BT

InfoQ ホームページ 統制 に関するすべてのコンテンツ

  • Docker Swarmは死んだ。Docker Swarm万歳。

    Docker社は、DockerConで中核製品であるDocker Engineのバージョン1.12をリリースした。最大の新機能は、Docker Swarmがもはや別個のツールではないことである。Docker Swarmは、Docker Engineに組み込まれるようになり、スケールと信頼性を向上するために複数のDockerホストを単一の論理単位にまとめるのが、より簡単になった。

  • Supergiant.io - ステートフルアプリケーションのためのコンテナプラットフォーム

    Supergiantは、Kubernetesを使って構築された、分散ステートフルアプリケーションのためのコンテナホスティング・プラットフォームだ。

  • WSO2がIoT処理のオーケストレーション機能を強化

    オープンソースミドルウェアベンダのWSO2が同社プラットフォームの新機能として,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)のアプリケーション管理とデータ処理を発表した。今回の拡張にはMQTT(ライトウェイトなM2M/IoTパブリッシュ/サブスクライブ接続プロトコル),Activiti BPM(Business Process Management)プラットフォーム,Open DataのOData 4.0プロトコルのサポートなどが含まれている。

  • NetflixのFIDO、セキュリティインシデントを監視する

    Netflixチームがセキュリティイベントを自動分析するオープンソースシステム、FIDOをリリースした。 FIDO Allianceと混同しないように。Netflixのプラットフォームは「Fully Integrated Defense Operation」を略したものだ。このプラットフォームのGithubでは、FIDOを「マルウェアに対して評価、判断、対応することで、インシデントレスポンスプロセスを自動化するのに使うオーケストレーションレイヤ」だと説明している。

  • Docker、Orchard Labsを買収

    Docker Incは、Dockerサービスプロバイダで、マルチコンテナDockerアプリケーションのためのコンポジションおよびオーケストレーションツールFigの開発元、Orchard Labsの買収を発表した。ロンドンを拠点とするOrchardチームは、2名の強力で多作な開発者、Ben Firshman氏とAanand Prasad氏からなる。

  • Unixオーケストレーションまとめ: プログラム可能なシステム管理ツール

    システム管理者はタスク自動化のためにコードを書き、多くの開発者は自身のシステムを実行している。このような状況の中で、開発と運用の融合であるdevopが洗練された構成管理や実際に利用できるオーケストレーションツールとして具体化してきた。

  • MuleSoftが次世代の統合Platform-as-a-Serviceをアナウンス

    数週間前、MuleSoftは、Mule iONと言われる新しい Integration Platform-as-a-Service (iPaaS)が入手できる、とアナウンスした。このiPaaSには、すぐ使用できるコネクタが一緒で、SaaSソリューション、クラウドサービス、ソーシャルメディア プラットフォームと統合できる。Mule iONは、また企業がこれらのAPIや統合シナリオにアクセスするためのセキュアなゲートウェイも提供している。

  • スケーラブルシステムのデザインパターン

    Ricky Ho 氏がその質問に対する3年前の自身の記事を振り返り,以降に起きた大きな変化を自覚する。

  • JBoss Enterprise SOA Platform 4.3およびJBoss Operations Network 2.1リリース

    Red Hatは、JBoss Enterprise SOA Platformの新バージョン(バージョン4.3)とJBoss Operations Networkの新バージョン(2.1)をリリースした。 新しいSOA PlatformはオープンソースSOA配備のリモート監視と管理を可能にし、新しい統合管理プラットフォームは協調サポートの改善を目標としている。

  • ベールを脱いだOracleのSOA製品戦略

    先月Oracle Integration担当製品管理バイスプレシデントのDavid Shaffer氏がOracle-BEA製品の戦略とSOA/BPM(ビジネスプロセス管理)のロードマップを示した。氏によるとOracleはSOA市場で先んじていることが3つあると考えているという。

  • WebサービスオーケストレーションエンジンApache ODE 1.2のリリース

    今月Apache ODE (Orchestration Director Engine)チームは、多くの新機能や改善点およびバグ修正を含む1.2のリリースを発表した。

  • ITの産業化?

    誕生以来WS-CDLは、主流として受け入れられるため茨の道を歩んできた。その主な作成者であるSteve Ross-Talbot氏が、サービスを定義すると言う点においては正確である、WS-CDLの背景にある原理を産業革命初期のマイクロメータのそれと比較した。WS-CDLは、マイクロメータを同様の影響を与え、サービスの再利用を本当に促進することができるのか?

  • Article: ESB接続形態のオルタナティブ

    本稿では、Adrien Louis氏がESBベースのSOAに対する2つの接続形態についての賛否について説明しています。その2つとは、会社での単一のESB対「部門毎」に相互接続するESBによるシステムです。

  • プロセス仮想マシンについてTom Baeyensに訊く

    jBPMプロセス仮想マシンにおける最新のアルファリリースで、JBossは「複数の定義言語をサポートしたプロセス実行エンジン」と言うビジョンの現実に近づいた。

  • コンポーネントのコンポジション戦略および戦術

    コンポーネント技術は90年代前半から継続的に発展してきた。それらはSpringとDependency Injectionパターンによる開発の登場によって新たな局面を迎え、高度なコンポジションの仕組みが提供されるようになった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。