BT

InfoQ ホームページ オフショア に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • アジャイルをオフショア開発に拡張する

    ソフトウェア開発のオフショアとアジャイルを両立するためには,想定されていない環境下でアジャイルプラクティスを機能させるための時間を投資する必要がある。決して諦めてはならない – 原則に立ち返ることでアジャイルプラクティスを拡張(stretch)し,分散環境で効果的に機能するようにスケールアップする方法を共同で見つけることが必要なのだ。

  • アジャイルのニアショアあるいはオフショアサプライヤを評価する

    オフショアあるいはニアショアソフトウェア開発は,基本的にアジャイルソフトウェア開発の原則とは相容れないものだ。しかし損益あるいは要員確保という現実世界的な理由によってこの原則が曲げられ,現在では多くのチームがアジャイルのニアショアあるいはオフショアサプライヤを評価する最良の方法を求めている。記事ではこのテーマをさらに深く掘り下げることを試みる。

  • ソーシャルネットワーク、アジャイル、そしてクラウドはオフショアソフトウェア開発を変化させているのか?

    有名な著作である『フラット化する世界』において、Thomas L. Friedman氏は、多くの国々がグローバルなサプライチェーンの一部になっていくという収束現象について語っている。ここから、経済学の新しい法則が定義された。Israel Gat氏はこの考え方をさらに押し進め、ソーシャルネットワークと共同作業のための技術のおかげで、ソフトウェア開発は、場所に依存しなくなるとしている

  • 顧客も開発者も離れたところにいる危機的状況にあるプロジェクト

    コロケーション(共同の場所)はアジャイルにおいて最も重要なアドバイスのひとつだが、ますますプロジェクトは分散したチームで実行されるようになってきている。Scrum Developmentグループにおいて、Safari Asad氏は顧客が離れたところにいるだけでなく、開発者も離れたところにいるという危機的状況にあるプロジェクトに関する興味深い議論を始めた。

  • Venkat Subramaniam氏が日々のソフトウェア開発の事実と誤信ついて講演

    ソフトウェア開発は、やりがいがありとても楽しい事だが、チームがITプロジェクトで成功することを妨げるいくつかの要因がある。これらの要因はたいていツールや技術ではなく、ソフトウェア開発プロジェクトの成功に影響を与えるのは人間である。Venkat Subramaniam氏は日々のソフトウェア開発の事実と誤信について講演した。

  • アジャイルとオフショア: トラブルを求めているのか?

    Kevin Coleman氏が、先月のAgile Journalの記事で、「アジャイル」であると主張するオフショアチームと仕事をした話と、その経験からくる問題と心配について話した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。