BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース 根本的な不確実性が人々に与える影響

根本的な不確実性が人々に与える影響

ブックマーク

原文(投稿日:2021/05/27)へのリンク

人間は確実性を求める。それは安心感を与えるためである。パンデミックが人々を混乱させたため、突然完全にチームが分散してしまった。Kara Langford氏によると、根本的な不確実性により、人々は危険にさらされていると思い込み、健康問題につながる可能性がある。人々は不確実性に対して、否定的であれ肯定的であれ、異なる反応をする。不確実性は、新鮮なアイデア、革新、社会的利益につながることも示されている。

イーストアングリア大学の大学院研究員 (PhD) であるKara Langford氏は、Aginext 2021で根本的な不確実性と、これが人々に与える影響について話した。

Langford氏は根本的な不確実性を次のように定義している。

極端な不確実性が起こると、少なくとも最初はかなり深刻になります。安定性を予測し、決定を下し、潜在的な結果を評価することがまったくできない状況を継続的に作り出してしまいます。

人間は可能な限り確実であることを本当に望んでいる。確実性は安全性と同義であるためである。このようにLangford氏は説明した。この状況に至る認知バイアスとヒューリスティックがいくつかある。たとえば「利用可能性ヒューリスティック」は、発生したことを簡単に思い出せるほど、再び発生する可能性が高くなる。

Langford氏は、物事が不確実になると、実際には差し迫った状況を表していない場合でも、脳は通常、自分が危険にさらされていると思い込んでいると述べている。

パンデミックの間、多くの人々が精神的および身体的健康問題を経験しました。その中にはウイルス自体に直接起因するものもありますが、過去1年間に発生した日常生活の無数の変化の結果として生じるものもあります。

パンデミックによるこの無数の変化は、人々に対する根本的な不確実性の影響の可能性がある。ただし、Langford氏が説明したように、すべての人が同じ状況に対してまったく同じように反応するわけではないことに注意してください。

さまざまな個々の要因に応じて、この「危険感覚」が不安などの潜在的に否定的な状態として(精神的または身体的に)現れるわけではありません。反対に身体活動や問題解決などの行動をとることで「危険感覚」を打ち消す人がいるかもしれません。これは、私たちが過去1年間に定期的に発生しているのを目の当たりにしている、アイデアやイノベーション、コミュニティアクション、ソーシャルグッドを通じて、人々にポジティブな影響を与える可能性があるものです。

InfoQは、根本的な不確実性について、Kara Langford氏にインタビューした。

InfoQ: 根本的な不確実性をどのように定義しますか。

Kara Langford氏: 重要なことは、不確実性の全体的な概念について、私たちは通常、選択肢と結果の評価のための時間を与えるために、起こり得る未来において一時的に想定しているが、距離感を感じる何かに目を向けています。根本的な不確実性は続いており、変化の可能性が高く、いつ変化が起こるかはまったく予測できません。

InfoQ: 根本的な不確実性は人々にどのような影響を与えますか。

Langford氏: 私たちは根本的に、パターン認識と因果関係の特定を実行するようにできています。これは、自然のサイクルを理解するために不可欠です。この理解により、私たちは、特定の食物がいつ入手可能であるか、または捕食者が近くにいる可能性があるかを知ります。私たちの脳のこの側面は、今でも私たちの行動の多くを引き起こしています。その結果、私たちは仮定を立て、私たちの脳が安全だと信じる行動を起こします。なぜなら、それによる結果に疑いを持っていないためです。

Covid-19のパンデミックにより、世界的な自然な実験が起こりました。このような実験は、私たちがほぼ100年間見ておらず、二度と体験したくありません(確信しています!)。この経験から学ぶとすれば、次に私たちは、さまざまなトピックの研究に着手する必要があると思います。私の研究がその一端を担うことを目指しています。アジャイルの世界で言いたいことですが、過去にやってきたことをスキップしないことが非常に重要です。


InfoQ: Aginextで、あなたはソフトウェア業界が根本的な不確実性にどのように対処しているかについての議論を推進しました。この議論でどのようなことがわかりましたか。

Langford氏: これは本当に素晴らしい機会で、人々と話すためのスペースを与えてくれたAginextに感謝しています。

基本的に、私が「根本的な不確実性」の意味について少し話した後、みんながこの1年間の経験について率直に話していました。ソフトウェア全体で組織に起こったことには、確かに極端な違いがあるように見えます。ほぼ完全に閉鎖しなければならなかったセクターでは、そのセクターで行われてきた活動に関して、仕事量が突然減少したものもありました。

チームを迅速に拡大しなければならない人もいました。ソフトウェアソリューションに支えられたサービスの需要が高まったためです。つまり、実際に会うことなく突然新しい同僚と一緒に仕事をしなければならず、時にはコミュニケーションの問題が発生しました。コミュニケーションは、アジャイルであるために絶対に不可欠な側面であると信じています。

セクターとして、私たちはリモートで働くことを可能にするテクノロジーの使用にすでに慣れています。しかし、これが個人の選択として起こるときと、好みに関係なく全面的な変化になるときとでは違います。突然完全にチームが分散したことは大きな混乱でした。そのため、このシナリオに適応し、効果的なコミュニケーション方法を作り上げる必要があります。

InfoQ: あなたは、根本的な不確実性がアジャイルな組織に与えた影響に関する博士号を取得している。この調査にはどのようなトピックが含まれているか。

Langford氏: 私は、世界的なパンデミックによって引き起こされた根本的な不確実性が、アジャイルソフトウェア組織におけるアジャイルの適用に影響を「与えたかどうか、そして、どのように与えたか」に興味を持っています (これは、従来に構造化された組織におけるアジャイルチームでなく、特に組織全体がアジャイルの精神で運営されている組織を意味します)。不確実性と複雑さが作業の実行に変化をもたらしたのか、もしそうなら、これが全体的なアジリティにどのような影響を与えたのか疑問に思っています。

たとえば、アジャイル宣言を尺度として使用する場合、状況を管理するためにそれらの概念のいずれかのゴールに向かってシフトしたでしょうか。顧客とのコラボレーションにさらなら柔軟性が取り入れられたでしょうか。それとも潜在的な財務リスクのために契約交渉がより重要になる必要があったのでしょうか。在宅勤務が大幅に増加したため、実際にこのプロセスをサポートするためのドキュメントの必要性が高まっているということでしょうか。より多くの計画を立てる必要が生じたでしょうか。それともアジャイルな組織が実際に「ハイパーアジャイル」になり、「ニューノーマル」で彼らと一緒に働くことができなかったため、彼らが持っていたプレイブックを捨ててしまったのでしょうか。

これらは必ずしも代表的なものではありませんが、私の脳が探求したいと望んでいる質問です。アジャイルコミュニティがどのように反応し、もっと安定した現実で作られた、私たちが持っているツールをどのように使っているかを見たいのです。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT