BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 統制 に関するすべてのコンテンツ

  • RockScript: マイクロサービスをオーケストレーションするオープンソースのスクリプト言語と実行エンジン

    Tom Baeyens氏がRockScriptのプレビューをリリースした。マイクロサービスの統合とオーケストレーションのための、オープンソースのスクリプト言語とそのエンジンだ。RockScriptは、JavaScriptによく似た言語をそのエンジンで実行することにより、BPM(Business Process Modelling)と同じような方法で、マイクロサービスシステム内のトランザクション実行のコーディネーションを可能にする。

  • アプリケーションプラットフォームの領域でコンテナがVMを凌駕 - SDxCentral Survey調査より

    SDXCentralが公開した2017 Container and Cloud Orchestration Reportの注目点のひとつは、この2年間でコンテナの採用が着実に増加し、アプリケーションプラットフォームの分野において仮想マシン(VM)を凌駕しつつあることだ。2016年には、コンテナを採用していた回答者はわずか8%であったが、今年は45%が採用済みと答えている。

  • ContainerPilot 3.0がリリース、マルチプロセスコンテナをサポート

    Joyentは、ContainerPilotのバージョン3.0をリリースした。コンテナ内で複数プロセスを実行するためのinitシステムとして機能し、サービス登録プロセス、サービスディスカバリ、ヘルスチェック、プロセスのライフサイクル管理を自動化する。HTTPベースのAPI、シンプルな構成言語が新たに用意される一方で、サポート対象がConsulのみに限定された。

  • JD.comはいかにしてOpenStackからKubernetesに移行したか

    中国最大のEコマース企業のひとつであるJD.comは先頃、従来使用していたOpenStack管理のIaaSを、Kubernetesを採用したアプリケーションコンテナベースのインフラストラクチャへと発展させた、自らの経験について公開した。自社開発のネットワーク用コンポーネントを含む今回の変更により、リソース利用率が30%向上している。

  • Kubernetesのデプロイに失敗する10の一般的理由

    先日公開された一連の記事に、Kubernetesのデプロイが失敗する、一般的な10の理由が取り上げられていた。内容としてはミスや入力の誤りからリソース制限の超過にまで及んでいるが、そのほとんどの場合において、根本原因の特定には‘kubectrl describe’コマンドが有効だ。

  • コンテナオーケストレーションソフトウェアを比較する

    先日の記事で,現在入手可能なコンテナオーケストレーションの選択肢が比較されている。取り上げられていた範囲は,セルフホストの必要なオープンソースからコンテナ・アズ・ア・サービス製品まで,スタートアップからエンタープライズ規模にまで及ぶ。

  • Docker 1.13のリリースで、CLIを改善、SwarmモードのComposeファイルをサポート、Secrets APIを提供

    Docker Incは、オープンソースのDockerコンテナエンジンプロジェクトのバージョン1.13をリリースした。このリリースには、Docker CLIの大幅な再構成、ディスクスペースを再利用するための‘clean-up’コマンドの導入が含まれる。Docker 1.13のリリースに加えて、それをサポートするツール一式を新たにリリースした。ツールには、Docker Compose 1.10、Docker Machine 0.9.0、Notary 0.4.3がある。

  • マイクロサービスのためのオーケストレーションエンジンであるNetflix Conductor

    Netflixは、昨年 “Conductor” と呼ばれるオーケストレーションエンジンを開発しプロダクションで運用してきた。この間、彼らは線形のワークフローから、複数の日にまたがって実行される動的なワークフローまで約260万のプロセスワークフローを実行した。現在 Conductor はオープンソースで公開されており、ワークフローオーケストレーションに関心のあるすべての人が利用できる。

  • DockerCon 2016: 発表と得られた主な情報

    シアトルで開催されたDockerCon 2016では、コンテナオーケストレーションを提供するDocker Swarmとの統合を含む、Docker Engineの最新の1.12ベータバージョンが発表された。さらなる発表として、Docker for Mac、Docker for Windowsがパブリックベータになり、Docker for AWS、Docker for Azureのプライベートベータが開始され、成果物のパッケージングのための"DAB"ファイルフォーマットがリリースされた。

  • Docker Swarmは死んだ。Docker Swarm万歳。

    Docker社は、DockerConで中核製品であるDocker Engineのバージョン1.12をリリースした。最大の新機能は、Docker Swarmがもはや別個のツールではないことである。Docker Swarmは、Docker Engineに組み込まれるようになり、スケールと信頼性を向上するために複数のDockerホストを単一の論理単位にまとめるのが、より簡単になった。

  • Supergiant.io - ステートフルアプリケーションのためのコンテナプラットフォーム

    Supergiantは、Kubernetesを使って構築された、分散ステートフルアプリケーションのためのコンテナホスティング・プラットフォームだ。

  • WSO2がIoT処理のオーケストレーション機能を強化

    オープンソースミドルウェアベンダのWSO2が同社プラットフォームの新機能として,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)のアプリケーション管理とデータ処理を発表した。今回の拡張にはMQTT(ライトウェイトなM2M/IoTパブリッシュ/サブスクライブ接続プロトコル),Activiti BPM(Business Process Management)プラットフォーム,Open DataのOData 4.0プロトコルのサポートなどが含まれている。

  • NetflixのFIDO、セキュリティインシデントを監視する

    Netflixチームがセキュリティイベントを自動分析するオープンソースシステム、FIDOをリリースした。 FIDO Allianceと混同しないように。Netflixのプラットフォームは「Fully Integrated Defense Operation」を略したものだ。このプラットフォームのGithubでは、FIDOを「マル���ェアに対して評価、判断、対応することで、インシデントレスポンスプロセスを自動化するのに使うオーケストレーションレイヤ」だと説明している。

  • Docker、Orchard Labsを買収

    Docker Incは、Dockerサービスプロバイダで、マルチコンテナDockerアプリケーションのためのコンポジションおよびオーケストレーションツールFigの開発元、Orchard Labsの買収を発表した。ロンドンを拠点とするOrchardチームは、2名の強力で多作な開発者、Ben Firshman氏とAanand Prasad氏からなる。

  • Unixオーケストレーションまとめ: プログラム可能なシステム管理ツール

    システム管理者はタスク自動化のためにコードを書き、多くの開発者は自身のシステムを実行している。このような状況の中で、開発と運用の融合であるdevopが洗練された構成管理や実際に利用できるオーケストレーションツールとして具体化してきた。

BT