BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Googleが第2世代のCloud Functionsを発表

Googleが第2世代のCloud Functionsを発表

ブックマーク

原文(投稿日:2022/03/02)へのリンク

Googleは最近、Google Cloudのサービスプラットフォームとして機能する第2世代のCloud Functionsの公開プレビューを発表した。新しいバージョンでは、関数ランタイムに対するさらに多くの制御が導入され、パフォーマンスとスケーラビリティが向上し、90を超えるイベントソースからのトリガーがサポートされる。

主な変更点の1つは、HTTP関数の処理時間が最大60分長くなることである。それによって、データ処理パイプラインや機械学習など、大量のデータストリームを伴うユースケースをサポートする。Google Cloudのコンテンツ責任者であるForrest Brazeal氏は、次のようにツイートしている。

このバージョンは、Google Cloud Run(...)の上に構築されています。Google Cloudは、FaaSとは何か、いつ使用すべきかについて、ここで世界観を持って意見を述べています。好きな人もいれば、反対する人もいます。

新しいバージョンでは、コールドスタートとレイテンシーが低減しており、同時実行性を関数インスタンスごとに最大1000リクエストに増加している。また、より大きなインスタンス、最大16GBのメモリと4つのvCPUをサポートする。 ServerlessDaysの共同創設者Paul Johnston氏は、次のようにツイートしている。

16GB 4vCPUのクラウド機能が60分間実行できるんですか?理由は完全にはわかりませんが... !!!

オープンソースのビルドパック関数フレームワークを使って構築された第2世代では、イベント配信にEventarcが使われ、さまざまなソースからのトリガーをサポートする。GoogleのプロダクトマネージャVinod Ramachandran氏とJaisen Mathai氏は、次のように説明している。

第2世代のクラウド機能には、現在、Eventarcのネイティブサポートが含まれます。これにより、直接ソースとクラウド監査ログ(BigQuery、Cloud SQL、Cloud Storage、Firebaseなど)から90以上のイベントソースが提供されます。そしてもちろん、Cloud Functionsでは、Pub/Subに直接パブリッシュすることで、カスタムソースからのイベントを引き続きサポートします。これらのイベント駆動型関数は、ソースに関係なく、業界標準のCloudEventsに準拠しており、一貫した開発者エクスペリエンスを保証します。

新たなバージョンでは、ロールバック機能を備えた関数の複数のリビジョン間のトラフィック分割と、コールドスタートを減らすためのインスタンスの事前ウォームアップをサポートする。これは、第1世代で最近導入され、InfoQで個別に取り上げた機能である。

サーバーレスコンピューティングプラットフォームを提供するクラウドプロバイダーはGoogle Cloudだけではないが、サービスの特性は主要プロバイダーによって異なる。AmazonとMicrosoftは60分の実行時間や16GBのメモリ割り当てをサポートしていない。たとえば、AWS Lambda関数は実行ごとに最大15分実行するように構成できるが、Azure Functionsは最大メモリサイズ1536MBをサポートする。

現在、第2世代のCloud Functionsは、Cloud Runの料金に基づく料金でリージョンのサブセットで公開プレビューとして利用できる。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT