BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース GoogleがWorkspaceに新しいAI機能を追加

GoogleがWorkspaceに新しいAI機能を追加

ブックマーク

原文(投稿日:2022/06/03)へのリンク

Googleの最新のAI開発は、従業員を支援することを目的としている。すべての動作モードと場所において、重要ことは何か、安全なコラボレーション、人間関係の強化に注力している。

Googleは、クラウドベースのWorkspaceプラットフォームへの機械学習の統合を進めてきた。就業日をより効率的でインパクトのあるものにすることを目的としている。これらの最新のAIの進歩を活用して、従業員が最も重要なことに集中し、安全にコラボレーションし、幅広い作業環境で人と人とのつながりを改善することを支援していく予定である。

Googleの顧客は、ハイブリッド作業によりビジネスでのメール、チャット、会議の量が増加し、その結果、多くの従業員の情報が過負荷になっていると述べている。最新のAIの進歩は、この問題に対処することを目的としているが、他にも価値のある機能強化がある。

Googleは、機械学習を使うことで、Google Meetの会議体験を改善し、個人が豊富な資料を簡単に接続して共有できるようになると説明している。

Googleはまた、今年後半に画像、音声、コンテンツ共有機能をアップデートする予定である。ポートレートの修復では、Googleの人工知能を使って低照度、低品質のウェブカメラ、貧弱なネットワーク接続などの課題に取り組むことで、動画の品質が向上する。この処理はクラウドで自動的に実行され、デバイスの速度を低下させることなくビデオ品質を向上させることができる。

もう1つの新機能であるライブ共有では、参加者間でメディアとコンテンツを同期することにより、Google Meetのハイブリッドセッションをよりインタラクティブに行うことができる。YouTubeの砕氷船の動画を視聴している場合でも、再生リストを共有している場合でも、ユーザはコントロールを共有して、会議にすぐに参加できる。

Google Docsは、自動要約機能を更新、強化しており、作業者は見逃したやり取りにすばやく簡単に追いつくことができる。Google Workspaceは、ゼロトラストセキュリティ戦略を念頭に置いて設計されている。そこには、エンタープライズグレードのアクセス管理、データ保護、暗号化、エンドポイント保護などが含まれている。

同社は、ユーザの作業品質の向上を目指しており、ハイブリッド作業の進化に伴いGoogle Workspace全体にインテリジェントな機能を実装し続けると言っている。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

BT