BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Javaニュース総まとめ - 2021年5月17日週

Javaニュース総まとめ - 2021年5月17日週

ブックマーク

原文(投稿日:2021/05/25)へのリンク

今週の総まとめは、JDK 17を対象としたOpenJDK JEP、Helidon、Quarkus、Open Liberty、Hibernateのポイントリリース、さまざまなSpringプロジェクトの活発な活動からのニュースを取り上げる。

一部のJEPとJDK 17早期アクセスビルドが更新されたことで、OpenJDKでは忙しい週だった。ビルド 23というラベルの、さまざまな問題の修正を含むビルド 22からの多数の変更がある。

2つのJEP、JEP 412: Foreign Function & Memory API (Incubator) とJEP 414: Vector API (Second Incubator)提案から対象となる対象ステータスに昇格し、9月のJDK 17 GAリリースを対象としたJEPの更新リストが作成された:

まだ検討中だが、最近候補から対象への提案ステータスに昇格したJDK 17のJEPが提案された:

詳細はリリースノートに記載される、開発者はJava Bug Databaseを介してバグを報告するが推奨されている。

Oracleは、Oracle Cloud Infrastructureとのクラウド統合、HashiCorp VaultMicrometer仕様のサポートなど、新機能と拡張機能を備えたHelidon 2.3.0をリリースした。Neo4Jとの統合もある。

Quarkus 2.0への道のりで、Red HatはGraalVM 21.1.0SmallRye GraphQL Clientのサポートを特徴とするバージョン 2.0.0.Alpha3をリリースした。SmallRyeコンポーネントの主要な変更と、Vert.x 4.0およびMicroProfile 4.0のサポートに加えて、Quarkus 2.0は、コード変更中に継続的なフィードバックを提供する新しい継続的テスト機能を導入する。InfoQは、継続的テストに関連する詳細なニュース記事をフォローアップする。

The latest monthly release of Open Liberty 21.0.0.5 features support for JDK 16, LDAP connection support for Kerberos authentication, multipart payloads for JAX-RS, and notable bug fixes.

Open Liberty 21.0.0.5の最新の月次リリースは、JDK 16のサポート、Kerberos認証のLDAP接続サポート、JAX-RSのマルチパートペイロード、および注目すべきバグ修正を特徴としている。

Hibernate ORM 5.5.0への道のりで、Hibernateはバグ修正といくつかのマイナーな改善をしたバージョン 5.5.0.Beta1をリリースした。これは、最終的にJakarta Persistence 3.0仕様をサポートするための進行中の作業です。この進行中の開発の一環として、-jakartaサフィックス (例: hibernate-core-jakarta) を使用した新しいアーティファクトが導入された。詳細については、Webサイトの「What's New」セクションに記載されている。

そして最後に、いくつかのプロジェクトのメジャーとマイナーポイントリリースがJavaコミュニティで利用できるようになったため、Springは非常に忙しい週だった。

Spring Boot 2.5は、JDK 16とGradle 7のサポート、強化されたDockerイメージ構築、およびデータソース初期化の新しいメカニズムを特徴としている 詳細については、リリースノートに記載がある。

Spring Bootに関して、Spring Boot 2.3.11Spring Boot 2.4.6のマイナーポイントリリースで、それぞれ52のバグ修正84のバグ修正があり、両方のバージョンのドキュメントの改善と依存関係のアップグレードが含まれている。

Spring Security 5.5は、次のような重大な変更とともに利用可能になった: DelegatingAuthorizationManagerクラスの名前をRequestMatcherDelegatingAuthorizationManager変更ResourceKeyConverterAdapterクラスのインライン化。後者は、Spring BootアプリケーションでConversionServiceインターフェースを使用した構成の単純化が不要になった。詳細については、ドキュメントの「What's New」セクションに記載されている。

Spring Integration 5.5がリリースされた。これは、GraalVMネイティブイメージにSpring Bootアプリケーションを変換する実験的なプロジェクトであるSpring Nativeのサポートを特徴としている。重大なバグ修正を含むSpring Integration 5.4.7のパッチリリースもある。詳細については、ドキュメントの「What's New」セクションに記載がある。Spring Integration 5.5の移行ガイドには、重大な変更の可能性に関する情報が記載されている。

Spring Integrationに関して、Spring Cloud for AWSからSpring BootアプリケーションのAWSサービスのサブセットをサポートする独自のエンティティであるSpring Cloud AWSへの移行を特徴とするSpring Integration for AWS 2.5のリリースがあった。

Spring BatchSpring AMQPSpring for Apache Kafkaプロジェクトのバグ修正、改善、依存関係が更新されたマイナーポイントリリースが先週利用可能なった:

Spring Web Services 3.1.1は、.RELEASE拡張子が削除された新しいバージョン管理スキームの下でリリースされた。依存関係のアップグレードには、Spring Framework 5.3.7とSpring Security 5.5.0が含まれる。Webサービスチームは、JDK 8およびJDK 11でのテストを補完して、JDK 16でテストするようになった。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。