BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Cloud Spannerが確約利用に対する割引を導入

Cloud Spannerが確約利用に対する割引を導入

ブックマーク

原文(投稿日:2022/03/19)へのリンク

Google Cloudは最近、Cloud Spanner向けにCommitted Use Discounts(CUD)の開始を発表した。このオプションは、1年あるいは3年の契約と引き換えに、マネージドリレーショナルデータベースのオンデマンド価格の20%から40%の割引が受けられる。

割引は、インスタンス構成とリージョンの横断で、ノードあるいは処理ユニットで計測される計算容量に適用される。これは、ニーズが予測可能な処理向けに設計されている。Google CloudのプロダクトマネージャーのShambhu Hegde氏は、それらがどのように適用されるかを説明している。

請求先アカウントからSpannerに1時間単位で一定金額を支払うことを確約すると、その請求先アカウントに関連付けられているさまざまなインスタンス構成、リージョン、プロジェクトにおいてインスタンスの割引を受けることができます。リージョナルインスタンスとマルチリージョンインスタンスの両方で、同じ支払いの確約を利用できます。(...)ビジネス上の理由で、将来的にアプリケーションを単一リージョンから複数リージョンに移行する必要がある場合は、同じ確約事項を維持しつつ、引き続き割引を受けることができます。

出典: https://cloud.google.com/blog/products/databases/spanner-committed-use-discounts-help-reduce-costs

CUDはすべてのリージョンで利用できる。ストレージ、バックアップ、ネットワークの出力コストには適用されない。 Hegde氏は、CUDの恩恵を受けるユースケースの例を付け加えている。

異なるリージョンに2つのSpannerインスタンスがあり、合計125のノードをプロビジョニングしたとします。このコンピュータの容量に一貫して1時間あたり平均100ドルを費やしているとしましょう。さらに、この使用率が来年も低下しないと確信していると仮定しましょう。こういった安定した使用は、Spannerの利用確約の割引を購入する絶好の機会を表しています。この場合、Spannerノードに1時間あたり100ドルを費やす1年間の確約によって、そのコミットメントの20%割引を得られます。

5年前に導入されたCloud Spannerは、Google Cloud上でグローバルに分散されたスケーラブルなデータベースサービスである。シャーディングやクラスタリングなしで水平スケーリングとRDBMS機能が提供される。PostgreSQLインターフェースSQLAlchemy用のSpanner方言の導入は、Cloud Spannerで改善された点である。これは、最近InfoQが記事にしている。

確約使用割引は、Google Cloudのさまざまなサービスで利用できる。Compute Engineにはリソースベースの割引があり、自動パイロットモードのCloud Spanner、Cloud SQL、VMware Engine、Cloud Run、Google Kubernetes Engineには使用ベースの割引がある。

データベース容量を確約して、値下げできるクラウドプロバイダーはGoogleだけではない。Azureは、Azure Cosmos DB向けに予約済みの容量を提供する。Amazonには、Aurora、MySQL、MariaDB、PostgreSQL、Oracle、SQL Serverデータベースエンジン向けのDynamoDB予約インスタンス予約がある。ただし、どちらもCloud SpannerのCUDについてリージョンの柔軟性に欠けている。

Cloud Spannerの1年間の確約により20%の割引が受けられ、3年間の確約により40%の割引が受けられる。コンピューティング容量の確約料金は毎月請求される。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

BT