BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Visual Studio用Teamsツールキット:自動化されたライフサイクルと統合ボットデバッグ

Visual Studio用Teamsツールキット:自動化されたライフサイクルと統合ボットデバッグ

ブックマーク

Visual Studio用Teamsツールキットを使用することで、.NET開発者はMicrosoft Teams用アプリケーションのビルド、デバッグ、リリースが可能となる。最新バージョンでは、自動化されたTeamsアプリのライフサイクルや、Visual Studio環境内の内蔵トンネリングによる統合ボットデバッグなど、強力な機能が導入されている。

前述したように、注目すべき追加機能は、Teamsアプリのライフサイクルを自動化し、開発中のセットアップタスクや反復的なアクションを実行するための体系的なアプローチを提供する.NET開発者のためのツールキットである。報告されているように、これらのタスクは、ProvisionDeployPublishといった明確なフェーズに分かれている。新バージョンの採用により、プロジェクトにはteamapp.ymlファイルがデフォルトのコンポーネントとして含まれており、セットアッププロセスがさらに 簡素化される。

知られているように、既存プロジェクトへのこの機能の統合は簡単である。プロジェクト・ディレクトリ内にteamsapp.ymlという新しいファイルの生成で、開発者は、Teamsツールキットを簡単に有効にして、Teamsアプリの登録を管理し、ProvisionフェーズでApp IDを環境ファイル内に保存できる。この機能は、旧バージョンのTeamsツールキットを使用して開始されたプロジェクトにも適用され、最新機能を活用するためのスムーズな移行を可能にしている。オリジナルのブログ記事には、GitHubにホストされている詳細ガイドが掲載されているので、開発者はその内容を調べておくことを強くお勧めする。

このリリースにおけるもう1つの注目すべき機能強化は、Visual Studio IDE内の開発トンネルの使用で実現される統合ボットデバッグである。トンネルの起動は、デバッグボタンのコンテキストメニューから選択し、目的のトンネルを作成するだけである。

(出典:Microsoft DevBlogs)

デフォルトオプションとしての開発トンネルの採用は、開発者に多くの利点がある。トンネル接続時のアラート駆動型通知によりセキュリティが強化され、フィッシングリスクや意図しないエンドポイントの露出が軽減される。さらに、Microsoft 365 Identity Authenticationは、トンネルの作成にさらなるセキュリティ・レイヤーを追加し、不正アクセスの侵入を防御する。

報告されているように、これは開発ワークフローを簡素化する。開発トンネルの使用で、Teamsアプリ開発におけるコンテキストの切り替えが減り、代替ツールによる手動セットアップの必要性がなくなる。この統合により、効率的でセキュアなアプリ開発環境が構築可能となる。

元のブログ記事では、以前のバージョンを使用して開発されたTeamsアプリの移行はシームレスなプロセスであると言及している。

旧バージョンのTeamsツールキットを使用して構築したTeamsアプリのアップグレードは、新バージョンでプロジェクトを開くだけで、プロジェクトは自動的に移行される。新バージョンで行われるファイル変更の詳細は、プロジェクトをアップグレードしてTeamsツールキット 5.0の機能を使用するドキュメントを参照。

Teamsツールキット開発チームは、フィードバックとユーザー参加を求めている。彼らは、コミュニティが新機能を探求し、貴重な洞察を提供するよう求めている。Teamsツールキット製品チームとのコラボレーションは、GitHub経由を推奨しており、その場では開発者はコラボレーション、問題を報告、電子メールによる製品チームとの直接コミュニケーションができる。

最後に、元のブログ記事に加えて、Visual Studioの新機能とその使い方について、YouTubeにて解説動画が公開されている。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT