BT

InfoQ ホームページ Open JDK に関するすべてのコンテンツ

  • Quarkus - John Clingan、Mark Little両氏とのQ&A

    先日の記事で初めて紹介した、GraalVMとOpenJDK HotSpotのために開発されたKubernetesネイティブなJavaフレームワークであるQuarkusが、先頃Red Hatからリリースされた。今回は、同社のJohn Clingan、Mark Little両氏に話を聞いた。

  • Switch式とShenandoah GCを試験的に備えたJava 12がリリース

    3月19日は,Javaの最新機能リリースとなるJava 12がリリースされた日だ。注目すべき機能や改善が数多く含まれているが,このバージョンは長期サポートリリースではない。

  • AmazonがOpenJDKダウンストリームディストリビューションのCorretto 8 GAをリリース

    Amazonは先頃,OpenJDKの"無償,マルチプラットフォーム,実運用対応のディストリビューション"であるCorretto 8をGAリリースした。Correttoは昨年11月のDevoxx Belgiumで,Amazon Web ServicesのプリンシパルオープンソーステクノロジストであるArun Gupta氏と,同じくシニアエンジニアリングマネージャのYishai Galatzer氏が,プレビューリリースとして紹介したものだ。最新のGAリリースについて,Gupta氏がInfoQに説明してくれた。

  • レッドハットでのOpenJDKの未来

    レッドハットは、OpenJDK開発の開始時から第一線に居続けている。Rich Sharples氏が、プロジェクトへの関与と、次に来ることを説明する。

  • アマゾン、Correttoをリリース; 無償サポート、マルチプラットフォーム対応のJava OpenJDK

    ベルギーのアントワープで開催されたDevoxx BEにて、アマゾンがAmazon Correttoのプレビューリリースを発表した。これは、"無償で、マルチプラットフォームに対応し、リリース可能なディストリビューション"であるOpenJDKのビルドで、Javaの参照実装である。

  • Martijn Verburg氏に聞く - AdoptOpenJDKとNestmates

    InfoQでは先頃、London Java CommunityのリーダでAdoptOpenJDKの共同創設者でもある、jClarityのCEOのMartijn Verburg氏と話す機会を得て、AdoptOpenJDKビルドファーム全体の目的、NestmatesとJava 11に対する氏の意見、AdoptOpenJDKの2018年の計画と開発者がそれに参加する方法などについて議論した。

  • オラクル、オープンソース化後にMission Controlチームを解雇

    Java Mission Controlツールスイートが、JMCとしても知られているが、オラクルにより5月3日にオープンソースとなった。Java開発者のコミュニティからは大きな称賛と興奮があった。その興奮はJMCの開発チーム全体が解雇されたと報じる情報によって困惑に置き換えられてしまった。

  • コミュニティのOpenJDKビルドファームが稼働

    AdoptOpenJDKプロジェクトはビルドファームが完全に使えるようになり、フリーソフトウェアとしてコミュニティバイナリを作成していると発表した。

  • Java 10 Release Candidate 1 公開

    GAリリース予定を2018年3月20日に控えて、Java 10 RC 1がJavaコミュニティに向けて公開された。今回のリリースは、Oracleの新たな6ヶ月リリースサイクルによる最初のアップグレードになる。最も関心と期待を集めている機能は、新たな予約型varの導入によるローカル変数の型推論だ。

  • JavaのNestmateが進行中

    オラクルがJEP 181 - "ネストベースのアクセス制御" - 俗に言う"nestmate"を発表した。これはプラットフォームへの技術的な拡張であり、Java 1.1で導入したアーキテクチャの20年分の負債を精算するものだ。

  • Javaパフォーマンス最後のフロンティア:ガベージコレクタの削除

    新しいJEPドラフトではno-opガベージコレクタが作成された:このガベージコレクタは、JVMの実装者と研究者を支援することを目的にしており、広範囲ではないが、ガベージをほとんど生成しない非常にパフォーマンスの高いアプリケーションには広く興味をもつのではないだろうか。JEPが進めば新しいGCが既存のものと一緒に使えるようになり、明示的にアクティブ化しなければ効果がない。

  • Java 9はDockerで実行する際のメモリ制限を調整する

    最初の実験的変更がOpenJDK 9に追加された。JVMがコンテナ内で実行していることを理解しメモリ制限を適切に調整できるようにするためだ。ここ数年でコンテナの人気が高まっているにも関わらず、JVMを含む多くのツールは利用できるリソースの判断にまだホストパラメータを頼っている。それでしばしばout of memoryとなり、エラーメッセージに悩まされる。この変更はJava 9が一般リリースされれば利用できるはずだ。こういったシナリオの多くを防ぐよう努める。

  • 事前(AOT)コンパイルがJava9でOpenJDK HotSpotに採用されるかもしれない

    OpenJDK HotSpotが事前(AOT)コンパイルをJava9のタイミングで採用するかもしれない。InfoQは2016年9月に提出された提案を調査した。

  • モジュールシステムの最初の実装がJDK 9 build 111に入る

    何年もの延期と熟考を経て、モジュールシステムがProject Jigsawの一部としてようやくJDK 9 early access build 111に統合された。そのchangesetは次の4つのJEPをカバーしている。

  • Javaの型推論のローカル変数への拡張を提案するJEP 286

    Java変数の型推論をローカル変数に拡張する機能提案がJEP議論リストに提出され,同機能に関するフィードバックの募集が開始された。提案の内容と,それがJavaプラットフォームに何を意味するのかを検討する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。