BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Kubernetes 1.23が改善されたイベント、gRPCプローブ、デュアルスタックのサポートでリリース

Kubernetes 1.23が改善されたイベント、gRPCプローブ、デュアルスタックのサポートでリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2021/12/31)へのリンク

Cloud Native Computing Foundation (CNCF) は、先ごろ Kubernetes 1.23 をリリースした。このリリースには、kubectl の events サブコマンド、gRPC プローブ、カスタムリソースの式言語バリデーションなどの新機能、汎用的なエフェメラルボリューム、水平 Pod オートスケーリング、IPv4/IPv6 デュアルスタックネットワーキングなどの一般利用可能なまたは安定版機能、PodSecurity などのベータ機能、および FlexVolume などの非推奨化機能などがある。

新しい kubectl リリースは、クラスタに対してコマンドを実行するためのコマンドラインツールであり、問題のトラブルシューティングを改善するための events サブコマンド (kubectl events) などがある。新しいサブコマンドは、イベントの並べ替えや監視など、kubectl get events で問題に対処する。

gRPC プローブが導入され、開発者は HTTP や TCP プロトコルだけでなく、gRPC も死活または準備プローブを追加して、アプリケーションの回復力を向上させることができる。クライアントアプリケーションがリモートサーバ上のメソッドをシームレスに呼び出すことが可能な分散アプリケーションやサービスで一般的に使用される高性能フレームワークだ。

バージョン 1.23 には、カスタムリソース定義 (CRD) の検証メカニズムがある。これにより、バリデーションをする Webhook を作成する代わりに、CRD に関連するすべてを1か所で定義することができる。検証ルールは、共通式言語である Common Expression Language (CEL) を使用する。

汎用的なエフェメラルボリュームは、バージョン 1.23 で GA に移行した。このようなボリュームは、Pod に一時データ用のストレージを提供し、通常プロビジョニング後は空になる。動的プロビジョニングをサポートするさまざまなストレージドライバと連携できる。

さらに、HorizontalPodAutoscaler (HPA) のバージョン 2が GA になった。これは需要に対応するためにワークロードを自動的に更新する Kubernetes のコンポーネントだ。API の autoscaling/v2beta2 が autoscaling/v2 に置き換えられた。

また、IPv4/IPv6 デュアルスタックモードのネットワークサポートが GA になった。これにより、開発者は Pod に IPv4 と IPv6 アドレスの両方を使い、プロダクションをデュアルスタックモードのクラスタで運用できる。

PodSecurity はバージョン 1.23でベータ版に移行し、非推奨の PodSecurityPolicy アドミッションコントローラを置き換えた。新しいアドミッションコントローラは、特定の名前空間ラベルに基いた名前空間に、許容度の高いものから制限の厳しいものまでの一連のポリシーである Pod セキュリティ標準を適用できる。

また、1.23 では、Container Runtime Interface (CRI) v1 API がベータ版に移行し、プロジェクト全体のデフォルトになった。CRI は、kubelet で多くのコンテナランタイムを使用するためのプラグインインターフェイスだ。たとえば、あるクラスタのコンテナランタイムは Docker であり、別のクラスタでは containerd のようにだ。

ストレージドライバを処理するためのプラグインインターフェイスである FlexVolume は、1.23 で非推奨になった。FlexVolume ドライバのユーザは、ワークロードを Container Storage Interface (CSI) ドライバに移行することが推奨されている。

Kubernetes は、アプリケーションコンテナのデプロイメント、スケーリング、マネジメントを自動化するオープンソースソフトウェアだ。

リリースノートによると、Kubernetes バージョン 1.23 には 47 の拡張があり、そのうち 11 は一般提供または安定版、17 はベータ版への移行、19 はアルファ版への移行だ。そして、1 の機能は非推奨になった。バージョン 1.23 は、2021年最後のリリースだ。

CNCF ウェビナーが、2022年1月4日に予定されており、新しいリリースの主な機能について説明される。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT