BT

InfoQ ホームページ OSGi に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • エージェントは生き残っているか?(後編)

    Javaで実装されたFIPA仕様準拠の代表的エージェント・プラットフォームであるJADEの特徴の簡単な解説と、最近のJADEの適用範囲の広がりについて紹介。

  • Modular Java:動的なモジュール化

    モジュール化は、大きなJavaシステムの重要な側面である。ビルドの改善のために、ビルドスクリプトやプロジェクトは、しばしばモジュールに分けられる。しかし実行時に、このことが考慮されるのは、まれです。Modular Javaシリーズの第3弾は、動的なモジュール化、どのようにバンドルのクラスが解決され、どのように生成され、消滅するのか、どのようにお互いに通信するのかについて、議論する。

  • Modular Java:それは何なのか?

    ここ数年にわたって、Javaのモジュール化は活発に議論され続けている話題である。(今や廃れてしまった)JSR 277から、JSR 291の承認、進行中のJSR 294にいたるまで、モジュール化はJavaの進化における必要なステップであるとみられている。ScalaのようなJVMベースの将来の言語でさえモジュール化について検討している。では、モジュール化の意味するところは何で、なぜそれを気にかけるべきなのだろうか?

  • Modular Java:静的なモジュール化

    モジュール化は、大きなJavaシステムにおいて重要な側面である。ビルドを改善するために、ビルドスクリプトやプロジェクトをしばしばモジュールに分割するが、このことが実行時に考慮されることは、まれである。 Modular Javaシリーズの第2弾は、静的なモジュール化、バンドルの作り方、OSGiのエンジンにそれらをインストールする方法、バンドル間の(バージョン付き)依存性の設定のしかたなどについて扱う。

  • なぜDistributed OSGiが必要なのか?

    新たな記事で、Eric Newcomer氏が分散OSGiの現状について述べ、そもそもそれを標準化する理由を説明している。

  • Java 7モジュール・システムの懸念点

    最近、新しいJavaモジュール・システムが注目を集めています。開発者はようやく、推奨メカニズムの使用を強いられることなく、好みのバージョンのXalanの使用が可能となるでしょう。実際の問題を検討する前に、いくつかの基本的なコンセプトをみてみましょう。

  • ドメイン駆動設計・開発の実践

    この記事では、Srini Penchikala氏が、現実的な視点から、ドメイン駆動設計を議論する。この記事は、ドメイン駆動設計プロジェクトで使用されるアーキテクチャガイドラインとベストプラクティスを示します。

  • Spring2.0 Finalの情報

    Spring 2.0 was initially supposed to come out in June/July, why the delay? InfoQ interviewed the Spring team - based on massive community feedback, the team has chosen to delay the launch to Sept 26th in order work on asynchronous JMS capabilities, JPA, the new JSP form tag library, OSGi integration, documentation, and backwards compatibility.

  • Eric Newcomer氏によるOSGiの未来

    OSGiのエンタープライズエキスパートワーキンググループの共同議長であるEric Newcomerが、OSGiの将来とSOA、ESBとの連携について話をしてくれました。彼は議論します。OSGiが来るべき年へ向けてどう進化していくか、そしてSunがコンテナとして採用するかを議論します。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。