BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース OSGiワーキンググループがEclipse Foundationを新しいホームに

OSGiワーキンググループがEclipse Foundationを新しいホームに

ブックマーク

原文(投稿日:2021/04/23)へのリンク

OSGiワーキンググループ(WG)は12月にOSGi Coreリリース8を出荷した後、現在Eclipse Foundationでインキュベーション活動を行っている。OSGi WG(以前は「OSGi Alliance」と呼ばれていた)は、昨年10月にEclipseへの移行を発表した。すでに憲章を批准し、2つの委員会と2つのワーキンググループを作成し、そのコードリポジトリを移行した。OSGiワーキンググループは、その仕様プロセスが今後どのように機能するかについて現在も議論している。

OSGi Allianceは、ベンダーに依存しない財団として1999年に設立された。Adobe、IBM、Boschなどの企業は、Java用のモジュラーコンポーネントベースのランタイムを提供するためにそれを支援した。OSGiワーキンググループ(WG)は、独自の財団を運営する場合と比較して、既存の財団に参加することで費用を節約する。3月16日、WGは移行に関する最新情報を提供した。

OSGi WG運営委員会は、WGの全体的な統治機関である。それはWGにとって最も重要な新規の実体となる。現在、その憲章に従って、立ち上がり稼働している。この委員会の委員代表は5月に選出される。

OSGi WG仕様委員会には、現在、運営委員会と同じメンバーがいる。今のところEclipse仕様プロセスを採用している。提案依頼書(RFP)とコメント依頼書(RFC)が仕様プロセスで使用されるかどうか、また使用される場合にはその方法について、まだ議論の余地がある。メーリングリストとOSGi仕様プロジェクトの議事録は、この議論を文書化している。

仕様化作業はOSGi仕様プロジェクトで行われる。Eclipseへの移行の一環として、仕様、実装コード、テクノロジー互換性キット(TCK)を含むGitリポジトリーが公開された。これは旧RFPと旧RFCに対しても当てはまる。

OSGi WGに密接に関連するテクノロジーも、新しいOSGiテクノロジープロジェクトの一部として公開されている。これには、モジュラー分散アプリケーションを構築するためのJUnitクラスまたはOSGi enRouteを使用したOSGiテストサポートが含まれる。

WGブログのエントリで、Eclipse Foundationへの参加の複雑さが示唆されている。これは耳慣れた話である。昨年、最初にEclipseワーキンググループを設立するために、MicroProfileの4.0リリースが延期した。また、Adoptium(旧称AdoptOpenJDK)がその憲章を批准するのに数か月かかった。そのプロジェクトは批准前にオラクルとの交渉を完了する必要があったためである。

osgi.orgの古いWebサイトはまだ稼働しているが、保守されていない。 WGの新しいウェブサイトはまだ発表されていない。ただし、OSGi Technologyサブプロジェクトには、すでにEclipseに適切なhomeがある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。