BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース AWSが独立したスケーリングのAmazon Aurora Serverlessの第2バージョンをリリース

AWSが独立したスケーリングのAmazon Aurora Serverlessの第2バージョンをリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2022/04/29)へのリンク

先ごろ、AWSは、オンデマンドの自動スケーリング構成のAmazon Auroraである第2バージョンのAmazon Aurora Serverlessの一般提供を発表した。2番目のバージョンは、Aurora PostgreSQLとMySQLの両方で一般利用が可能で、コンピューティングとストレージのスケーリングの独立が特徴だ。

同社は2018年8月にAmazon Aurora Serverlessの最初のバージョンをサーバレスデータベース製品としてリリースした。これは、使用パターンが予測しにくいアプリケーションで、1秒あたりの課金で容量の自動スタート、スケーリング、停止を提供する。顧客は、AWS Management Consoleを介してエンドポイントを作成しAurora Serverlessはその時点からそれを使って、Auroraでこのサーバレスオプションを活用できる。

ただし、リリース以降にフラグが立てられたスケールアップ/ダウン速度、フェイルオーバ時間やAuroraのプロビジョニングされたクラスタ機能の欠如のため、AWSはプレビューで2番目のバージョンをリリースした。これは、ほんの数秒でスケールし、マルチAZをサポートし、グローバルデータベースリードレプリカを導入する。そして現在、この2番目のバージョンは、Amazon AuroraのMySQL 8.0とPostgreSQL 13互換エディションで一般利用が可能になった。これには、コンピューティングとストレージが分離された同社の新しい主要機能が含まれる。この結果、ストレージはデータベース内のデータ量が増えると自動的にスケールし、コンピューティングは必要に応じて独立してスケールする (すべてのワークロードが固定のコンピューティングを必要とするわけではない)。

Amazon Aurora Serverless Version 2についてのAWSのプレスリリースで、AWSのデータベース、分析、機械学習の副社長であるSwami Sivasubramanian氏は述べている:

次世代のAmazon Aurora Serverlessにより、お客様は古いガードデータベースの制約を取り除き、Amazon Auroraのすべての高度な機能を備え、スケーラブルでオンデマンド容量を大幅なコスト削減でより簡単に享受できます。

Amazon Aurora Serverless Version 2のユーザガイドによれば、同サービスは、即座にスケール可能なサーバレスDBクラスタをサポートするようにゼロから設計されている。さらに、プロビジョニングされた書き込み、読み取りの分離と同一のセキュリティを提供するように設計されている。さらに、ドキュメントには次の説明がある:

Aurora Serverless v2を使用すると、書き込みと読み取りごとに特定のデータベース容量に固定されることなく、Aurora DBクラスタを作成できます。最小容量範囲と最大容量範囲を指定してください。Auroraは、クラスタ内の各Aurora Serverless v2の書き込みと読み取りをその容量範囲内でスケールします。それぞれの書き込みと読み取りを動的にスケールできるマルチAZクラスタを使用することで、動的スケーリングと高可用性の利点がえられます。Aurora Serverless v2は、最小容量と最大容量の指定に基づいてデータベースリソースを自動的にスケールします。ほとんどのスケーリングイベント操作は書き込みまたは読み取りを同じホスト上に保持するため、スケーリングは高速です。


出典: https://aws.amazon.com/blogs/aws/amazon-aurora-serverless-v2-is-generally-available-instant-scaling-for-demanding-workloads/

Amazon Web ServicesのシニアデベロッパアドボケイトのMarcia Villalba氏は、AWS Newsのブログ投稿でスケールダウンについて次のように述べている:

スケールダウンについては、Aurora Serverless v2はより保守的なアプローチを採用しています。ワークロードに必要な容量に達するまで、段階的にスケールダウンします。スケールダウンが速すぎると、速すぎるキャッシュされたページ削除で、バッファプールが減少し、パフォーマンスに影響を与えることがあります。

最後に、Amazon Aurora Serverlessの容量は、いわゆるAurora容量単位 (ACU) で測定される。各ACUは、約2ギビバイト (GiB) のメモリ、対応するCPU、およびネットワークの組み合わせだ。Villalba氏によると、Aurora Serverless v2では、開始容量を0.5 ACUまで小さくすることができ、最大容量は128 ACUまでサポートされる。さらに、0.5 ACU程度のきめ細かい増分を提供することで、データベース容量をワークロードのニーズに厳密に一致させることができる。

ただし、AWSサーバレスヒーローのJeremy Daly氏は、Aurora Serverless Version 2についてTwitterで次のコメントをしている:

Serverless Aurora v2には、真の #serverless (ness) のマークを根本的に見逃している2つの大きな問題があります。1つは (Mikeが言及しているように) 自動で一時停止できないことであり、もう1つはData APIがないことです。これらは (今のところ) 使用できません。

The second version of Amazon Aurora Serverless Version 2 is currently available in various regions in the Americas, Europa, Asia, and the Pacific. More details are available on the documentation pages, and pricing can be found on the pricing page.

Amazon Aurora Serverless Version 2の2番目のバージョンは、現在、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、太平洋のさまざまなリージョンで利用できる。詳細は、ドキュメントページに記載されている、また価格については、価格ページに記載がある。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

BT