BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 統制 に関するすべてのコンテンツ

  • Karmada 0.7: 次世代マルチクラウドとマルチクラスタのKubernetesオーケストレーション

    ハイブリッドクラウド時代の有望なKubernetes管理システムのKarmada (Kubernetes Armada) 0.7は、2021年7月12日に利用可能になった。これにより、マルチクラスタサービスの検出、正確なクラスタステータス管理、クラスタリソースに基づくレプリカのスケジューリング、重みリストによるレプリカを分割するためのより便利なAPIが実現した。

  • Gremlinがカオスエンジニアリングで“うるさい隣人”問題に対応

    Gremlimは、'Noisy Neighbors(うるさい隣人)'を隔離して、サービスのスケーラビリティをテストすることに関心のあるDevOpsエンジニアを対象に、同社のChaos Engineeringプラットフォームの改良版をリリースした。Kubernetesでは、クラスタを共有する複数のアプリケーションがリソースを奪い合ってパフォーマンスが低下するという、´Noisy Neighbors'の問題が発生する。

  • PayPalは、次世代のデータ移動プラットフォームとしてApache AirflowとApache Gobblinを標準化

    PayPalは最近、次世代のデータ移動プラットフォームを実装するために、Apache AirflowとApache Gobblinでどのように標準化されたかについて説明している。 PayPalエンジニアリングブログの最近のブログ投稿で、PayPalの技術スタッフのシニアメンバーであるJay Sen氏は、既存のデータ移動プラットフォームが複雑で管理しにくいエコシステムで、多くのツールとプラットフォームにどのように進化したか、そして、新しい実装への移行について詳しく説明している。

  • GoogleCloudワークフローが一般向けに提供開始

    Googleは最近、Google Cloud Workflowsが一般向け提供を発表した。Google Cloud Workflowsは、Google CloudとHTTPベースのAPIサービスをサーバーレスワークフローと統合するサービスである。Workflows Connectorsが公開プレビュー版となった。

  • HashiCorpが分散オーケストレータNomadの1.0ベータを発表

    HashiCorpは、コンテナ化および非コンテナ化アプリケーションのデプロイと管理を行うオーケストレーションフレームワークNomadのバージョン1.0 Betaを発表した。

  • ワークフローにイベント駆動型の自動化を提供するPuppet Relay

    Puppetは、イベント駆動型自動化プラットフォームであるRelayのベータリリースを発表した。Relayにより、コードによるプロセス自動化できる。 事前に記述されたワークフローがいくつかあり、追加のワークフローを作成するためのサポートがある。Relayには、AWS、Kubernetes、Azure、PagerDuty、GitHubなどのワークフローで使用できる多数の統合機能がある。

  • Ceph Nautilus、EdgeFS、NFSオペレータのサポートを加えたRook v1.0

    KubernetesのストレージオーケストレータであるRookが、コンテナ内のファイル、ブロック、オブジェクトなどのストレージを使用する実稼働ワークロードを対象としたバージョン1.0をリリースした。Rook 1.0のハイライトのひとつは、Ceph Nautilus、EdgeFS、NFSといったオペレータによるストレージプロバイダのサポートである。例えば、PodからのNFSファイルシステムの要求に対してRookは、手作業による介入のないプロビジョニングが可能だ。

  • GitHubのインシデント分析がサービスの信頼性を改善する方法を示す

    2018年10月21日、GitHubユーザは、日常のメンテナンス作業が原因のインシデントにより、24時間のサービス低下を経験した。古くて一貫性のない情報が表示され、24時間、ウェブフックと他の内部サービスが利用できなくなった。GitHubの事後インシデントレポートは、どこで問題が起きたかを示し、サイト信頼性を改善する解決策を述べている。

  • DockerがDocker Application Guidesを発表

    Dockerは最近Docker Application Guidesを発表した。ガイドでは、Docker Enterprise EditionとDocker Desktopにアプリケーションをデプロイする方法が提供されている。また、コンテナイメージを選択し、Docker SwarmやKubernetesによってオーケストレーションされたプロトタイプアプリケーションをデプロイするためのアーキテクチャとガイダンスの例が提供されている。

  • 多すぎるスクリプトは継続的デリバリーをダメにする

    先月のContinuous Lifecycle Londonにて、Avantika Mathur氏が継続的デリバリーパイプラインにおけるスクリプトの増加にまつわるコストについて語った。メンテナンスコストに加えて、もうひとつ大きなコストは、本番環境に変更をデプロイするまでに実際に何が実行されるのか、その可視性と監査可能性が欠けていることだ。多くの組織がこのことに気づいていない。

  • Kubernetesとの統合が容易になったDocker Enterprise Edition 2.0

    Docker Enterprise Edition(EE)の最新版では、異機種環境のKubernetes上で動作するアプリケーションの管理と保護が可能になり、Kubernetes環境の日々の管理に関するワークフローが簡素化される。

  • CAがWorkload Automation Engineの新リリースを発表

    オートメーションベンダーCAは、新しいワークロードエンジンであるCA Workload Automation AEの新しいバージョンをリリースした。このリリースには、新しい使いやすさとパフォーマンス機能が含まれており、CA Automic One Automationプラットフォームに直接統合されている。

  • Kubertenes 1.9がWorkloads APIをサポート、コンテナストレージを拡張、Windowsをベータ版サポート

    コンテナオーケストレーションフレームワークKubernetesの最新バージョンでは、GAバージョンのWorkloads APIサポート、コンテナストレージ拡張、Windowsのサポート(ベータ版)が提供されている。Kubernetesチームは先週、バージョン1.9のリリースを発表した。今年最後の4回目となる今回のリリースでは、Custom Resource Definition(CRD)バリデーションもサポートされる。

  • RockScript: マイクロサービスをオーケストレーションするオープンソースのスクリプト言語と実行エンジン

    Tom Baeyens氏がRockScriptのプレビューをリリースした。マイクロサービスの統合とオーケストレーションのための、オープンソースのスクリプト言語とそのエンジンだ。RockScriptは、JavaScriptによく似た言語をそのエンジンで実行することにより、BPM(Business Process Modelling)と同じような方法で、マイクロサービスシステム内のトランザクション実行のコーディネーションを可能にする。

  • アプリケーションプラットフォームの領域でコンテナがVMを凌駕 - SDxCentral Survey調査より

    SDXCentralが公開した2017 Container and Cloud Orchestration Reportの注目点のひとつは、この2年間でコンテナの採用が着実に増加し、アプリケーションプラットフォームの分野において仮想マシン(VM)を凌駕しつつあることだ。2016年には、コンテナを採用していた回答者はわずか8%であったが、今年は45%が採用済みと答えている。

BT