BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Eclipse IDE 2021-09がJava 17をサポート

Eclipse IDE 2021-09がJava 17をサポート

Lire ce contenu en français

ブックマーク

原文(投稿日:2021/10/19)へのリンク

Eclipse FoundationはEclipse IDE 2021-09を2021年9月15日にリリースした。主力プロジェクトの四半期ごとの更新である。プラグインによってJava 17をサポートし、Javaリファクタリング、コードアシスト、Git履歴ナビゲーション、IDEのダークモードが改善された。このような短期間であることから予想できるが、最近設立されたEclipse IDEワーキンググループは、サブプロジェクト活動の減少を好転させることができなかった。

新機能は次のとおりだ。IDEの起動の高速化。ソースコードをインデントせず、タイプをインポートしない「Raw paste」オプション。新たなクイックフィックスにより、開始条件がtrueの場合にwhileループからdo … whileループへ変更が可能になった。スーパークラスを抽出するリファクタリングは、コンストラクターのfinalフィールドの初期化を処理できるようになった。StringBuilderStringBufferに置き換えることができる新しいコードのクリーンアップ。現在、ほとんど使用されないクラスをデフォルトで非表示にするコード補完だが、Mockito引数マッチャーが含まれるようになった。Gitの履歴による、より多くのナビゲーションオプションの提供。IDEのダークテーマの改善。ツールチップの外観は暗く、コンテンツアシストウィンドウの背景と印刷マージンの両方がグレーになっている。

Eclipse IDEインストーラは、事前構成されたIDEの設定を提供する。Java開発者向けが2つある。

Eclipse IDEの最初のリリースから17年後、Eclipse IDEワーキンググループは、その「継続的な持続可能性、整合性、進化、採用」を確実にするために2021年6月に設立された。残念ながら、下のグラフが示すように、生存について一部のプロジェクトについては依然として悪い方向に進んでいる。サブプロジェクトを最終リリース日でグループ化している。2019-12がCOVID-19パンデミックの前に完了した最後のリリースとなる。

2019-12リリースと比較して、リリースのあるサブプロジェクトの数は71%から40%に減少した。一方で1年以上前のリリースのプロジェクトの数は5%から28%に増加した。現在の2021-09リリースには、以前の2021-06リリースよりもサブプロジェクトが1つ少なくなっている。現在の67のサブプロジェクトがあり、リリース2018-12の81プロジェクトのピークから17%減少している。

Sub-Project Releases in Eclipse IDE

 

Eclipse IDEの各リリースページには、コミッタとコントリビュータの数が一覧化されている。リリース2019-06は、両方で最も高い数値であった。現在のリリースでは、それと比較して、コミッタの35%、コントリビュータの42%が失われた。最も急激な減少は、COVIDのパンデミックが発生する前の、2019年の後半にすでに発生していた。

Eclipse IDE Release Participation

 

次のEclipse IDEリリースは2021年12月中旬に計画されている。開発者はこのビデオでこれらの新機能について詳しく学ぶことができる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT