BT

InfoQ ホームページ Pair Programming に関するすべてのコンテンツ

  • 複数チームによるテスト自動化ソリューションを構築する

    自動テストを備えた堅固なテストフレームワークは、リリースの信頼性向上を可能にする。フレームワークのクロスチームペアリングにより、リリース当初からの品質確保が可能になった。チームの結束力が向上し、テスト自動化に関する担当者のスキル向上も実現できた。

  • コラボレーション開発を実現するVisual Studio Live Share

    Microsoft Buildで新しいVisual Studio Live Shareエクステンションが公開された。現在は公開プレビュー版が提供されている。Live Shareは、開発者間のリアルタイムで双方向のコラボレーションを提供する。どちら側のコンピュータも、リポジトリを共有したり、あるいは開発環境をセットアップする必要はない。VS 2017の他、MacやLinuxマシンを含むVS Codeでも使用できる。

  • モブプログラミングの観点

    ”Mob Programming Guidebook”の著者であるMaaret Pyhäjärvi氏は、自身のモブテスト体験と、氏のチームがクロスファンクションの重要性を理解するに至る上で、それがいかに役立ったかを記事にした。Woody Zuill氏も先日のAgile Uprisingポッドキャストで、ソフトウェアをリリース可能な小ステップで提供する上で、モブプログラミングが効果的なコラボレーションモデルを提供する点について解説した。

  • 進化的アーキテクチャと継続的デリバリを支える技術的実践

    TDDやリファクタリング、CI、ペアプログラミングなどのXPの実践は創発的設計をサポートし、アーキテクチャの進化を可能にする。継続的デリバリに必要なのは第一にCIで、メインラインに毎日コミットすることだ。きれいでしっかり考えられた、そして、よくテストされたコードを書けることは開発者にとってもっとも重要なスキルだ。

  • 組織的ハックでワークライフを改善する

    すべてを見える化する、ペアを組む、オープンフライデー、トレーニング予算なし。これらはSipgateでワークライフを改善してきた「組織的ハック」の一部だ。

  • よいユニットテストを書くには

    テストを小さくする。適切なツールを使う。プログラマとテストがペアになる。これらは、よいユニットテストを書くための提案だ。 ユニットテストは、プログラミングとテストが混ざり合ったものだ。プログラマは、テスタと共に作業することで、お互いに学び合い、視野を広げることができる。

  • モブプログラミング - Woody Zuill氏とのインタビュー

    最初のMob Programming Conferenceで、Woody Zuill氏がモブプログラミングについてのキーノートを行った。彼はモブプログラミングの導入方法、IT業界における主な問題、モビングに合った他の活動、モビングの目的など、誰もが尋ねる質問について語った。

  • Unruly Mobによる製品開発 - Alex Wilson, Benji Weber両氏に聞く

    英国コーンウォールで開かれた第5回‘Agile on the Beach’カンファレンスで, InfoQは,UnrulyのAlex Wilson,Benji Weber両氏と話をする機会を持った。両氏はカンファレンスで‘Product Development in an Unruly Mob’と題したプレゼンテーションを行って,Unrulyソフトウェア開発チームがその能力を最大限に発揮する上で,モブ(mob)プログラミングをいかに活用したかを論じた。

  • ‘Agile on the Beach’カンファレンスで得られたもの - 第1日

    英国のコーンウォールで開催された第5回‘Agile on the Beach’カンファレンスでは,アジャイルソフトウェアデリバリの著名な実践家たちが,この分野における最先端の新たなトレンドをテーマとしたプレゼンテーションを行った。そこで語られた主なメッセージは,ソフトウェアデリバリのライフサイクル全体を通じた科学的手法のより厳密な利用の必要性と,アジャイルプラクティスを製品開発に適用することで得られるメリットだ。

  • 幸せに働く方法

    笑いはチームの雰囲気を良くし、より良い結果につながる。幸福感と積極性がチームを成功に導くことは有無を言わさぬ事実だ。ここでは、チームの幸せを改善したいときに何ができるかを提案する。

  • ペアプログラミングが難しい理由

    ペアプログラミングはソフトウエアの品質を高め、チームのメンバとの協力を強化するのに良い。しかし、実施するのは難しい。この記事では、ペアプログラミングがなぜ難しいのか、どうすれば実施できるのかについて紹介する。

  • ソフトウェアクラフトマンになる

    ソフトウェアクラフトマンシップ運動とは,プログラミングスキルを体得してソフトウェアクラフトマンとなるための方法と,その実践について語るものだ。そこでは,技術的なプラクティスが重視されている。それらを学んでよりよいプログラマになるには,長い期間が必要なのだ。

  • ペアプログラミングと非単独開発を用いた共同開発

    ペアリングと非単独開発を用いたペアプログラミングの進化形について,Valentin Tudor Mocanu氏が解説する。

  • ソフトウェアの負債を扱う

    ソフトウェアの負債というのは様々なかたちで存在している。技術的負債は広く知られているし、他の形態としては能力的負債とか品質的負債というものがある。ソフトウェアの負債はプロダクトの維持管理コストを増やし、開発者の気持ちを落ち込ませうるものだ。ソフトウェアの負債を扱うためにはいくつかの解決法がある。

  • 技術的負債を清算するときのアドバイス

    Henrik Knibert氏、Ward Cunningham氏、Hayim Makabee氏が技術的負債の清算について解説している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。