな変更が加えられている。

春にかけて、Spring Framework、Project ReactorとSpring Boot上に構築されたSpring Cloud Gatewayプロジェクトは、Kubernetesプラットフォーム用に拡張されたKubernetes用のSpring Cloud Gatewayとして知られるこの新しいライブラリは、開発者がKubernetesクラスタにYAML構成オブジェクトを適用して、APIゲートウェイサービスのデプロイメントを自動化することができる。

バージョン5.5.0-RC1リリースの後、Javaコミュニティのフィードバックに基づいてAPIがさらに改良されたSpring Security 5.5.0-RC2がリリースされた。これにより、2021年5月に予定されているGAリリースのAPIが完成する。詳細についてはリリースノートにある。

当初2021年4月30日に予定されていたJakarta EE Developer Surveyの終了日は、2021年5月31日まで延長された。このアンケートの目的は、Java開発、クラウドネイティブおよびJakarta EEアプリケーションの展望をJavaコミュニティに提供するためだ。

Payaraは、3月と4月に実施されたPayara Platform 2021アンケートの結果を発表した。主要なアンケート結果によると、開発者はInfrastructure as Code、Grafanaダッシュボード、プラットフォームのモジュール性、およびドメインのアップグレードを見たいと考えている。詳細については、最終アンケートレポートが利用可能だ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT