BT

InfoQ ホームページ オープンソース に関するすべてのコンテンツ

  • Production Identity FrameworkのSPIREがCNCFインキュベーターに

    Cloud Native Computing Foundationは、インキュベーションレベルのプロジェクトとしてSPIFFEとSPIREを受け入れた。SPIFFEは、プラットフォームに依存しない暗号化IDを使用してソフトウェアサービスを認証するための標準を定義する。SPIREは、本番環境に対応したSPIFFE APIの実装である。

  • Open Service Mesh: Microsoftによるサービスメッシュ実装

    MicrosoftがリリースしたOpen Service Mesh (OSM) は、SMI仕様に準拠したサービスメッシュのアルファ実装だ。IstioやLinkerd、Consulといった他のサービスメッシュ実装と同様、カナリアリリース、セキュアな通信、アプリケーションの情報など、標準的なサービスメッシュの機能をカバーする。さらにOSMチームでは、プロジェクトをCNCFに寄贈する手続きも進めている。

  • Rust 1.46.0 リリース

    最新のRust安定版リリースである1.46.0は、const fnで許可されるコア言語構成要素の数を拡張した。また、いくつかの機能が安定している。

  • Theia Framework 1.0でWeb IDEを利用可能に

    TheiaはJavaScriptで多言語IDEを構築するためのフレームワークであり、GitPod.io、Arduinoの新しいPro IDE、およびArmの新しいmBed Studioを強化する。 今週初めに1.0をリリースし、安定に達し、ベンダー中立のオープンソースフレームワークが使用できるようになったことを示している。 Eclipse Theiaが提供するもの、およびVS Codeとの違いについて詳しく読んでください。

  • Google、Microsoft、GitHubなど、Open Source Security Foundationに参加

    Linux FoundationのサポートするOpen Source Security Foundation(OpenSSF)は、オープンソースソフトウェアのセキュリティを改善するコラボレーション活動のために、業界を越えたフォーラムを確立することを目標とする。創立メンバにはGoogle、Microsoft、GitHub、IBM、Red Hatといった企業が名を連ねている。

  • CutiePiの開発者がハードウェアとファームウェアをカスタマイズできるオープンソースのRaspberry Tablet

    台湾のスタートアップCutiePiは先頃、KickstarterでRaspberry Piタブレットを発売した。 CutiePiのソフトウェアとハードウェアの設計は完全にオープンソースであるため、自由にカスタマイズできる。CutiePiは、真に使いやすく、最も薄いRaspberry Piタブレットとして自称している。

  • AWSオープンソースCloudFormationコンプライアンス分析ツール

    AWSは、CloudFormationテンプレートに対してコンプライアンスポリシーを適用するオープンソースのCLIツールであるCloudFormation Guardのプレビューリリースを発表した。 cfn-guardは、ルールを定義す���ための軽量の宣言型構文を提供する。 リスト、ワイルドカード、正規表現、変数の宣言をサポートし、CloudFormation組み込み関数を使用できる。

  • Krustlet: Kubernetes内でWebAssemblyワークロードを実行するためにRustで書かれたKubelet

    Deis LabsがリリースしたKrustletは、WebAssemblyのワークロードをKubernetes内で実行する、Rustで記述されたオープンソースのKubernetes kubeletだ。最初のバージョンでは、PodイベントやInit Containersといった機能をサポートしない、基本的なワークロードの実行が動作する。KrustletはWebAssemblyコンテナを実行するのみであるため、アプリケーションはWASI(WebAssembly System Interface)を実装する必要がある。

  • Uber、不要コードを自動的にクリーンアップするツールをオープンソースとして提供

    Uberは、失効した機能フラグ(feature flag)によって発生する不要なコードを自動的にクリーンアップする、同社のツールPiranhaをオープンソースとして公開した。Piranhaはパイプライン内での動作が可能で、クリーンアップ対象となる不要コードを継続的に検索する。現時点ではJava、Swift、Objective-Cをサポートしている。

  • AdoptOpenJDK は Eclipse Adoptium になる

    AdoptOpenJDKプロジェクトは、オープンソース財団への移行の一環として、Eclipse AdoptiumとしてEclipseの傘下に入ることになった。ベンダー中立なオープンソース財団がAdoptOpenJDKプロジェクトを管理することは、将来に向けての強力な基盤となる。実用的な観点から何を意味するのか、また、この移行がどのように展開されるのかについては、続きをお読みください。

  • NGINX Unitがリバースプロキシとアドレスベースのルーティングを導入

    NGINXは、同社のオープンソースのWebアプリケーションサーバNGINX Unitのバージョン1.13と1.14をリリースしたことを発表した。これらのリリースにはリバースプロキシと、接続したクライアントのIPアドレスと要求のターゲットアドレスに基いた、アドレスベースのルーティングのサポートが含まれている。

  • Netflixが危機管理オーケストレーションツールをオープンソースとして公開

    Netflixは、同社の危機管理オーケストレーションフレームワークであるDispatchのリリースを発表した。Dispatchは、JiraやPagerDuty、Slackといった既存ツールを統合し、危機管理プロセスを合理化したもので、他ツールのサポートを追加するための統合エンドポイントも備える。

  • 開発者調査を調査する - Javaに関する結果を中心に

    JRebelとSynkは先頃、Java/JVMテクノロジレポートを公開した。CodingameとTiobeは、言語の使用と採用に関するレポートを発表している。これら報告書の現状と、Javaを含むエコシステムで現在何が起きているのかを調査した。

  • GoogleがGoogle Glass Enterprise 2の開発者向け提供を開始

    Googleは公式サードパーティに対して、開発者を対象としたGoogle Glass Enterprise Edition 2の直接販売に関する制約を解除した。一般消費者への解放にはまだ遠いが、この決定は、Google Glass Enterprise Editionベースの企業専用アプリケーションの開発を容易にすることを目的としたものだ。

  • Bazel 2.0がリリース、パフォーマンスと安定性が向上

    Googleの社内ビルドツールであるBlazeから生まれたビルドおよびテスト用ツールのBazelが先日、バージョン2.0をリリースした。今回のリリースでは、過去のバージョンと互換性のない変更がいくつか導入されると同時に、安定性およびパフォーマンスの面で多くの改善が行われている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。