BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース トラスト駆動開発: 認知的および感情的な柱の構築

トラスト駆動開発: 認知的および感情的な柱の構築

ブックマーク

原文(投稿日:2022/05/17)へのリンク

トラスト駆動開発 (Trust-Driven Development) では、人の活動に安全な環境を構築するために真実性を利用する。信頼 (トラスト) を築くには、認知と感情という2つの信頼の主要な柱に焦点を当てる必要がある。私たちはヒーローになり、勇気を持ち、皆に真の私たち自身へのアクセスを与えなければならない。

Tomasz Manugiewicz氏は、5月19日-20日のACE カンファレンス 2022で、トラストの構築がソフトウェア開発の有効性にどのように影響するかについて講演する。

トラスト駆動開発は、人が最高の状態で活動する環境に焦点を当てている。Manugiewicz氏によると、それは人々の間で確立された信頼による安全な環境である:

信頼を確立するプロセスには主要な実現要因があります - それは真実性です。私たちが言うことで真実であること、私たちがしていることで真実であること、そして私たちが提供するものが真実であること。それは時々ノーと言って、約束しすぎないことを意味します。皆が私たちが本物であることに気付くと、彼らは私たちと一緒に安全に仕事をしていると感じ、私たちを信頼し始めます。

Manugiewicz氏は、信頼を築くには、認知的側面と感情的側面の2つの柱に焦点を当てる必要があると主張している。

私たちが認知の柱を構築するとき、私たちは皆に私たちをエンジニアとして信頼し、私たちが約束したことを実現する私たちのスキルと経験を信頼する機会を与えます。

他の皆と一緒に感情的な柱を築くことは、彼らが私たちを人として信頼できることを意味します。

Manugiewicz氏によると、これらのチーム間の信頼関係を構築することで、サイロを破り、プロダクトの提供を加速することができ、創造性に勢いを与えることができるとのことだ。

InfoQは、トラスト駆動開発についてTomasz Manugiewicz氏にインタビューを行なった。

InfoQ: トラスト駆動開発をどのようにして思いついたのでしょうか?

Tomasz Manugiewicz氏: これはソフトウェア開発プロセスの新しい見方です。BDD、TDD、DDDなどの頭字語がたくさんあります。それらは素晴らしい概念ですが、それらのほとんどはソフトウェア開発の技術的な手法を指しています。しかし、ソフトウェアは人によって作成されていることを覚えておかなければなりません。

InfoQ: ソフトウェア開発ではトラストの重要性はどれぐらいでしょうか?

Manugiewicz氏: ソフトウェア開発は、創造性と生産性を必要とするプロセスです。そして、これらの2つの側面を現すためには、人々は安全と感じる必要があります。彼らは自分の考えを共有するのに十分に快適でなければなりません。つまり、自身の作業を振り返りながら、新しいアイデアを思いつくためです。これらすべてのポイントは、新しいプロダクトを発明するための触媒です。

InfoQ: トラストを築くために何をすればよいでしょうか?

manugiewicz氏: 2つの柱には、認知的側面と感情的側面という確かな側面があります。これについては、プレゼンテーションでお話します。

認知的側面について言えば、これは私たちの知識、スキル、経験についてです。これらすべてを使用して、具体的な成果を提供します。他の人は私たちが提供するものを見て、私たちが頼りになると信頼し始めることができます。

他の側面はより感情的というものです。これは私たちが持っている態度と私たちが他の人にもたらす感情についてです。私たちが言っていることを私たちがしているのを人々が見れば、私たちの行動が私たちの言葉に従っているなら、彼らは私たちとともに安全を感じることができます。これにより、私たちの間には信頼が築かれます。

信頼を築くためにはヒーローになる必要があることを強調したいと思います。信頼できる人として認識されるためには、私たちは人々に真実の私たち自身へのアクセスを与えなければなりません。そして、この態度を取るには勇気が必要です。それは私たちの素を見せることを意味します。私にとって、それは私が何かを知らないことがあった時に認めることも意味します。最初は簡単ではありませんでしたが、エンジニアリングマネージャとして働き始めたとき、コーディングに費やす時間はチームよりもはるかに少ないことがわかりました。それは簡単な仕事ではなく、私はそれを認めなければなりませんでした。今、私は自分が得意なことをし、他の人に彼らが最も得意とすることをさせています。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

BT