BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Microsoftが重いグラフィックス処理向けにNVads A10 V5 Azure VMをプレビュー版で発表

Microsoftが重いグラフィックス処理向けにNVads A10 V5 Azure VMをプレビュー版で発表

ブックマーク

原文(投稿日:2022/03/31)へのリンク

Microsoftは最近、プレビュー版としてNVads A10 v5シリーズを発表した。この仮想マシン(VM)は、NVIDIA A10 GPUとAMD EPYC 74F3V(Milan)CPUを搭載しており、ベース周波数は3.2GHz、オールコアピーク周波数は4.0GHzとなる。

NVads A10 v5シリーズでは、当パブリッククラウドプロバイダーが部分的なNVIDIA GPUを備えたVMを導入している。そのため、顧客は、4GiBフレームバッファーを備えたGPUの1/6から24GiBフレームバッファーを備えたフルA10 GPUまで、GPUアクセラレーショングラフィックスアプリケーションと仮想デスクトップに対して適したサイズの仮想マシンを選択できる。MicrosoftのAzure Virtual DesktopセールスリードEMEA(GBB)のMichel Roth氏は、LinkedInの投稿で次のように説明している。

この非常に強力な仕様の他に、これらVMの特別な点は、NVads A10 v5シリーズでAzureがNVIDIA GPUを部分的を備えた仮想マシンを導入していることです。これは、必要なければ、フルスペックのA10の料金を支払う必要がないことを意味します。

GPUパーティション分割は、業界標準のSR-IOVテクノロジに基づいて構築されている。ハードウェアに基づき強力なセキュリティの境界ラインが定められており、各仮想マシンのパフォーマンスが予測可能である。パブリッククラウドプロバイダーは、単一のNVIDIA A10 GPUをパーティション化し、それを6つの仮想マシンに割り当てる。各仮想マシンは、割り当てられているGPUリソースにのみアクセスできる。安全なハードウェアパーティション分割により、他のVMによる不正アクセスが防止される。


出典: https://azure.microsoft.com/nl-nl/blog/power-your-azure-gpu-workstations-with-flexible-gpu-partitioning/

AWSのような他のパブリッククラウドプロバイダーも、NVIDIA A10 GPUを備えたVMを提供している。たとえば、AWSは以前にEC2 G5インスタンスをリリースした。これは、第2世代AMD EPYCプロセッサを搭載した最大8つのNVIDIA A10G Tensor Core GPUを備えている。MicrosoftのNVads A10 v5インスタンスと同じように、これらのインスタンスは、インタラクティブビデオレンダリング、ビデオ編集、コンピューター支援設計、フォトリアリスティックシミュレーション、3D視覚化、ゲームなどのさまざまなグラフィックアプリケーションを高速化することを目的としている。

多国籍テクノロジー企業のNvidiaは、A10のデータシートで次のように述べている。

NVIDIA A10 Tensor Core GPUをNVIDIA RTX仮想ワークステーション(vWS)ソフトウェアと組み合わせることで、メインストリームのAIサービスを備えたグラフィックスとビデオを、メインストリームのエンタープライズサーバで扱えるようになります。デザイナー、エンジニア、アーティスト、科学者が今日の課題に対応するために必要なソリューションを提供できるようになるのです。

NVads A10 v5シリーズは、リクエストに応じてプレビューとして提供され、米国中南部および西ヨーロッパのAzureリージョンで利用できる。さらに、これらのシリーズの価格の詳細については、Azure仮想マシンの価格ページをご覧ください。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT