BT

InfoQ ホームページ Organizational Patterns に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • 新しいCIO像 - IT推進役としてのMark Schwartz氏の提案

    米国市民権移民局の元CIOで、現在はAWSのエンタープライズストラテジストであるMark Schwartz氏が、ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、ITをリードすることの意味について講演した。

  • 働き方の将来 - Agile People Sweden 午前セッションから

    15回目の Agile People Sweden Conference がストックホルムにて 10月23日、24日に開催された。 2017 年のカンファレンステーマは、働き方の将来 - ワークライフを改善するためのスケールするアジャイル、である。月曜午前のセッションはアジリティスケール、ソシオクラシーによるエンタープライズワイドアジリティ、そして自己組織化に関するものだった。

  • 技術的卓越、CDのための組織設計とコンテナセキュリティ: Agile on the Beach 2017

    UKのコーンウォールで開催されたAgile on the Beach 2017において、数百人の発表者と参加者が集い、アジャイル、そしてポストアジャイル領域のソフトウェア開発方法論に関する最新状況を議論した。2日目の主な内容は以下を含む。技術的卓越を磨くこと。継続的デリバリーのための組織づくり。コンテナセキュリティ。

  • 組織を超えた組織づくり

    これから数年間で組織の数は減っていくだろうが、組織づくりが減ることはないだろう。組織づくりは物事を完了させるための日常的な活動だが、何かを行うために組織は必ずしも必要ではない。個人が組織に所属するとき、組織は現代のマネジメントのアプローチを取り入れるための阻害要因となる。

  • ソシオクラシ(Sociocracy)3.0を適用したアジャイルプラクティスの実践

    ソシオクラシ(Sociocracy)3.0はアジャイル組織におけるコラボレーションをサポートし,製品とサービスの継続的改善を支援するオープンなフレームワークである。作業のコーディネートや効率的なミーティング,ガバナンス,組織の構築など,さまざまなアクティビティのパターンを提供する。

  • Fearless Journeyゲームで遊ぶ

    The Fearless JourneyゲームはDeborah Hartmann Preuss氏が設計し、Mary Lynn Manns氏とLinda Rising氏の著書Fearless Changeで取り上げたパターンに基づいて構築されている。このゲームはチームで行い、何の権威もない状態で障害に立ち向かう方法を学ぶことができる。Martin Heider氏とHolger Koschek氏はワークショップを開催し、このゲームを実施した。

  • 組織の"液体化"によるアジリティ向上

    組織のアジリティを向上して,高い適応性と応答性を備えるための方法が求められている。その新たな波として,組織を管理し,透明性と自己組織化をサポートするための現代的な手法が注目を集めている。LiquidOは,組織の行動や判断を体系化し,組織のメンバを信頼することによって,全メンバがマネジメント活動の一部を担うことを可能にするという,組織的なガバナンスモデルである。

  • アジャイルへと向かう組織:慎重に歩こう

    ほとんどの組織は、組織全体のアジャイル・トランスフォーメーションを実行するために、アジャイルコーチを雇う。その目的は、コーチがビルから去るまでに、無駄のない健全な組織にすることだ。しかし、トランスフォーメーションをチームレベルだけで始めると、エンドツーエンドのデリバリー・プロセスを改善して維持するというトランスフォーメーションを実現するのは非常に難しいだろう。

  • ペアプログラミングは大衆向けでない?

    ペアプログラミングはここ数年で一番議論が続けられているプラクティスのひとつだ。ほとんどの支持者はペアプログラミングの利点をほめたたえることを惜しまないが、その人たちでもペアで作業することの導入に苦労があることを認める人は多いだろう。それはなぜか。Obie Fernandez氏はそうなる理由と考えられる10の項目を挙げている。

  • 要件が二番目、では一番目は何か?

    Allan Kelly sites an article from MIT's Sloan Management Review about why it is important to get a team's technical competence and ability improved before focusing on business-IT alignment. This, he claims, is one of the reasons Agile software development has been so successful. Allan's point indirectly touches on a recent community debate about successful, valuable, Agile adoption.

  • アジャイルにすべてを導入する

    2ヶ月前、InfoQはJim Shore氏の人気の記事を紹介した。それは、組織が「アジャイル」を名前だけで導入し、実際にアジャイルであるために本当に意味するものの導入に失敗するという、現在増えているコミュニティの傾向を強調するものであった。コミュニティリーダーとその他の人たちは、この状況で何が起きているのか彼らの考えを投稿し、Shore氏の最初の立場から、最近さらに数歩踏み出している。

  • ソフトウェアアーキテクチャと企業の構造に関する考察

    大企業のソフトウェアアーキテクトが直面する重要課題の多数が、テクノロジーとしての組織と大いに関係がある。Dan Greenblogはこの問いに答えようと、最近のブログで、ソフトウェアアーキテクチャの裏にある原則と効果的な組織構造の間の類似点を指摘している。

  • エンタープライズアーキテクチャの状況

    組織のITへの投資が(買い取りや借用、構築などにより)増加し続け、ビジネスプロセス管理(BPM)やサービス指向アーキテクチャ(SOA)などのコンセプトがいっそう普及するにつれ、エンタープライズアーキテクチャ(EA)という任務はいっそうありふれたものになった。David Linthicum、Mike Kavis、Alan Inglisの三氏は最近、業界内のEAに関する見解をそれぞれ語った。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。