BT

InfoQ ホームページ OSGi に関するすべてのコンテンツ

  • OracleがJavaモジュールシステムの状況を報告

    OracleのJava Platform Groupでチーフアーキテクトを務めるMark Reinhold氏が,モジュール化の目標は何か(そして目標としないものは何か)を中心として,その現在の状況について説明した報告書 “State of the Module System” を発表した。その内容がOSGiなど既存のフレームワークと明らかに重複していることが,ユーザの間に物議を醸している。

  • アジャイルとモジュール性の関係

    この記事ではアジャイルとモジュール性の関係を取り上げる。なぜモジュール性は重要か,どうやって使えばよいのか。その答がOSGiホワイトペーパに対して述べられている。

  • Ceylon 1.1 - OSGi, Vetr.x, 動的インターフェース,使用箇所分散,Promiseをサポート

    Ceylon 1.1には動的なインターフェース,使用箇所分散(use-site variance),OSGiとVert.xによるデプロイメント,ceylon.promiseモジュール,IDE拡張,パフォーマンスの向上したコンパイラなどが付属する。

  • OSGi Release 6仕様,Data Transfer Object,Versioning Annotationを追加

    先月のOSGi DevCon in New YorkでOSGi Allianceは,OSGi Core Release 6をリリースした。Data Transfer Objectの表現の標準化や,インターフェースがクライアントによる参照あるいは実装のいずれを意図するのかを示すアノテーションが追加されている。その他にも osgi.native ネームスペース,拡張バンドルのアクティベータなどが加えられた。本文を読んで,その詳細を確認してほしい。

  • マイクロサービス(µServices)は4年前すでに定義されていた

    "私は4年前にマイクロサービス(µServices)ということばを考え出して,常に同じプロセス内でオーバヘッドのない通信を行うサービスとして定義しました。SOA(Service Oriented Architecture, サービス指向アーキテクチャ)の出現によって人々が思い浮かべがちな大規模で高コストで複雑なサービスと,これらの軽量サービスを区別するためです。" Peter Kriens氏は先日,このような主張をした。

  • Eclipse Luna - OSGi移行10周年の新しい年次リリース

    Eclipse Lunaは76のプロジェクトを統合した,9回目の年次リリーストレインであると同時に,OSGiフレームワーク上で動作する最初のリリースとなったEclipse 3.0から10年目にあたるリリースでもある。過去10年間,Eclipseは毎年6月に,世界最大規模のオープンソースアプリケーションの定期的なリリースを続けてきた。Eclipse Luna(4.4)の新機能と注目すべき機能をこの記事で確認してほしい。

  • OpenHABがEclipse SmartHomeとしてEclipseに移行

    昨日のEclipseConでKai Kreuzer氏がEclipse SmartHome(旧名OpenHAB)のプレゼンテーションを行った。SmartHomeはスマートアプライアンスを統合し,Javaサービスから集中コントロールするサーバコンポーネントで,OSGiおよびEclipse Equinoxをベースに構築されている。どのようなもので,どのように動作するか,今回の記事で確認してほしい。

  • EclipseのM2Mプロジェクト

    EclipseConでBenjamin Cabé氏がEclipseのマシン to マシン(m2m)プロジェクトを紹介した。

  • C++アプリケーションにOSGi APIを提供するC++ Micro Services

    EclipseCon EuropeでSascha Zelzer氏がC++ Micro Servicesプロジェクトを発表した。標準OSGiレイヤにおける同種のAPIに倣って,C++プログラムにOSGiサービスレイヤを提供することが目標だ。詳細は本文を読んで確認してほしい。

  • 新たなリーダを迎えるEclipse Virgo

    Eclipse Virgoプロジェクトに対して昨日,最後の猶予が与えられた。Eclipse Virgoがお蔵入りとなる事態を避けるべく,数人が名乗りを挙げてくれたのだ。InfoQではプロジェクトの前リーダであるGlyn Normington氏から,同プロジェクトの経緯と今後について詳しく話を聞いた。

  • サブシステムやリポジトリを追加したOSGi概要5

    最近リリースされたOSGi概要の仕様には新しいAPIが追加されている。サブシステムやリポジトリ、リゾルバなどのAPIだ。また、Javaのサービスローダーに触れる方法も追加された。

  • Jigsaw, 第2幕

    jigsaw-devメールリストへの投稿の中でMark Reinhold氏は,JDKでモジュール機能を実現するjigsawプロジェクトの再出発を伝えた。一体何が起きているのか,何に注意しなくてはならないか,この記事を読んで見つけ出してほしい。

  • OSGiアライアンスがレビュープロセスを公開へ

    OSGiアライアンスがドラフト仕様をGitHubで公開した。OSGiメンバ以外でも仕様決定のプロセスを見られるようになるのは始めてのことだ。仕様が発効する前に,コメントや改善提案などを通じてプロセスに関与することも可能だ。これらの仕様がどこで見られるのか,詳細は本文を参照してほしい。

  • OSGiがJavaScriptとネイティブ言語をターゲットに

    モジュール形式の多言語アプリケーションスタックに対する人気の高まりを受けて,OSGi Allianceでは,言語とランタイムに依存しないバージョンの標準提供に向けた議論を再開した。

  • Hibernate が OSGiサポートを追加

    人気のJava ORMであるHibernateがOSGiのサポートを追加した。InfoQは Brett Meyer氏にその際に起きた問題について詳しく聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。