BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Android Studio 4.2には最新のIntelliJ IDEAが導入され、開発者エクスペリエンスが向上

Android Studio 4.2には最新のIntelliJ IDEAが導入され、開発者エクスペリエンスが向上

ブックマーク

原文(投稿日:2021/05/05)へのリンク

Android Studioの最新リリースでは、IntelliJ IDEAプラットフォームが最新になり、開発者のエクスペリエンスを向上させることを目的とした多くの機能が導入されている。Android Studio 4.2には、開発者がプロジェクトをアップグレードして最新のAndroid Gradle Plugin APIを簡単に利用できるようにする移行アシスタントも含まれている。

最新のIntelliJ IDEAでは、Javaサポート、エディター、バージョン管理、サードパーティフレームワークサポートの分野で多くの改善が導入された。

特に、IntelliJ IDEA 2020.2は、RecordsSealed Classesテキストブロックなど、昨年9月にリリースされたJava 15を完全にサポートしている。また、オンザフライのコンパイラヒントと例外分析を改善しており、変数リファクタリングなどを拡張している。バージョン管理に関しては、IntelliJ IDEA 2020.2を使用すると、PRの参照や割り当てから、そのマージまで、GitHub PRワークフロー全体を処理できる。

開発者がAndroid Studio 4.2を簡単に採用できるようにするために、Googleは新しいAndroid Gradleプラグイン(AGP)アシスタントを作成した。これは、最新のAndroid Studioに含まれる既存のプロジェクトをAGP 4.2に移行するプロセスを簡素化することを目的としている。

アシスタントを使用すると、プロジェクトで実行されるコマンドを切り替えることができます。それにより、より高いバージョンのAGPにアップグレードし、AGPアップグレードの影響を受けるファイルを正確にプレビューし、最終的に非推奨の構成をグローバルに更新できます。

Android Gradleプラグイン4.2では、特にWindowsマシンでのリソースのコンパイル時間を改善している。そして、APK v3とAPK v4の署名フォーマットのサポートを導入する。

新しいアシスタントは、次回のAndroid Gradleプラグイン7への移行を容易にすることも目的としている。現在アルファ版のAGP 7では、androidComponentsブロックなど、AGP4.1および4.2で実験的に導入された多数の新しいAPIを安定化される。AGP 7は、サポートするJavaバージョンをJava 11以上に引き上げ、セマンティックバージョニングを採用する。同時に、バージョン番号をGradleに合わせる。そのため、AGP 7.xはGradle 7.xと連携するように設計されており、Android Studioのバージョン管理には従わない。

Android Studio 4.2の他の注目すべき変更点は、新しいプロジェクトウィザードとモジュールウィザード、データベースインスペクターの改善、トレースサポートの改善、システムトレースの改善などである。

既存のインストールをアップグレードするか、新しくダウンロードすることで、最新のAndroid Studioを入手できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。