BT

InfoQ ホームページ アウトソーシング に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • リーンにアジャイルを加えるToyota Connected

    リーンプロダクト開発にアジリティを加えることで、Toyoa Connectedでは、より早いデリバリ、より高い品質、より低いコストの実現を可能にした。Nigel Thurlow氏は、Lean Digital Summut 2018で"Lean is NOT enough"と題して講演し、コロケーションチームやアウトソースチームにおけるアジャイルの実践方法、ポートフォリオ計画をエグゼクティブ優先モデルにすることによるビジネスアジリティの向上,などについて話した。

  • すべてのマネジメントをアジャイルに - Fin Goulding氏の講演より

    AvivaのインターナショナルCIOであるFin Goulding氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで、組織全体のフロー原理(flow principles)によるアジャイル能力向上について講演した。講演で取り上げられた内容のいくつかについて、詳しい説明を氏に依頼した。

  • アウトソーシングのためのリーンアジャイル調達

    アジャイルを導入している組織にとっての最後の障壁の1つは、調達プロセスである。最近のAgiliaカンファレンスで、Mirko Kleiner氏が調達担当者、ITチーム、サプライヤが関与するサービス契約交渉のアプローチであるLean-Agile Procurementを提案した。これは、顧客ニーズに対応するために闘争的なスタンスから協力的なアプローチに移行するためのものである。

  • 分散チームにおけるアジャイル

    異文化チーム開発(Cross-cultural team building)は,分離あるいは分散されたアジャイルチーム間のコラボレーションやチームワークを可能にする。しかし,分散されたチームから最大限の結果を得るには相応の投資が必要だ。今回の記事では,分離あるいは分散されたチームがアジャイルを実践する上で必要なものは何かを探る。

  • 遠隔チーム管理に関する書籍シリーズ

    書籍シリーズ "The Art of Managing Remote Teams" では,遠隔チームの確立と作業について,著者らが自らの経験とアドバイスを提供している。想定している読者は,オフショアないしニアショアチームを立ち上げたい,あるいはすでに管理している遠隔チームを改善したいと考える人々だ。

  • 即興的な劇場型ワークショップで言葉の壁を経験する

    XP Daysに行われたAgile Cross BordersワークショップでHoang-Anh PHAN氏とAnais Victor氏は,多文化組織(multi cultural organization)における言葉の壁への対処方法を検討した。両氏はベトナムの企業であるOfficienceに所属する。フランスのユーザを対象としたアウトソーシングサービスを提供している同社では,コミュニケーションや共同作業には英語を使用している。

  • アジャイルを使って分散型開発チームを構築する

    Joost Mulders氏とAndriy Korpan氏は "分散型アジャイルチームでの体験"というタイトルで,ウクライナのニアショア開発チームをオランダの製品開発企業に,アジャイルプラクティスを用いて統合した経験のプレゼンテーションを行った。XP Days Benelux 2013カンファレンスで両氏は,分散アジャイルの「べき集」「べからず集」について語っている。

  • フレキシブル・コントラクトのテンプレートが公開,入手可能に

    Agile 2013カンファレンスでアジャイル開発をサポートするフレキシブル・コントラクト(Flexible Contract)モデルを発表したSusan AtkinsonとGabrielle Benefieldの両氏は,ひとつのバージョンをクリエイティブコモンズ・ライセンスの下でリリース,ダウンロード公開した。

  • アジャイルのニアショアあるいはオフショアサプライヤを評価する

    オフショアあるいはニアショアソフトウェア開発は,基本的にアジャイルソフトウェア開発の原則とは相容れないものだ。しかし損益あるいは要員確保という現実世界的な理由によってこの原則が曲げられ,現在では多くのチームがアジャイルのニアショアあるいはオフショアサプライヤを評価する最良の方法を求めている。記事ではこのテーマをさらに深く掘り下げることを試みる。

  • 手作業のテストを強いられることによる悪影響

    Pradeep Soundararajan氏は自身のブログ“Tester Tested!”で最近、"Story from a company that built "the best software testing tool"(「最高のソフトウェアテスティングツール」を作っている会社の話)と��う興味深い事例を紹介した。彼はここで、ビジネス理由のためにテスターが手作業の「退屈な」ルーチンワークによるテストを強いられると何が起こるか、について書いている。

  • ZeroTurnaroundがJavaOneでインドの開発者の調査結果を発表

    ZeroTurnaroundはソフトウェア開発に使われる技術状況を比較、対照し、インドの生産性におけるツールの利用面を分析した。この調査がカバーしているのは、インド中と世界中のJavaチームによって使われているアプリケーションサーバー(コンテナ)、IDE、フレームワーク、ビルドツールである。

  • アジャイルを採用するためにRFPを使う

    大組織や大プロジェクトではアジャイルではないパートナー/ベンダー/サプライヤーにアジャイルなチームが拘束される事を目にするのは珍しくない。結果として軋轢が起こり、エネルギーを無駄にする。その一方解決策は"よりよいチームを雇う"のように見えるかもしれない。Scott Ambler氏は問題の根を示し、RFPを作るよりもよい戦略を提供している。それはアジャイルなチームを引き込むことである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。