BT

InfoQ ホームページ オープンソース に関するすべてのコンテンツ

  • FacebookがNLPモデリングフレームワークPyTextをオープンソース化

    Facebook AI Researchは、ビデオ通話デバイスのPortalやFacebook Messengerの M Suggestionsで使用されている自然言語処理(NLP)モデリングフレームワークであるPyTextをオープンソースとして公開した。

  • F# 4.6がリリース、匿名レコード型と性能向上

    .NET Core 2.2の最新リリースで利用可能になったF# 4.6の最も重要な変更は匿名レコード型の導入である。さらに、Visual Studio 2019のF# コンパイラーチェーンは、中~大規模プロジェクトのパフォーマンスがいくつかの面で向上した。

  • Swift 5ではメモリの排他アクセスが必須になる

    Swift 5では,変数がプログラムの他の部分で変更されている間,別の名称を使ってアクセスできないようにすることで,Swiftプログラムのメモリ安全性が向上している。この変更は,既存のアプリの振る舞いにも,Swiftコンパイラ自身にも重大な影響を及ぼす。

  • Very Fast Organizational Transformations(VFOT)の5原則

    Very Fast Organizational Transformations(VFOT)には,原則を持つ,タイムボックスを決める,システム全体,呼び掛ける,全員が参加する,という5つの原則がある。いずれもオープンソースないしオープンスペースの基礎をなすものとして証明された,理論ないし慣行に基づくものだ。開放的で権限付与性と透過性を備えたこ���ら原則を組み合わせ,包括的な変革戦略を形成することによって,変革の段階的な速度向上が実現する。

  • Facebook,仮想現実でよりリアルなイメージを実現するDeepFocusをオープンソース公開

    先日のブログ記事でFacebookは、近くのオブジェクトへのフォーカスを改善するためにAIを使用したフレームワークのDeepFocusを、オープンソースとして公開すると発表した。このテクノロジによって,まさに映画を見ているように、近接するオブジェクトをフォーカス内に、遠方のオブジェクトをフォーカス外にすることが可能になる。DeepFocusは、エンドツーエンドの畳み込みニューラルネットワークを活用して、正確な網膜ぼけ(retinal blur)をほぼリアルタイムに生成する。

  • Baidu、オープンソースのエッジコンピューティングプラットフォームOpenEdgeを発表

    Baidu Inc.は、中国初のオープンソースのエッジコンピューティングプラットフォームOpenEdgeを発表した。これを使うことで、開発者は軽量でスケーラブルなエッジアプリケーションを構築できる。OpenEdgeプラットフォームは、スマート家電やウェアラブルといった「エッジデバイス」に処理能力をもたらすものだ。

  • AmazonがマネージドブロックチェーンとQuantum Ledger Databaseを導入

    Amazonは、ブロックチェーンネットワークの構築と管理を行う、新しいマネージドサービスを発表した。現在はHyperledger Fabricプロジェクトをサポートしており、近日中のEthereumをサポートする予定だ。Amazonはさらに、不可変のトランザクションログを格納するマネージド台帳データベースのQuantum Ledger Database(QLDB)という、補完的なブロックチェーンサービスも導入している。

  • GitHub、最大3人の共同編集者で使える無料のプライベートリポジトリを発表

    GitHubは、開発者が最大3人までの共同編集者で無料でプライベートリポジトリを作成できるようにすることを発表した。さらに、GitHubはクラウドとオンプレミスの両方で動作する企業顧客向けの新製品を発表した。InfoQは、GitHubの製品担当シニアディレクター、Kathy Simpsonと話をした。

  • Go 2に向けたGoogleの計画

    Googleの言語の次期バージョンの開発作業は、Go 2に向けた120の公開提案候補によってすでに始まっていると、GoogleのエンジニアであるRobert Grieserner氏が記している。さらにGoogleは、Go 2のプロセスをよりコミュニティ主導なものにしようと考えている。

  • Googleが精度92%の話者ダイアリゼーションAI技術をオープンソース化

    最近のブログ記事で、Googleは彼らの話者ダイアリゼーション技術をオープンソース化したと発表した。それによって人々の声を高い精度で区別することができる。Googleは、複数の参加者を含むオーディオストリームを参加者ごとの同種のセグメントに分割することでこれを実現できる。

  • EmoPy: 表情認識のためのオープンソースツールキット

    先日のブログ記事で、Angelica Perez氏は、インタラクティブなフィルム体験のための新たなオープンソースプロジェクトに関する情報を公開した。EmoPyと呼ばれるこのプロジェクトは表情認識(FER)に焦点を当てており、サービスに渡されたイメージに基づいて、感情を正確に予測するツールキットを提供する。

  • Smoke、AmazonによるSwiftの軽量サーバーサイドフレームワーク

    Amazon Smokeフレームワークは、Swiftで書かれたオープンソースの新しい軽量サーバーサイドフレームワークで、RESTライクもしくはRPCライクなサービスの構築を目指している。そのアーキテクチャは使いやすさを重視し、リクエストハンドラーに純粋関数型のプログラミングスタイルを好んでいる。

  • Visual Studio Code 1.29、検索やデバッグなどを改善

    Visual Studio Code October 2018リリース(バージョン1.29)は、JavaScriptエコシステムで最も使われているテキストエディタとしてのVisual Studio Codeのトレンドを固めつつ、多くの重要な新機能を導入している。

  • コードレビューの実際

    コードレビューは、バグを見つけたり、他のチームメンバーからインプットを得たり、知識とオーナーシップを共有するのに最適な方法だ。最大の恩恵を受けるには、コードレビューを開発プロセスに統合して、レビューされていないコードが本番環境に投入されないようにしなくてはならない。レビューは、開発プロセスにおける解決を必要とする未解決問題を明らかにするのに役立つ。

  • Swift 5がリリースに向けて最終開発段階に

    Swift 4.2の公式提供開始に続いて、Swiftチームは現在、リリースの最終段階が始まったSwift 5に注力している。2019年初頭のリリースが予定されるSwift 5は、ソース互換性を確保しながら、ABIの安定性の実現を目標とする。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。