BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース .NETニュースのまとめ: .NET 6、MAUI、EF Core 6、Visual Studio 2022

.NETニュースのまとめ: .NET 6、MAUI、EF Core 6、Visual Studio 2022

ブックマーク

原文(投稿日:2021/06/21)へのリンク

Visual Studio 2022の最初のプレビュー、新しいAzure SDKライブラリなどに加えて、.NET 6とそれに関連するフレームワーク (MAUIを含む) の新しいプレビューがリリースされ、.NETコミュニティにとって忙しい1週間だった。InfoQは、2021年6月14日の週から、これらと.NETエコシステム内のいくつかの小さなストーリーを調査した。

今週のハイライトは、.NET 6とそれに関連するフレームワークの新しいプレビューのリリースだ。.NET 6 Preview 5には、SDKワークロードという名称の新機能の改善が含まれている。Microsoftの.NETチームのプログラムマネージャであるRichard Lander氏によると、これは、.NET統合ビジョンの基盤であるとのことだ。この新機能により、開発者に、SDKのサイズを増やすことなく新しいアプリケーションタイプ (モバイルやWebAssemblyなど) のサポートを追加できるようにする。新機能の改善点は、2つの新しい listupdate の動詞が含まれていることだ。これにより、11月の一般提供リリースで期待される最終的なエクスペリエンスの感覚が得られる。.NET 6 Preview 5のその他の機能には、NuGetパッケージの検証より多くのRoslynアナライザMicrosoft.Extensions APIの改善 (ホスティングと依存性注入に重点を置く)、WebSocket圧縮などがある。また、Lander氏によれば「.NET 6 Preview 5は、機能の幅と量の点で、おそらくこれまでで最大のプレビューです」とのことだ。新しいプレビューに含まれるすべての機能の包括的なリストは、公式リリース投稿にある。

ASP.NET Coreフレームワークは、.NET 6 Preview 5でも大幅に改善された。このリリースの最も重要な機能の1つは、ランタイムの再リンクによるBlazor WebAssemblyのダウンロードサイズの削減だ。開発者は、.NET WebAssemblyツール (.NET WebAssembly AOTコンパイルにも使用されるのと同じツール) を使用してランタイムを再リンクし、不要なロジックを削除して、ランタイムのサイズを大幅に削減できるようになった。Microsoftによると、サイズの縮小は、不変のグローバリゼーションモードを使用する場合と特に関係があるとのことだ。新しいリリースのその他の機能には、dotnet watch の.NET Hot Reloadの更新、HTTPヘッダの取得と設定の高速化、Angular 11とReact 17に更新されたASP.NET Core SPAテンプレートが含まれている。

MAUIチームは、今後のUIフレームワークの新しいプレビューもリリースした。.NET MAUI Preview 5には、ActivityIndicatorCheckBoxImageStepperなどのXamarin.Formsのレンダラーアーキテクチャから移植された.NET MAUIと新しいコントロールの導入と基本的な側面をカバーする新しいドキュメントが含まれている。このリリースのもう1つの新機能は、URIナビゲーションとフライアウトメニューとタブを実装するための迅速な方法を提供するアプリケーションコンテナであるShellの導入だ。.NET MAUI Preview 5には、単一のプロジェクトテンプレートのアニメーションと更新も含まれている。

Entity Framework Core 6 Preview 5も今週リリースされた。新しいプレビューには、コンパイルされたモデルの最初のイテレーションが含まれている。これは、アプリケーションの起動時間を大幅に短縮する機能だ。コンパイルされたモデルがどのように機能するかについての詳細な説明は、Microsoftにオリジナルのブログ投稿がある。EF Core 6について詳しく知りたい場合は、InfoQのJeremy Likness氏へのインタビューをここで確認できる。

Visual Studioチームは、WindowsのVisual Studio 2019 (v16.11 Preview 2) の新しいプレビューとVisual Studio 2022の最初のプレビューの両方をリリースした。Visual Studio 2019 16.11 Preview 2には、以前のプレビューリリースに対する安定性とセキュリティの修正が含まれている。Visual Studio 2022 Preview 1の開発チームの目標は「新しい64ビットプラットフォームのスケーラビリティをテストおよび調整すること」であり、このリリースのアップグレードのほとんどは64ビットのサポートに関連し、Preview 2以降、新機能とパフォーマンスの向上が見込まれる。Visual Studio 2019 v16.11が2029年4月までサポートされるVisual Studio 2019の最終バージョンになることにも注意が必要だ。

Azure開発チームは、Azure Data TablesAzure Monitor (ベータ) の2つの新しいライブラリもリリースした。Azure Data Tablesライブラリを使用すると、NoSQLデータをクラウドに保存するために使用されるAzure Tableサービスにアクセスできる。Azure Monitorは、ログとメトリックの両方に使用できるクラウドおよびオンプレミス環境向けのデータ収集サービスだ。どちらのライブラリも、Azure SDKの最新リリースで利用できる。このリリースには、Azure Cognitive Search (安定版) とAzure Communication Services (プレビュー) の新しいバージョンも含まれている。最新のAzure SDKリリースはすべて公式リリースページにある。

今週の他の重要なリリースには、.NET Frameworkの累積的な更新プレビューが含まれ、品質と信頼性向上とAzure DevOps Serverのパッチが含まれている。PeachPieコンパイラ (.NETとRoslyn上に構築されたPHP言語の実装) も、PHP 8.1構文のサポートといくつかのバグ修正を含むマイナーバージョンアップデート (v1.0.6) をリリースした。

MicrosoftのプログラムマネージャであるRichard Lander氏は、彼の一連の「会話」の新しい投稿をリリースした。これは、本質的に、特定のトピックについて複数のチームメンバーとの議論だ。今週公開された新しい会話はネットワーキングに焦点を当てて.NETネットワーキングライブラリの最新 (.NET 5) および今後 (.NET 6) の変更を検討しているすべての.NET開発者にとって必読だ。

Bingチームの主任開発者であるBen Watson氏も、Bingのワークフローエンジンの.NET 5への移行について詳しく説明した魅力的な (そして包括的な) 投稿をリリースした。これは、複雑なアプリケーションを.NET 5に移行する開発者にとってもう1つの必読だ。Watson氏によると:

Bingは、世界最大、最も複雑、高性能、信頼性の高い.NETアプリケーションの1つを実行します。この投稿では、.NET 5にアップグレードするために必要な作業と、達成した大幅なパフォーマンスの向上について説明します。

 

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。