BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース MicrosoftがLogic App Standardの一般向け提供を発表

MicrosoftがLogic App Standardの一般向け提供を発表

ブックマーク

原文(投稿日:2021/06/08)へのリンク

Microsoftは、毎年開催されるBuild会議で、Logic App Standardの一般向け提供(GA)を発表した。これは、統合Platform as a Service(iPaaS)製品の最新版である。Logic App Standardは、顧客がどこでもワークフローを実行できるようにする新しいシングルテナント製品である。

同社は昨年、Azure Functionsの拡張性モデルに基づいてLogic App StandardをLogic Appプレビューとして導入した。それ以来、Microsoftは新しいLogic Appバージョンを使って、さまざまなブランチの業界クライアントと集中的に協力し、コミュニティからフィードバックを受け取り、GAのリリースに至った。

GAリリースでは、パブリックプレビューにLogic App Standardというラベルが付けられており、次のものが含まれる。

  • ステートフルおよびステートレスのワークフローの作成 - 後者は、アクション間で状態を保持するためにストレージを必要としないLogic Appsの新しいワークフロータイプである
  • ワークフローをコンテナーでホストし、どこにでもデプロイできる機能。
  • ランタイムに組み込まれた新しいコネクタモデル。Service Bus、Event Hubs、Blob、SQL、MQなどの最も共通的なコネクタに対する高い性能を提供する。さらに、開発者がカスタムコネクタを構築できるようにする新しい拡張性モデルもある。
  • 新しいレイアウトエンジンを備えた新しいデザイナー。完全なドラッグアンドドロップ、エクスペリエンス全体を整理するための新しい専用編集ペイン、オーサリングを容易にするための新しいアクセシビリティやその他のジェスチャーを使って、より複雑なワークフローをより高速にレンダリングできる。
  • オーサリング用の新しいVisualCode拡張機能。開発者は、ローカルマシンでのデバッグとテストをすばやく実行し、ブレークポイントを設定し、フライト中の変数値を調べることができる。
  • Logic Apps Standardでワークフローをパラメーター化して、デプロイメントパイプラインに特定の環境値を設定する機能。

 
出典: https://techcommunity.microsoft.com/t5/azure-developer-community-blog/azure-logic-apps-announcement-ga-of-single-tenant-standard-sku/ba-p/2382460

AzureクラウドアーキテクトのChris Reddington氏は、新しいLogic Appバージョンに関して広くブログ投稿に書き込み、次のように結論付けた。

ローカルで開発できるだけでなく、ローカルでテストすることもできます。繰り返しになりますが、Azure FunctionsランタイムとCore Functionsツールのおかげで、開発の内部ループ用にローカルバージョンのLogic Appsワークフローを実行できます。

Microsoftは、Logic Appsを使って、消費というラベルの付いたマルチテナントオプションとしてiPaaSサービスを提供するようになった。Integration Service Environment(ISE)(これもマルチテナントと同じランタイムをベースとしている)は2番目の専用オプションであり、3番目のオプションは新しいシングルテナントバージョンである。各オプションには利点があり、さまざまなシナリオとワークロードを対象としている。Microsoftのドキュメントによると、オプションを比較すると、マルチテナントから始めるのが最も簡単であり、一方でISEはエンタープライズワークロードを対象としており、シングルテナントはどこでもワークフローを実行するためのものである。

Azure Logic AppsのプログラムマネージャーであるDerek Li氏は、オンデマンドのBuildセッションで次のように述べている。

ランタイムは、Logic Appサービスが最初に一般向けに提供された5年前にマルチテナント実装として開始された。しかし、昨年、チームは、ローカル開発やデバッグなどのシナリオで、Azureの専用のコンピューティング環境で、あるいはDockerやKubernetes環境で実行するために、再ホスト可能なコンテナ化されたシングルテナントランタイムにするための重要なアーキテクチャの変更に熱心に取り組んできた。

Logic App Standardは現在、すべてのMicrosoft Azureリージョンで利用でき、価格はWS1で月額$175.20からである。価格詳細については、価格設定と請求モデルのドキュメントページをご覧ください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT